韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国造船3社のことしの経営キーワードは「生存」

韓国造船3社のことしの経営キーワードは「生存」

最悪の受注難に苦しめられている韓国の造船「ビッグ3」がことしの経営キーワードに「生存」を挙げた。

現代重工業の姜煥亀(カン・ファング)社長は3日、新年の挨拶を通じて「ことしも主力事業の業況で回復の兆しが見られないことから、競争はより一層厳しさを増すものと予想される」とし「短い間で内部の安定化を急ぎ、革新を通した競争力を取り戻すことが重要だ」と伝えた。

大宇造船の鄭聖立(チョン・ソンリプ)社長もこの日、新年の挨拶を出して「ことしの経営を取り巻く環境を見てみると、長い間続いた景気低迷に対する反騰で昨年よりは状況がやや好転するかもしれないが、それでも大きく改善されることはなさそうだ」としながら「昨年完全に解決できなかった流動性の確保と新規受注の拡大、収益性の改善などはことしも引き続き取り組んでいかなければならない課題」と伝えた。鄭社長は▼徹底した生存戦略の実行▼収益性中心の内実経営の定着▼管理体系の高度化▼希望と活力に満ちた職場づくり--など4種類の経営方針を示した。

三星重工業の朴大永(パク・テヨン)社長は「生き残り以上に重要なことはない」とし「自救案と市場状況に合わせて、ことしも経営効率化作業を推し進めていかなければならない」と明らかにした。引き続き「基本が根付いている会社は危機に揺れてもすぐに立ち上がることができる」とし「会社のためのことに全員が積極的に取り組んでくれれば、今の危機は少しずつ克服していくことができる」と付け加えた。
http://japanese.joins.com/article/259/224259.html?servcode=300§code=300


【管理人 補足記事&コメント】
世界造船市場の上位3以内に名を連ねていた韓国の造船大手3社が、日本企業に3位の座を明け渡したと報じたのが昨年7月である。分析機関(英クラークソン)によると、2月前の受注残高基準で、現代受講業グループと大宇造船海洋グループがそれぞれ1位と2位についたが、3位だった三星重工業グループは、日本の今治造船グループにその地位を明け渡した。日本はすでに2015年1月、月単位の受注量で6年8ヵ月ぶりに世界トップを記録したことがある。韓国造船企業各社が沈没する間、日本は再起に成功したとした。

現代重工業、大宇造船海洋、サムスン重工業の大手3社は昨年2万人以上を解雇している。韓国労働研究院(KLI)の試算では、年末までにさらに4万人の解雇者が出る可能性があるという。 韓国造船工業会によると、造船業界の被雇用者は6月末時点で16万3000人と、2015年12月の18万3000人から減少した。 造船業の「ビッグ3」とされる大手3社では、納期遅れによる違約金、新規造船の受注低迷、石油プラットフォームの需要落ち込みなどを背景に、6四半期の合計損失額が6兆6000億ウォン(約6086億円)に達した。船舶は同国の輸出品目1位の座から転落し、政府主導の再建計画が昨年から始まった。

受注が回復しなければ来年、各社は再建計画を頼りに荒波を乗り切ることになる。18年には需要の回復が見込まれるが、ピーク時の水準には達しないだろう。財閥間競争となり、統合して競争化に打ち勝つような組織体系すら模索できないのでは無理である。まして世界受注量は減少するだけである。中古受注船の修理企業は大忙しだろう。日本とて決して良いわけではない。受注対応ができない分を韓国へ発注しているようでは、これも問題だが…。。。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年01月04日 09:30 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(4)
大宇造船は政府の支援がなければ、既に倒産している。
政府系金融機関からの融資と軍艦の受注で生き延びているが、政権交代して後ろ楯がなくなれば、即倒産もあり得る。
[ 2017/01/04 19:14 ] [ 編集 ]
その。。。
その韓国の政府系金融機関は日本の金融機関から融資でかろうじて生き延びているという現実。
さて、韓国企業、政府系金融機関は日本から資金を返せるか?今のところは利子はかろうじて返している。
しかし、借りた部分はどうか?このままウォン安が続けば無理だろうな。でも、私はそれで良いと思う。
今、みずほ銀行の支店やATMが激減している。これはみずほはヤバいんですよ。みずほが潰れれば日本の金融機関
は目が覚める。それくらいしないと日本は変わらない。公的資金。。。今度は出さねーぞ!
[ 2017/01/04 20:18 ] [ 編集 ]
銀行の事情=国の事情
記事の書きっぷりからして、造船3社がやることは
従業員解雇しかない。それも下から順番にだろう。
辞めなければ無給で籍だけとか。
合併合理化の話はこれっぽちも出ない。

マッキンゼー報告(大宇は残れない=つぶせ)は無視。
日本政府もツッコミを入れた。政府救済は国際ルール
違反だと。

大宇の事情=銀行の事情=国の事情だから、会社が
カンバンだけになっても残すでしょう。
[ 2017/01/05 01:15 ] [ 編集 ]
実はね
Nanashi2さん

実はすでに韓国ではNanashi2さんの予想の通りでカンバンだけなんです。元の造船業従事者は他の公的な仕事(清掃、警備など)に
まわされて、そこで嫌気がさして、自営業にという流れで、実は造船業従事者の多くはもういない!のです。
[ 2017/01/05 14:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp