韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国国民健保公団「緑内障患者5年間に70%超増加…放置すれば失明」

韓国国民健保公団「緑内障患者5年間に70%超増加…放置すれば失明」

緑内障患者が過去5年間で70%以上増えていることが分かった。特に患者10人に7人近くが50代以上で、この年代の患者は放置すれば失明の恐れがあり、定期検診など格別の注意が必要だ。

国民健康保険公団は25日「2010年から2015年まで緑内障患者を分析した結果、2010年に44万4千人だった患者が2015年には76万8千人に32万4千人(73.1%)増加したことが分かった」と明らかにした。 性別では、同じ期間に男性が14万6千人、女性は18万人増え、女性が約1.2倍多く増加していた。

年齢別では、全般的に増加傾向を見せた中で、2015年度を基準として調べた結果、70代以上が全体76万人のうち16万人で全体の26.2%に達し最も多かった。次いで60代が21.7%、50代が20.7%を占めるなど、50代以上が全体の68.6%を占めた。20~40代は29.1%(20代5.7%、30代8.5%、40代14.9%)だった。人口10万人当たりの患者数で分析してみれば、10代260人、20代650人、30代843人、40代1310人、50代1959人、60代4025人、70代以上4853人で、年齢が高くなるほど増加して、60代以上で急増する傾向が見られた。

国民健康保険一山病院のパク・ジョンウン教授は「緑内障は特性上40際前後に主に発病するが、機器と薬品の発達により早期治療が多いために60代以後の老人患者が多いと見られる」として「最近はスマートフォンなどIT機器の使用増加により若年層患者も少なくない」と話した。


緑内障は目に入った光を脳に伝達する視神経に異常が生じ、視野欠損が現れる疾患だ。放置すれば失明することもある。専門家たちは高血圧や糖尿および肥満のある人は精密検査を通じて眼圧を着実にチェックするなど気を付ける必要があり、定期検診も疎かにしてはいけないと勧告する。特別な予防法はなく、眼圧調節などを通して視神経の損傷を最大限遅らせるのが一般的な治療法だ。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/26045.html

【管理人 補足記事&コメント】
スマホを使ってみんな何をやっているのかというと、ゲームだったり、LINEやツイッタ―やフェイスブックなんかのSNS等々で、何か建設的なことをしているということはほとんどなくて、隙間時間の暇つぶしである。誰もが小さいころにゲームのやりすぎ、テレビの見すぎは目が悪くなるといわれたと思います。実際そのとおりで、 人間の目というのは遠くを見るようにできていて、近くを見るようにできていないので、近い距離のものを見ると目に負担がかかる。

テレビ以上により近い距離で目の焦点をあわせることになる「スマホ」というのは、もうどうしようもない。 本を読むときも目が焦点を合わせる距離は近いですが、スマホのように液晶から光が出ていない分、目の負担は軽い。距離は近いはチカチカ点滅し、目にとって最悪なのがスマホとなる。しかしその一方で、目によりスマホという発想はないのだろうか…。見れば見るほどに目は景色を見ているのと同じような心地よさで、メモ疲労を押さえるはたきをする等の、技術はないのだろうか…。。。

(1)光を受動するから。パソコン、スマホなどから出るブルーライトは目の疲れの原因になるとされている。
(2)凝視するから。同じ距離で同じものをじっと見ている時間が長いと、毛様体筋というピント合わせをする筋肉がうまく働かなくなって疲労の原因となる。またまばたきの回数も減る。
こうなると目は乾燥し、目の疲れがひどくなるという悪循環に陥りるというのが専門医の話だ。
「光を発するものを近距離で長時間凝視しないこと」が重要という。

今後のスマホは、使うほどに目に悪影響を与えにくい…、
画面に特殊機能を見出すのが次世代技術になるのではないだろうか…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2016年12月26日 09:46 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp