韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  ギャラクシーノート7の爆発原因見つけた…「単純バッテリー欠陥ではない」

ギャラクシーノート7の爆発原因見つけた…「単純バッテリー欠陥ではない」

サムスン電子が今月中旬にギャラクシーノート7の爆発原因を発表する。サムスン電子関係者は1日、「爆発原因を探す作業が最近終わった。その結果を今月中に公開するために関連部署が準備作業を始めた」と明らかにした。同関係者は具体的な爆発原因に対しては「高度な機密事項でグループ内でも極めて少数だけが共有している。発表時まで機密を維持することになるだろう」と話した。

業界では今回究明した爆発原因は昨年9月2日の発表時のように単純に「バッテリー欠陥」の次元を超えるものと予想している。業界関係者は「昨年の発表がバッテリーだけの欠陥により発熱と火花が発生したと明らかにしたのにとどまったが、今回の発表は結果的にバッテリーに負担を与えたさまざまな原因を総合的に明らかにすることになるだろう」と話した。実際にサムスン電子は1次原因として指摘されたサムスンSDIのバッテリーの代わりに爆発問題がなかった中国ATLのバッテリーを装着した新しい製品でも問題が発生すると原因把握の範囲を大幅に拡大した。そして原因究明チームにサムスンSDI側の関係者は含まなかった。バッテリー分析だけではさまざまな爆発を総合的に明らかにすることができないと考えたのだ。業界では今回の発表にバッテリー充電中や過負荷で使用中に一部部品が膨らむ問題、狭いスペースに多くの性能を搭載した部品を使い発生した問題、ハードウェア設計ミスで熱を正常に放出できない問題など幅広く盛り込まれると予想している。

サムスン電子が発火原因を究明したという情況はあちこちで感知される。サムスン電子は先月内部調査を完了した後、韓国産業技術試験院(KTL)と米国の関連機関に報告書を発送したという。先月19日に水原(スウォン)事業場で開かれたグローバル戦略会議でも「発火現象の再現に一部成功し、事故原因に対する調査が加速している」という話が飛び交ったとされる。


ギャラクシーノート7の発火原因を探しギャラクシーS8など次期作の開発にも弾みが付く見通しだ。これまでサムスン電子は内部的に次期作のスペックをめぐり苦心してきた。ギャラクシーS8は昨年ギャラクシーノート7が発売される前にすでに開発が始まっているノート7に初めて適用された機能をS8に入れるのかどうかは決定していない。サムスン電子関係者は「ギャラクシーシリーズは大画面モデルにまず適用された機能を翌年フラッグシップモデルに適用する方式で進化してきた。原因究明がさらに遅れたならギャラクシーノート7のように虹彩認識と防水・防塵を同時に適用するのに相当な負担を感じただろう」と話した。同関係者は引き続き「開発しておいた機能をすべて搭載できなければギャラクシーS8を過去最高のスマートフォンにして名誉を回復するという戦略も支障をきたしただろう」と付け加えた。

先月15日にコ・ドンジン無線事業部社長が社員に電子メールを送り、「ギャラクシーS8の機密維持に格別に注意してほしい」と話したのも原因究明と次期作に対する自信を遠回しに示したものとの分析が出ている。今月中にギャラクシーノート7の爆発原因が明らかになるとしてもギャラクシーS8の発売は多少遅れる可能性が高い。サムスン電子関係者は「ギャラクシーS8は機能と安全性でこれまでになかった携帯電話を指向している。早期発売よりは完成度に重点を置いている」と話した。
http://japanese.joins.com/article/182/224182.html?servcode=300§code=320

【管理人 補足記事&コメント】
バッテリの爆発が相次いだことを受けてリコールに追い込まれた「Galaxy Note7」について、その原因を突き止めたとする企業がある。製造エンジニアング企業Instrumentalはこのデバイスを分解し、バッテリに誤差を許容するための物理的スペースが十分に設けられていなかったことを発見している。

分解の結果、この問題には複数の要因が絡んでいることが明らかになった。スマートフォンのバッテリは正極と負極の層で構成されており、両者の接触やスパークを防ぐためのセパレータがある。バッテリのサイズを抑えてスペースを最大限に活用するために、これらのセパレータを薄くしすぎた可能性がある。加えてサムスンは、厚みのマージンもなくしてバッテリをさらに薄くしていた。

バッテリは充電すると少し膨張する。約10%のスペースを余分に設けることが必要だが、この製品ではバッテリが深さ5.2mmのポケット部全体を占めており、エッジ周りにほとんどスペースがなかった。これに日々の操作による通常の圧力が加わると、爆発の危険性が高まると伝えている。バッテリー交換で対応できなかった理由と、充電量制限を実施した理由でもあるのだろう…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年01月03日 11:10 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
宇宙の神秘じゃなかろうに
>爆発原因見つけた

この「原因」というのは、宇宙の神秘じゃなくて、人為的原因だろう。
試作品評価の不足だから、開発プロセスと組織、つまり人の問題。
そこに切り込めるか。
おそらく、サムスンは物理的原因系の説明に終わるだろう。
[ 2017/01/03 18:30 ] [ 編集 ]
要素技術がない
<これらのセパレータを薄くしすぎた可能性がある。加えてサムスンは、厚みのマージンもな<くしてバッテリをさらに薄くしていた。

やっぱりバッテリーが問題か?
SDI製のバッテリーに代えてATL製のバッテリーに代えても発火しているから、それだけではない。 NOTEの充電回路が問題か?


[ 2017/01/04 22:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp