韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  トランプ氏は中国と対決姿勢…南シナ海に戦雲が広がる 

トランプ氏は中国と対決姿勢…南シナ海に戦雲が広がる 

ドナルド・トランプ次期米大統領の中国へのスタンスは挑発的である。あるいはそのやり方は、トランプ氏好みの「アメとムチ」かもしれない。通商面では強硬で「45%の関税をかける」「中国を為替操作国として認定するよう財務省に要請する」としながら、他方では習近平国家主席との電話会談で「中国は偉大な文明国だ」と持ち上げた。

台湾の蔡英文総統からの祝賀電話を受けながら、同じ日にキッシンジャー元米国務長官が北京を訪れ、なにがしかのメッセージを伝えた。さらに親中派のテリー・ブランスタド氏(アイオワ州知事)を、次期駐中国大使に任命するという案配である。南シナ海問題では、予備選中から本番選挙にかけて取り立てて言及がなかった。

あれほどオバマ大統領の外交政策の逐一を批判してきたトランプ氏なのに、南シナ海問題で発言が控えられた理由は、周囲に外交ブレーンが乏しく、おそらくどう対応すべきか迷ったからであろう。ところが、過去の発言をたどると、トランプ氏は中国を明確に「敵」としている。

2015年6月16日の出馬表明でトランプ氏は次のように語った。
「私が中国を敵として扱うことが面白くない人間もいるが、やはり中国は敵以外の何者でもない。米国は深刻な危機に直面しており、『勝ち組』だったのは昔話である。最後に米国が誰かを打ち負かしたのは何時だった? 中国に貿易で米国が勝ったことがあるのか」


そして、同年11月のテレビ討論会では、「TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)なんてトンデモナイ。中国がいつものように裏庭から入り込んで、だまし取ろうというのがTPPである」と発言した。北朝鮮問題に絡めて、こういう発言もしている。

「北朝鮮問題は中国が簡単に解決できるのに、これを利用して米国を操作したいため、問題解決に努力しない。北朝鮮問題を解決できない中国なんぞ潰してしまえ」(16年1月6日、CNN) こうして過去の発言をフォローすると、トランプ氏の中国観が自ずと浮かび上がり、基本的に中国とは対決姿勢になるだろう。 中国の反応も、南シナ海で米国の無人潜水機を捕獲し、西太平洋に空母「遼寧」を派遣するなど、これまでなかった対米強硬姿勢を見せつけている。南シナ海に戦雲が広がっているようである。
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20161231/dms1612311000004-n1.htm

【管理人 補足記事&コメント】
2016年12月30日、新政権の中枢トップに名うての対中強硬派を起用し、通貨、関税、南シナ海問題で中国を“口撃”し、米国政府の「一つの中国」政策の見直しにも踏み込んだトランプ米次期大統領が新たな一手を繰り出した。トランプ氏の「中国バッシング」は、かなり本気モードだ。

ホワイトハウスに新設される国家通商会議(NTC)の統括役となる大統領補佐官・通商産業政策部長に指名されたのは、カリフォルニア大のピーター・ナバロ教授。大統領選中はトランプ氏の経済政策を助言してきた人物だ。ナバロ氏は中国の経済政策を非難する主張を繰り返してきた対中強硬派として知られ、12月2日のトランプ氏と台湾の蔡英文総統との電話会談もナバロ氏が進言したともいわれる。

NTCは各国との経済交渉を担当する通商代表部(USTR)とは異なり、雇用対策を最重視するトランプ氏の直属機関として、貿易不均衡の解消を図り国内産業の活性化を目指す役割を担う。トランプ氏が発表した声明文では、NTCは安全保障面でも大統領に助言するとしており、ナバロ氏は次期政権の対中政策全般に強い影響力を持つというのが専門家の意見の様だが…。

しかしトランプ氏も大統領の椅子に座り、組織運営で自由が利かなくなるほどに…、
態度対応が変わるのではないかとも思うが…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年01月01日 09:01 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(1)
中国を為替操作国に認定する可能性は小さいのでは?
大統領が財務省に要請してもそれを決めるのは財務省だし、さらに議会の承認がいる。
それと現在の中国をみると、人民元安を防ぐために逆介入してるようだし。
アメリカもこれ以上国債売られるの具合悪いのでは?
南シナ海ではオバマより強気に出る気はする。
[ 2017/01/01 11:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp