韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  中国 >  人民元、最近11年間で最大幅の切り上げ…人民元投機勢力への警告とも

人民元、最近11年間で最大幅の切り上げ…人民元投機勢力への警告とも

中国の外貨当局が6日、ドルに対する人民元の価値を2005年7月以降の11年間で最大幅の切り上げを行った。

この日、中国の中央銀行である人民銀行傘下の為替交易センターは、人民元相場をドル当たり6.8668元と告示した。昨年12月6日(6.8575人民元)以来最も低い水準であり、前日告示した為替相場(ドル当たり6.9307人民元)より0.93%も切り上げた。切り上げ率は、中国が人民元の価値を米ドルにのみ連動させていたが、各種通貨の価値を加重平均してレートを公表するように制度を変えた2005年7月22日(2.05%切り上げ)以来最も大きかった。中国は前日も人民元の価値を0.32%切り上げた。

ひとまず人民元の切り上げはドル高の伸び悩みに影響を受けた。4日(現地時間)の米連邦公開市場委員会(FOMC)の12月議事録が市場の予想よりもタカ派的(金利引き上げに積極的)ではないと解釈され、翌日発表された米民間雇用指標も低迷したという理由からだ。

しかし、中国の外貨当局が7日の外貨保有高の統計発表を控え、人民元の投機勢力に強い「警告」をしたという見方も出ている。昨年11月9日、米大統領にドナルド・トランプが当選し、12月14日に米基準金利が引き上げられ、ドル価値は高騰した。これにより人民元の価値は11月9日以来、年末にかけて対ドルで2.26%も切り下げられた。

中国資本の流出が進み、中国当局が人民元の価値の防御に乗り出すことで中国の外貨保有額は11月基準で3兆510億ドルまで減った。チョン・スンジ・サムスン先物研究員は「12月の為替保有高が3兆ドル未満と発表される場合、昨年初めのように人民元安にかける投機勢力が猛威を振るう恐れがある。最近の人民元切り上げはこれを黙って見てはいないという中国政府の市場介入の意志を見せたものと解釈される」と話した。

この日のウォン相場は前日より6.7ウォン(0.56%)上がったドル当たり1193ウォン(約116円)で取引を終えた。これは前日のドル安と人民元の対ドルレート急落の同調化効果で20.1ウォンも急落した韓国の為替相場が再びバランスを取り戻した一方、米労働省の雇用報告書の発表を見守ろうという様子見が影響を及ぼしたものと解釈される。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/26166.html

【管理人 補足記事&コメント】
日本経済新聞は、中国人民銀行は6日、人民元売買の基準値を1ドル=6.8668元に設定した。前日(6.9307元)に比べ0.0639元の元高・ドル安で、上げ幅は2005年7月の元切り上げ以来の水準になった。5日の香港市場で通貨当局が元の流動性を絞り込み、元が急騰した流れを引き継いだ。 5日の香港短期金融市場では翌日物金利が一時100%超まで上昇した。人民銀の意向を受けて中国の国有銀行などが資金供給を大幅に減らした結果、元を売っていた投機筋が損失拡大を恐れて元の調達に走ったためとみられると伝えている。

現在の中国経済は冷え込んでおり、経済成長が大幅に減速している。こうした懸念が人民元に強い下押し圧力をかけているともいえる。 実は、中国政府はこの2年、人民元の対米ドルレートの下落を阻止するために、かつて4兆ドルあった外貨準備の4分の1近くを切り崩した。米国経済が堅調で、連邦準備制度理事会(FRB)が低金利政策の解除を示唆しているため、元安・ドル高の状態が続いている。人民元の下落ペースやその幅は大方の予想とかけ離れている。結果、米国の対中貿易赤字の悪化を防いでいる。

通貨安が競争上の優位性を獲得する目的である場合、その動機を特定するのは難しい。もちろん「見れば分かる」という柔軟な考え方を取ることもできる。だがその考え方に従えば、米国自身が通貨切り下げに対する非難にさらされる可能性があった。この問題のため、米議会は昨年、為替操作国に罰則を科す新しい法律を作ろうとして苦労したわけである。米国は自国の法律に自らが違反する恐れがあった。FRBには他国の厳しい視線が注がれかねない。例えば低金利時代にはFRBが景気てこ入れのために紙幣を印刷し、ドル相場を押し下げていた。

トランプ次期大統領が提示する解決策の1つに、中国など問題のある国からの輸入品に高率関税を課すとしている。しかし多くのエコノミストと元貿易担当当局者は、これは報復合戦による危険な貿易戦争を引き起こし、米国経済に悪影響を及ぼしねないと警鐘を鳴らしている。 



関連記事
最新コメント

お勧め記事

ブログパーツ
[ 2017年01月07日 08:51 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL