韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  雇用創出力が大きく落ち込んだ事実が意味するもの

雇用創出力が大きく落ち込んだ事実が意味するもの

雇用創出が国家的アジェンダとして繰り返し取り上げらる中、韓国経済の雇用創出力に対する疑問が高まっている。韓国政府がことしの経済成長率見通しを2.6%と提示し、それにともなう雇用増加を26万人ラインと予想したのも雇用創出力の下落を反映したものだ。5年前の2012年には2.3%の成長で雇用は43万7000件が増えた。成長率1%につき19万件の雇用が生まれていたことになる。だが、この5年間で1%につき10万件へと半減した。いわゆる「雇用なき成長」に対する問題提起はこれだけではない。過去10年間の雇用創出力で、韓国は経済協力開発機構(OECD)加盟34カ国のうち下位圏の22位という統計結果も同じような状況を示している。

われわれが経済成長に注目するのは、成長があってこそ雇用が増えるためだ。この相関関係が顕著な下落を示しているとなれば、問題にならざるを得ない。だが、雇用能力減少の原因とその実状も正確に把握しなければならない。雇用創出力の下落が本当に生産性上昇の結果なのかも詳しく見てみなければならない。定年60歳法をはじめとする硬直した労働市場と大企業労組の影響も勘案しなければならない。規制立法と行政規制も雇用創出の障害だ。

あわせて考えるべき点は韓国産業の高度化現象だ。自動化・無人化によるオートメーション化が進んでいるのは何も半導体工場だけでない。無人工場が増えることで単純作業者の数は減るが、そのようなシステムを作って機械を扱う高級雇用もあわせて生じる。問題は、中間材部品産業などの成熟水準が韓国内の雇用には決定的な課題になりうる点だ。雇用が活性化して雇用誘発係数が低下するなら申し分なく良い。問題は世界化されたバリューチェーンの中で雇用を維持する方法だ。その点に注目する労働政策でなければならない。
http://japanese.joins.com/article/326/224326.html?servcode=100§code=110


【管理人 補足記事&コメント】
車は自動で走行し、ロボットがピザを配達するなど、今まさに革命が起きようとしている。オックスフォード大学の2013年の研究によると、向こう20年でアメリカ国内に存在する仕事の半分が自動化される可能性がある。更に同研究は、数ある産業の中でも、交通・物流・事務関連の仕事が特に自動化されやすい。その他では教師や旅行代理店、通訳等の職業につく人々が、ロボットに取って代わられるのも時間の問題である。

このような労働機会の消失に関する予測がされる中、多くの未来学者や経済学者が仕事のない未来について考え始めている。彼らの主張は大きく2つのシナリオに別ける事ができる。1つはディストピア的なシナリオで、将来的に人間は職や収入を無くし、賃金格差の拡大や社会的混乱が起きるというもの。そしてもう1つは、各国政府が市民の収入を保障し、人々はより生産的でクリエイティブかつ起業家精神に溢れた活動を行えるようになるというユートピア的なシナリオだ。

労働現場にいるロボットは、むしろ仕事の幅を広げ、新たな種類の仕事を生み出す機会をもたらすという視点を考慮する必要がある。ロボットは人間の仕事を奪うだけでなく、仕事を生み出すものでもあるという事だ。ロボットの弱点と、人間の長所を考えることで、未来にはどんな仕事が待っているかというのを想像することが可能となる。

ロボットは未だ、交渉や説得といった複雑なタスクをこなす能力を持っていない。問題解決能力に比べて、新たなアイディアを生み出す能力に劣る。部下を持つマネージャーや看護師、アーティストや起業家等、創造性や感情的知性、社会性が要求されるような仕事は難しい。 つまり最先端のテクノロジー企業でさえ、人間が所属するカスタマーサポート部署を完全には閉鎖していないわけで、何か問題が起きたときに、それを解決するのは多くの場合人間というわけだ。

今後機械を相手にしていく上で、現場の人間やその専門性は欠かせない。ロボットは誤作動することもあれば、アップデートや新たなパーツが必要になることもある。機械化されたシステムや自動装置への依存度が高まっていく中で、システムやハードの運用・交換・更新・保守を行う技術的なスキルを持った人に対する需要は高まって行く。保守管理技術といった業務が今後重要となる。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年01月05日 10:15 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(3)
日韓の労働事情
雇用・雇用と騒いでも 韓国には働きに出ない人間が多い、
ニート人口 100万人
外国人労働者 100万人
これをまるごと入替ればフラットになるが、
韓国はまだ「余裕」だから、この状態を放置。

すこし真面目な韓国の若者は軍隊をねらう
だが、軍隊も 求人数<求職数 であって、
軍入隊待機者 5万人だとか。

日本も似た状況で、
ニート人口 60万人
外国人労働者 90万人

食えている無職余剰人口がいて、
低賃金労働は人手不足が続く。
日本でもまじめな若者は自衛隊をねらう。
自衛隊の応募倍率は 3~4倍。
[ 2017/01/05 13:00 ] [ 編集 ]
ちなみに。
ちなみに、日本の多くの液晶、有機ELパネル製造装置企業が韓国や台湾や中国で装置を納入するとき、その、日本のニートを時給1?00円くらいで雇って大挙して装置を組み立て、ボタンを押せばOKの状態にして帰ってくる。正社員でなくアルバイトの日本人ニートが韓国、中国、台湾で製造装置をくみたてるのである。
この現実をマスゴミは知らない。なんともかわいそうな日本のマスゴミ達。。。今、この時間も意味ない取材や放送を続けている。。。会議では糞まじめに話あっているんだろうが、奴らには深い取材は無理。不可能。アホだ。
皆で笑ってやりましょう!
[ 2017/01/05 14:58 ] [ 編集 ]
いよいよ..
南鮮には 「従北・親中・反日・反米」 政権が誕生しそうですね。

中国、 韓国政府相手にせず韓国野党議員を厚遇 THAAD阻止へ 「離間の計」 - 産経ニュースhttp://www.sankei.com/world/news/170105/wor1701050036-n1.html

まっ、 ブルーチームとレッドチーム、 旗幟が鮮明になって来たかなっつうか。

それならそれで、 日本政府も心して考えなけりゃあかんと思います。

まぁ、 ドンパチなんて嫌だし、 トランプ政権もどうなるのか、 愚生は馬鹿だから分からないけれども、 政治的にも軍事的にも、 また経済的にも、 陣営的には落ち着く所に落ち着いて来てるのかも知れないっすね。

こっちから仕掛ける事はないにしても、 相手の出方次第では“腹を据えて”対処して欲しいですし、 人道的事態を伴う事柄以外では、 少なくとも日本から手を差し伸べるなんて愚は犯さない欲しいと願います。

民間レベルはいざ知らず、 国対国の関係に於いては、 支那や南鮮なんて、 助ければ助けるほど、 そっくりマイナスにして跳ね返して来ますから。
[ 2017/01/05 22:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp