韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  来年「デジタルトレード時代」本格到来の見通し

来年「デジタルトレード時代」本格到来の見通し

来年は有線・無線ネットワークを活用したアプリケーションなどデジタル財貨が大量に取引される「デジタルトレード時代」が到来し、中国産の高付加価値製品が世界を席巻する「レッドチェーン、レッドウェーブ」(Red Chain、Red Wave)の波が本格化する見通しだ。

現代経済研究院が最近、国内外の未来分析資料などをもとに25日に発表した「2017グローバル10大トレンド」によると、3Dプリント設計図の注文、スマートフォンのアプリ購入、ネットフリックスドラマのダウンロード、外国有名大学の講義の受講など、無形のデジタル財貨・サービスが国際的に取引される「デジタルトレード」が来年は大幅に増加するものとみられる。

報告書は、「来年世界のデータ転送量は2005年に比べて100倍以上増加した1秒あたり500テラバイトを突破し、デジタルプラットフォームの拡散とともに取引費用の減少や消費者の選択権拡大のような便益に支えられ、デジタルトレードが巨大な流れを形成するだろう」と見通した。

高付加価値を創出している中国産中間財のサプライチェーンが拡大され、グローバル市場で中国産製品の影響力が拡大する「レッドチェーン、レッドウェーブ」も注目される流れとして浮上する見込みだ。報告書は「最近中国は製造業の技術競争力が向上し、輸入に依存していた部品・中間財を国産化して研究開発・デザインまで自国の完結型バリューチェーンを加速化している」と述べた。

原油などのエネルギー価格が傾向的に反騰する「エネルギー・リバウンド(Rebound)」も予測される。産油国の原油減産合意に加え、ドナルド・トランプ米大統領当選者の気候変動枠組み条約不参加の示唆により化石エネルギーの需要が増加し、価格上昇が続くという観測だ。

研究院はこの他、新たに注目されるトレンドとして、急成長しているインドなどを中心に、アジア新興国消費市場に対する関心が再び浮上する「アジア回帰」、世界貿易増加率が世界経済成長率を上回る「世界貿易の正常復帰」、フランス、ドイツ、オランダなど欧州連合(EU)の主要国の選挙スケジュールの中で欧州連合脱退問題が拡散する「ネクスト・エグジット」(Next Exit)、第4次産業革命の主要技術での飛躍的な進歩が起こる「4次産業革命を超えて」などを挙げた。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/26047.html

【管理人 補足記事&コメント】
顧客とメディアの付き合い方が大きく変化していく一方で、企業におけるマーケティングの役割も大きく変化している。これまでは企業が伝えたい情報をTVなどのマスメディアを通して、広告として伝えることが一般的であった。しかし、インターネットが普及して以降、顧客は自分の知りたい情報を自分で好きなときに得る事ができるようになった。インターネットの登場によって、イニシアチブが顧客にシフトしたと言える。顧客の情報への関心やその取得の仕方も多種多様になっている。

顧客が多様化する中で、マーケティングを通して彼らとの継続的な関係をどのように構築していくか、この点が現在のマーケティング担当者に課せられた課題と言える。インターネットの歴史は20年と、TVの60年に比べるとまだ浅い。そのため企業もその使い方が確立できていない。さらには顧客とのコンセンサスもとれていないのが現状である。

私は経験や勘ではなく、数字に頼る時代への変化には、疑問を持つ。データーというのは重要ではあるが、経験や勘による予測というのは実は体感的手法として重要なのである。つまりそれをデーター化する手法もあるのだが、あえてデーター化する必要性は難しいのと、より正し数値化にするにはかなりの技術を要するわけで、マーケティングや営業或いは技術指導における、管理指導の中で得た情報を数値化する工場監査はより重要となる。そこで得た情報のヒントも不可欠である。

経験や勘というのを自分の目で確かめる行動力と、データー分析の両面を革新させないと、より正しいマーケティングは無理であるから、単にデーター量云々のみならず、大いに活用する半面、経験や勘をやしなう先見の目はより不可欠つになると考える。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2016年12月26日 09:33 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL