韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  サムスン電子・LCD労働者5人、市民団体を通じて集団労災申請

サムスン電子・LCD労働者5人、市民団体を通じて集団労災申請

サムスン電子の半導体工場とディスプレイ工場で勤務し白血病・脳腫瘍で死亡した労働者の遺族と、乳がん・卵巣癌・リンパ腫を患っている元労働者たちが、労働健康権に関する市民団体「半導体労働者の健康と人権を守る人々・パンオルリム」の支援を受け、集団で勤労福祉公団に労働災害の遺族給付と療養給付を申請した。パンオルリムが代理で行った集団労災申請としては、2008年以降12番目だ。パンオルリムは、サムスン半導体の器興(キフン)工場で働き、昨年41歳で急性白血病により死亡したKさんをはじめ死亡者2人と、患者3人に対する労災申請を勤労福祉公団に行ったと、27日明らかにした。

Kさんは1994年に高等学校を卒業した後、サムスン半導体器興工場に入社し、2ラインと3ラインのオペレーター(生産職)として働いた。Kさんは昨年2月の退社後4カ月めに急性骨髄性白血病の診断を受け、1カ月も経たない昨年7月に亡くなった。これに先立ち、白血病で死亡して労災認定を受けたファン・ユミさんとイ・スクヨンさんを含めれば、器興工場3ラインで白血病死亡者が確認されただけで3人にのぼることになる。先に亡くなった2人は、裁判所で「ベンゼン、ホルムアルデヒド、電離放射線など、がんを引き起こす恐れのある発ガン物質に露出し、夜間労働を伴う交代勤務などが影響を及ぼした」という理由で労災認定を受けている。

サムスン電子・LCD事業部にエンジニアとして入社し、天安(チョナン)・牙山(アサン)工場や中国の蘇州工場で働き、2013年に脳腫瘍の診断を受けた後闘病し、47歳で昨年死亡した(別の)Kさんと、サムスンSDIの天安工場PDP生産ラインで働いていたが昨年悪性リンパ腫を発症したSさん(35)も一緒に労災申請をした。サムスン電子器興工場で働いていたが、退社後10年めに乳がんを発症したKさん(36)と、サムスン電子亀尾(クミ)・水原(スウォン)工場で働いて卵巣癌を発症したEさん(51)も申請者名簿に含まれた。

「パンオルリム」を通じて労災を申請した人は現在まで計84人であり、このうち13人が裁判所や勤労福祉公団で労災認定を受け、46人は公団の審査や裁判所の訴訟が進行中である。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/26074.html

【管理人 補足記事&コメント】
2014年に日本経済新聞は、韓国サムスン電子の権五鉉副会長は14日、同社の半導体工場元従業員が白血病などで死亡したり闘病したりしている問題で「対応がおろそかだった部分がある」と謝罪した。第三者機関が今後作る基準に従って補償にも応じる。ただ、同社は「半導体工場と病気の因果関係を認めるものではない」としたと伝えている。

サムスンの白血病問題は同社従業員だった女性が2007年に死亡したのをきっかけに表面化した。被害者を支援する市民団体によると職業病として同様の健康問題を訴える元従業員は100人以上おり、うち40人は死亡した。

当時の裁判所は1審とは異なり、ガスの漏出を知らせる検知器が作動したことから高濃度有害物質に露出した可能性があり、3交代勤務制が呼び起こした過労やストレスも白血病の発病と関連性があると見た。 反面、1審とは異なり「半導体工場で仕事をする女性労働者が一般国民より白血病などによる死亡比率が高い」とする2008年度の産業安全保健研究院の疫学調査結果は受け入れなかった。 故ファン・ミヌンさんなど3人に対しても、「有害物質に一部露出した可能性」は新たに認めながらも「直接取り扱った化学物質と白血病発病の関連性があるとは見難い」と結論を出した。

化学物質を扱う工程で、本来自動ラインである部分が人間が実施すればどうなるかは理解できるだろう。サムスンの下請け含めた工場管理不足であるから、逃げ場はない。この問題はかなり長い年数もめているが、半導体工場では使用する化学物質は大量となる。その管理或いは工場の自動化のみならず、健康管理は不可欠である。サムスンを含めた韓国経営者の企業は、化学物質管理における内部監査や、外部工場監査は殆どないのではないか…。まして化学物質管理システムすら構築できていないのでは…。。。

日本では問題が中小企業の扱う化学物質が問題で多額の損失が出た経緯をキヤノンなどは勉強会でよくはなしてくれるが、外部で公表されずに内部処理する案件は多いと話す。それが原因で中間管理企業を含めた、末端の中小企業まで工場監査を通じて数年前から指導している。教育訓練はISOよりは、化学物質管理のほうが重要度が高くなりつつある。材料企業は材料証明の発行で大忙しとなり、中小企業を含めた品質管理業務は、化学物質管理がかなりの仕事量となり、頭がバンクすることもしばしばである。



関連記事
最新コメント

お勧め記事

ブログパーツ
[ 2016年12月28日 09:45 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL