韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  「スーパーマリオ ラン」がロングランできなかった理由

「スーパーマリオ ラン」がロングランできなかった理由

任天堂が発売したモバイルゲーム「スーパーマリオ ラン」のブームが急速に冷めつつある。 ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は2日、「スーパーマリオ ラン」で遊びたい人は多いが、お金を出す人が少ないモバイルゲーム市場の厳酷な現実を克服することができなかったと指摘した。

任天堂「スーパーマリオ ラン」は昨年12月15日に日本・米国・欧州など主要国家のApp store(アップル社)を通じて発売されて以降、4日でダウンロード数4000万を記録して人気を呼んだ。138カ国で無料ダウンロード順位1位を記録し、49カ国では売り上げ1位を記録した。だが、12月24日を基準に「スーパーマリオ ラン」がApp storeで売り上げ1位を記録している国は一つもない。無料ダウンロード1位も88カ国に減った。

WSJは同ゲームが急速に勢いを失っている理由について、ゲームの決済方式を指摘した。「スーパーマリオ ラン」は最初の3段階までは無料でゲームを楽しめるが、その後もゲームを続けるには10ドルを支払うという、大多数のモバイルゲームとは異なる方式を採用したと指摘した。

これに先立ち、ブルームバーグ通信も「多くのモバイルゲームは無料である代わりにゲームの中のアイテムを購入させるようにしているのが一般的」としながら「『スーパーマリオ ラン』は無料コンテンツが不足している」と伝えた。
http://japanese.joins.com/article/262/224262.html?servcode=300§code=300


お勧め記事

【管理人 補足記事&コメント】
2016年12月15日にリリースされた、iPhoneで遊べる『スーパーマリオ ラン』は、わずか4日間で4000万ダウンロードを達成。これまでのApp Storeの記録を楽々と更新し、140の国と地域で無料ゲームランキングで1位を獲得したと公式に発表された。その後も勢いは止まらず、12月23日には世界で5000万ダウンロードに到達した。

一方、これほどの爆発的ヒットにもかかわらず、App Storeでのユーザー評価は日本だけでなく各国ともに5点満点の2〜2.5あたりで低迷する興味深い現象が起きている。無料でプレーできるのが冒頭の3ステージだけであり、無料でプレーできる範囲か少なすぎる! と無課金ユーザーたちからの厳しい評価が下され、評価の平均値を大きく下げる結果になった。

実際にゲームを堪能しているユーザーは、いったんハマれば10時間以上も楽しめる傑作であり、無料で遊べる冒頭の3ステージはゲーム全体の1%くらいのボリュームにすぎないわけで、その段階で「つまらない」と烙印を押すのはもったいという。その一方で、課金後にどのくらいの楽しさが待っているのか想像しにくいのも事実であり、「全ステージ開放で1200円」という価格設定も高いと判断し、その段階で低評価を下してしまうユーザーが多い。

スーパーマリオランの何が凄いのかというと、ゲーム操作がタップしかないこと。長押しもフリックもなし。画面のどこを触っても大丈夫ということにある。これはスマートフォンでのゲームデザインにおいて革命的にシンプルな操作系と言える。AAAクラスのゲームで、ここまで操作を割り切ったゲームというのはスーパーマリオランくらいではないですかね~。 この手のゲームは、ゲーム業界では昔から「ワンキーゲーム」と呼ばれており、一つのキーしか使わないゲームのことをいう。

その意味で1200円買い切りはかなりお買い得という意見も多い。
一気に冷めたとは言い難いが…。いずれ金額は下がるのではないか…。


スポンサードリンク

関連記事


ブログパーツ
[ 2017年01月04日 09:41 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp