韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  次期大統領選挙有力候補9人「慰安婦合意、再交渉または廃棄」

次期大統領選挙有力候補9人「慰安婦合意、再交渉または廃棄」

次期大統領選挙の有力候補たちは韓日政府の日本軍「慰安婦」被害者問題に関する12・28合意を再交渉するか、廃棄(無効化)すべきという見解を明らかにした。「朴槿恵(パク・クネ)-チェ・スンシルゲート」と国会の朴槿恵大統領弾劾訴追で、大統領選挙が前倒しになる可能性が高まる中、次期政権が発足すれば、再交渉に乗り出す可能性もその分高くなった。これは12・28合意の「着実な履行」を約束してきた韓日政府の方針と相反するものだ。

12・28合意1周年を機に、ハンギョレが23~27日、野党や与党陣営の主な大統領選挙候補9人に12・28合意に対する見解を調査してみたところ、12・28合意を「引き続き履行」する必要があるという回答者は一人もいなかった。

文在寅(ムン・ジェイン)元共に民主党代表とアン・ヒジョン忠清南道知事、ユ・スンミン改革保守新党(仮称)議員、ナム・ギョンピル京畿道知事、オ・セフン元ソウル市長は、再交渉しなければならないと答えた。安哲秀(アン・チョルス)前国民の党代表、イ・ジェミョン城南市長、パク・ウォンスン・ソウル市長、キム・ブギョム共に民主党議員は廃棄(無効化)すべきだと答えた。再交渉と無効化は12・28合意の代替を目指すという点で、根本的には互いに連動せざるを得ない。

大統領候補に対する各種世論調査で1~2位を争う潘基文(パン・ギムン)国連事務総長は、事実上、大統領選出馬意思を明らかにしたが、現職(31日、任期終了)という理由で、まだ国内の懸案に具体的な意見を明らかにしておらず、調査対象から除外した。ただ、潘総長は今年1月1日に行った朴槿恵大統領との通話で、12・28の合意と関連して「朴大統領が、ビジョンをもって正しい勇断を下したことについて、歴史が高く評価すると思う」と肯定的に評価したことがある。

主要大統領候補らが例外なく12・28合意の再交渉・無効化を主張する主な理由は、日本政府の真の謝罪、責任の認定の不在または不十分▽合意内容をめぐる韓日政府の食い違った解釈との隠蔽疑惑▽朴槿恵政権の一方通行の合意と被害当事者たちの反対などだ。 一方、「韓日日本軍『慰安婦』合意無効と正しい解決のための全国行動」は12・28合意1周年の28日、ソウル鍾路区(チョンノグ)の日本大使館前で第1263回水曜集会を開き、さらに、政府ソウル庁舎別館(外交部庁舎)の前で「12・28合意の無効化と朴槿恵大統領の即時退陣、ユン・ビョンセ外交部長官の辞任を求める」記者会見を開く。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/26075.html

【管理人コメント】
政権が変わるたびに、合意内容が破棄されるようでは、何のための政府合意なのかわからない。
韓国政府は特に反日政策となると、政府自体が反日勢力と化し、異常行動となる。こんなことを何度も繰り返す韓国である。それを日本政府は今日まで厳しい対応を実施してこないというのも問題である。韓国が上から目線で、日本政府が低姿勢を続けるようでは、韓国政府の指導などできないだろう。

日本政府は戦争責任を果たし終えているわけで、韓国の歴史云々で、余計な問題に触れる必要はない。大使館前の慰安婦像問題にせよ、韓国への渡航すら止めるくらいの強い行動力がほしいところだ。日本統治下からの出来事を知っている日本人は、このサイトをはじめとした、関連記事を勉強した人以外はほとんど知らない。韓流ブームだけが独り歩きし、近い韓国へ旅行する。日本政府は韓国における歴史に認識の部分は今後厳しく対応するべきだろう。

あまり報じることはないが、反日韓流スターなどは、日本への渡航は認めていない。
そういうことを実施しているわけで、今後大統領が変わって問題となるようであれば、厳しい対応が必要だ。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2016年12月28日 10:05 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(2)
食えない国です
実に馬鹿げた話で、こんな恥さらしな国は他にありません。
日本は、アメリカの横やりも無くなった筈なので、かつてのような甘い対応をしてはいけません。

勝手に蔑まれたり、ユスリタカリをされても、日本は毅然と対応していかなければなりません。
[ 2016/12/28 10:33 ] [ 編集 ]
食えなくても反日
大統領候補者はいずれもオリジナルな主張・公約を
持っていないから一番楽な対日問題を持ち出すのです。
国政の最重要問題は一番が経済、二番が北朝鮮。
いずれも込み入った話で、長い話になる。
彼らにはこれを論じる頭はないし、左翼は北問題は持ち出せない。

仮に左翼の文在寅だとして、彼は日本に人脈があるのだろうか。
日本に乗り込んで誰と交渉するのか。そういうシナリオを
持っていないことを見透かせば支持はないはずだが、韓国の
投票者の気分を振り回すのは楽なようだ。
韓国原理「食えなくても反日」の再登場。
[ 2016/12/28 12:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL