韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国の庶民向けローンの延滞率28%は世界最悪レベル

韓国の庶民向けローンの延滞率28%は世界最悪レベル

韓国政府が政策的に実施している「美少(ミソ)金融」「ヘッサルローン」などの庶民向け融資の健全性が他国に大きく劣ることが金融研究院の分析で分かった。

それによると、庶民向け融資の延滞率は先進国で1-10.5%、開発途上国で平均5.8%だった。例えば、米国を代表する非営利の庶民向け少額ローンACCIONの延滞率は1-3.8%、フランスのADIEの延滞率は7.4%だった。これに対し、韓国の美少金融、ヘッサルローン、パックォドリームローンなど政策的庶民向け融資の延滞率は最高で28%に達した。

また、外国に庶民向け融資の損失率(貸出残高に占める損失の割合)は2.1-6.4%の範囲だったが、韓国の美少金融では年利4.5%で融資を実施するために年8.5-9.5%のコスト(資金調達など融資実施のための合算コスト)がかかっている。ヘッサルローンは年6-10.5%の金利に対し、コストは年14%に達すると試算された。低金利でコストがかさみ、融資を増やせば増やすほど損失が拡大する構造だ。

金融監督院は「外国では損失率が低く、年6.8-31%の金利を受け取り、制度の持続可能性を確保しているが、韓国の政策的な庶民向け融資は現在の金利水準やコスト体系では長期的に持続性に問題が生じかねない」と分析。その上で、同院は政策的な庶民向け融資が持続可能性を持つには、貸す側のモラルハザードを最小化し、市場機能に従う構造を構築すべきだと指摘した。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/01/04/2017010400510.html


【管理人 補足記事&コメント】
韓国では2013年3月29日に国民幸福基金が、正式に発足した。国民幸福基金は、朴槿恵大統領の選挙公約の一つであり、債務不履行者の信用回復や庶民の過剰債務解消を目指した政策である。韓国の家計債務問題は、韓国経済の脆弱性を表しており、国会の公聴会でも議論されるほど、深刻な社会問題である。家計債務の総額は2002年の464.7兆ウォン(43兆円)から、2012年には963.8兆ウォン(89兆円)まで増加している。

家計債務が増加した主な要因としては、(1)ハウスプアの増加、(2)家計の実質所得の減少、(3)クレジットカードの乱発や過剰消費、(4)支出の比率が高い40代や50代世代の増加が考えられる。韓国では、家計債務の増加がもたらす、国民生活の困窮に対しては、これまでもいくつかの支援策が実施されてきた。これらの支援策は、債務に対する延滞の発生状況により区分することができる。債務を延滞していない庶民向けの金融支援策としては、「ミソ金融(事業ローン」)、「セヒマンホルシ貸出(フリーローン)」、「ヘッサルローン(低金利切替ローン、生活維持資金)」、「バクォドリームローン(低金利切替ローン)」等が実施されている。
一方、債務を延滞している債務不履行者に対する支援策は「フリーワークアウト」、「個人ワークアウト」、「個人回生」、「個人破産」、「国民幸福基金(旧信用回復基金)」等があげられる。

韓国政府は家計債務者を支援する目的で、約40種類の金融支援策を実施してきた。しかしながら、(1)性格が似ている支援策が多く、どの制度を利用すればいいのかよく分からない、(2)制度が分散しており、検索に時間がかかってしまう、(3)支援策の内容に対する十分な広報活動が行われておらず、潜在的な債務者の利用度が低いという問題点が指摘されてきた。そこで、韓国政府は、国民幸福基金制度を新たに実施することにより、分散されていた支援策をできるだけ一つの制度に統合・管理し、家計債務者支援の強化を目指した。

国民幸福基金は、(1)債務調整(金融機関が保有している長期延滞債権を買い入れ、債務不履行者の債務減免や返済期間の調整、そして信用回復を支援すること)や、(2)低金利への切り替え(第2金融圏や消費者金融からの高金利貸出(20%以上)を低金利に切り替えること)により、債務不履行者が再び自立できるような環境を提供することを目指している。

結局こういう政策が借金を返さない連中を増やす結果にもつながっている。
不動産ローンの返済不可は昨年の時点では25%程度だが、借金踏み倒し何とも思わない連中が増えて、何でもかんでも政府に頼るという問題が発生しているわけで、家計負債を政府が帳消しする政策案まで出たほどである。不思議な国であるが、現実踏み倒し率は急激に増えつつある。生活の糧となる中小企業が倒産し始めれば、冗談では済まされないだろう~。。。、



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年01月04日 09:53 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(9)
徳政令
借金を真面目に返そうと考えている韓国人が果たしているのでしょうか。

ろうそく行列に「徳政令」プラカードが加わり、借金棒引きを言い出すでしょう。
後は、時期とタイミングの問題です。

[ 2017/01/04 12:28 ] [ 編集 ]
ナニワ金融道みたいな..
悲喜劇がアチコチで起きてないんっすかね?

だって、 南鮮の銀行って貧乏人には金貸さないって聞きますよ?

それに、 不動産投資名目で借りてても、 その実態は生活費だったりする、 特に教育費関連。

法定金利なんか無視の高利貸しが、 返済期日が近付くと同業他社を紹介したりして、 負債を雪だるま式に膨らませる、 借りるのは主に家計を預かる主婦、 つまり女性。

男尊女卑の南鮮では、亭主に甲斐性がないのが原因でも、 亭主や姑(舅)・小姑から責められるのは主婦。

街金は主婦の身体を担保に融資してるようなモンだったりして?

最後は、 そういう女が売春に手を染める。 器量なんかどうでもいい、 中にはとんでもないオババがいたりするのはそのせい?

日本の街金も進出してるようですなぁ~。

思うに次は、 過払い金を取り戻す弁護士事務所が乗り込むのでは? アディーレ法律事務所(全国区カナ?)みたいな?

♪債務なしに アディーレ

でも、 南鮮だと、 日本なんかとは比較にならないほど“えげつない追い込み”をやってそうな気がするっす。

フーガさんは、 今日は姫はじ....もとい、 仕事初めっすかね?

年頭から 「追い込み」 やってたりして。 (▼ヘ▼メ)
[ 2017/01/04 15:44 ] [ 編集 ]
また増える
 街金が、主婦に金を貸せば、借金を返せない女は売春婦で日本に来て金を稼ぐしか無い、韓国人の売春婦がまた増える。
 オニイサン~の声が深夜の街に聞こえそう。
[ 2017/01/04 19:34 ] [ 編集 ]
延滞率28%なんて商売になってないでしょう。
金利以上にコストがかかる政策ローンなんて、やってもムダ。
クネさんが人気取りで始めたのか…
自分の任期中だけ持てばいいっていう考えなんだろうね。
破綻前提です。
貸すのも借りるのも韓国人なんて最悪だよねw
[ 2017/01/04 19:45 ] [ 編集 ]
思い出した
日本でも石原慎太郎が人気取りで銀行作って、税金400億円溶かしたね。
借りたもん勝ちで美味しい思いした連中は、今何してるんだろうね。
[ 2017/01/04 19:58 ] [ 編集 ]
SBIホールディングスの株を持っているが、SBIは韓国で最大の貯蓄銀行を経営していて、無担保ローンなどを提供しているため、多額の負債を抱えることにならないか不安だ。
なぜ、約束を簡単に反故する韓国人に金を貸すのか!?
延滞率が高いのは、国民性を如実に現している。
[ 2017/01/04 20:46 ] [ 編集 ]
すごいな〜
こいちゃんさんはすごいですね。胃にポリープできたりしません?私はソフトバンク。。。買えないなー。社債は買いたかったんですが、、、。ひょっとしてみずほも買ってたりして。。。化けたらもうけなのは確かですけど。
[ 2017/01/04 21:12 ] [ 編集 ]
まずは手仕舞いを
 アメリカのトランプ(カードゲームの)がブラフなのか?今の所分からないので、伊藤忠商事(中国へ5000億ほど投資?)、東レは韓国に複合素材工場を投資したと思う?みずほ銀行は5億ドルの融資をしている、この辺の株は、取りあえず手仕舞いをして様子を見ようと~~
[ 2017/01/04 21:50 ] [ 編集 ]
ババ抜き
 中韓日米でトランプゲーム、ババを引かせて ”ジエンド” 
[ 2017/01/04 22:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp