韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  朴大統領「誠意あるのか疑問…もう少し奮発を」サムスン副会長に要求

朴大統領「誠意あるのか疑問…もう少し奮発を」サムスン副会長に要求

2015年7月、朴槿恵(パク・クネ)大統領とサムスンのイ・ジェヨン副会長の単独面談を控えて、大統領府が準備した大統領のお言葉資料に「創造経済革新センターに対するサムスン側の支援が不十分」と叱責する内容が含まれていたことが明らかになった。

2日、検察、特検、財界の説明を総合すれば、朴大統領はイ副会長との単独面談のために事前に準備した「お言葉資料」で、サムスンが運営する大邱(テグ)と慶尚北道の「創造経済革新センター」に対する不満を表わしていた。「センターが一回きりのイベントをする所という否定的認識がある」、「有望中小企業の発掘も既に取り引きしている下請け業者を主としている」などの指摘だ。また「大邱センターに比べて慶尚北道センターを冷遇しているという不満がある」として「地域間の軋轢を生まないよう慶尚北道センターも支援してほしい」という意向も盛り込まれた。

朴大統領はサムスンの追加支援を露骨に要求してもいた。「サムスンが誠意を持っているのかに疑問を感じるが、結局サムスンが成果や結果で克服していく他はない。もう少し奮発してほしい」と要求した。創造経済革新センターは、民官合同で全国の地方自治体単位で計18カ所が作られ、ベンチャー企業-中小企業-地域特化企業などへの支援を行っている。サムスンは2014年9月と12月以後にそれぞれ大邱と慶尚北道地域センターの運営を引き受けてきた。

朴大統領が韓国最大財閥の総師に会う前に、強いトーンの叱責を準備したのは異例のことだ。朴大統領は当時、他の財閥総師と単独面談を行う際には、イ副会長とは異なり、特別な叱責はしなかったという。ある財界関係者は「大統領府がサムスン物産と第一毛織の合併がなされるよう力を尽くした後に、サムスンの支援を要求するため、称賛より叱責をしたものと見られる」と話した。


朴大統領が当時、サムスンの不十分な“乗馬支援”と関連して、イ副会長をこらしめたという話もある。ある検察高位関係者は「朴大統領は単独面談の場で、乗馬支援と関連してまともな支援がなされていないとして、イ副会長に厳しく詰め寄ったという」と話した。 この面談以降、サムスンは慶尚北道センターにスマート工場アカデミーを作ることにするなど支援を拡大した。チェ・スンシル氏と彼女の娘チョン・ユラ氏にも220億ウォン(約22億円)を支援することにし、実際に80億ウォン(約8億円)を支援した。サムスンはミル財団とKスポーツ財団にも企業の中で最多の204億ウォン(約20億円)の出資金を拠出した。

 一方、朴大統領は2014年9月15日、大邱創造経済革新センターの発足式で、李副会長を個別に会って、大韓乗馬協会会長を引き受けてほしいと要請した。サムスンは翌年の3月、韓火が受け持っていた乗馬協会会長の職を務めており、以後チョン・ユラ氏に対する200億ウォン台の支援を本格的に進めた。特検は、朴大統領がチョン氏に対する間接支援を要請したと見て捜査を行っている。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/26112.html

【管理人 補足記事&コメント】
サムスンを後押ししている朴槿恵は強気だろう。サムスンの経営権継承の後押しはサムスンにとっての命綱ともいえる。
同時に朴槿恵に利用されたサムスン副会長という意味では、どちらも問題だろうと思うが…。

一方サムスンにとっては、サムスン副会長が生きている間の経営権継承のための宣伝でもあるわけで、業績が落ちてきた状態での宣伝には大きな意味があったのだろう。韓国の朴槿恵大統領の親友、崔順実被告の国政介入疑惑で、聯合ニュースは、政府から独立した捜査を行う「特別検察官」の捜査チームが、崔被告が事実上支配する財団に巨額の資金を拠出していたサムスン電子の李在鎔副会長など複数の企業トップらを出国禁止としている。

習近平と何度も会談を実施してきたサムスン副会長だけに、中国におけるサムスン優遇への話が立たれるわけで、そういう意味では習近平もサムスンを利用した一人でもある。2013年からサムスンの幹部らは中国の国営通信企業のCEOだけでなく、政権トップとのつながりも深めていたわけで、2014年4月には、李在鎔副会長が習近平国家主席と会談した。李副会長は後に「最も驚いたことは、中国指導部がサムスンについて熟知しているということだ。専門の研究部門も存在する」と語っている。それだけサムスンは中国政府には研究しつくされて来たということだ。

工場を建設し、半導体技術を得た中国である。
今後サムスンをどうするのかには興味はあるが…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年01月03日 09:36 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(3)
誠意を見せろ
ヤクザの常套句だね。
まさしく、あの国民にしてあの大統領あり。
一部のまともな国民には申し訳ないが、はやく滅亡して欲しいと願っています。
[ 2017/01/03 16:52 ] [ 編集 ]
末路は?
なるほど、これが韓国政界の資金集めのやり口か。
ブレインの娘にカネを出せとは、大変直接的な利権売買だ。
ギルティと叫ぶ記事が連発。
あとは、検察が道を空けて亡命を許すかどうか。
安全に暮らせる受入国はあるだろうか。
裁判所裁決が 180日以内なら、まだ時間はある。
[ 2017/01/03 18:49 ] [ 編集 ]
些かベクトル違いですが..
次期大統領の有力候補は 文在寅 と 潘基文になるのでしょうか、 何れにしても今よりもっとあからさまな 「従北・親中・反米・反日政権」 誕生の可能性が濃厚に思えます。

朴槿恵は、 とんでもない大統領だったのは間違いないところですが、 それでも一応、 こちら側の規範の範疇に居ました。 国連の勧告や国際世論には一応は反応した。

この度の大スキャンダルによって失脚しますが、 南鮮人なんて多かれ少なかれあんなモン、 それより南鮮の次期政権は、 もしかしたら南鮮を根本から変えてしまいかねない危惧を持ちます。 国連も国際世論も効力を持たない存在になる。

「在日朝鮮人から見た韓国の新聞」
と言うブログが在るのですが、 そこでは以下のように書いています。

「日本共産党が中国にために、 民進党が南朝鮮のために働くのと同じように、 文何某(文在寅)は北朝鮮のために働く大統領になる事でしょう」

日本も、韓国も、左翼を甘く見過ぎている┃在日朝鮮人から見た韓国の新聞
http://blog.m.livedoor.jp/kanedashoji70/article/67942005?guid=ON
です、 詳しくはチト読んでみて下さい。

併せて、

日本は最悪の事態に備えよ┃半島南部に高まる左翼政権誕生 - ZAKZAK
http://googleweblight.com/?lite_url=http://www.zakzak.co.jp/smp/society/foreign/news/20170103/frn1701031000001-s1.htm&lc=ja-JP&s=1&f=1&m=97&q=zakzak&gl=jp&host=www.google.co.jp&ts=1483436014&sig=AF9NedmnLTlsXgaKU7AgOqH31jEnt94itw

もかな?

北朝鮮みたいな国が、 もう一つ増えると言う事です。 日本は、 そのつもりで備えないと、 いけないんではないでしょうか?

南鮮は、 一応こっち側でも、 あの有様でしたからね。

その政権が大スキャンダルで終焉します。 情緒的に流され易い南鮮人ですから、 方向が変われば突っ走ります。

日本は今後、 南鮮を明らかな 「敵」 として捉える必要が無いでしょうか?

山賊紛いの難民も押し寄せて来そうです。
[ 2017/01/03 19:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp