韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国、外貨準備高3711億ドル…「韓日通貨スワップにこだわる理由ない」

韓国、外貨準備高3711億ドル…「韓日通貨スワップにこだわる理由ない」

少女像をめぐる葛藤で日本が通貨スワップ「協議中断」を通知すると、韓国通貨当局も立場を明らかにした。「遺憾」を表明し、協議をこれ以上要求しないということだ。あえて少女像問題をめぐり国民の自尊心を傷つけながら通貨スワップにこだわる理由はないと判断したからだ。

これには韓国の外貨準備高などが過去に比べて改善したという点が考慮された。韓国銀行(韓銀)によると、昨年末基準で外貨準備高は3711億ドル。1997年の通貨危機(300億ドル)、2008年のグローバル金融危機(2000億ドル)当時に比べてはるかに多い。短期外債(満期1年未満の外債)比率も昨年9月現在27.9%と、1997年(36%)、2008年(47%)に比べて良好だ。

宋寅昌(ソン・インチャン)企画財政部国際経済管理官(次官補)は「現在保有中の通貨スワップが終了したわけではないため大きな影響はない」とし「通貨スワップ満期が昨年終了したマレーシアと事実上延長に合意したほか、アラブ首長国連邦(UAE)とも延長の協議をしていて、通貨スワップ規模はまた増えるだろう」と述べた。

ほかにも好材料がある。日本メディアは5月に日本で開催されるアジア開発銀行(ADB)および韓日中・ASEAN財務相会議で、チェンマイ・イニシアティブ(CMI)加盟国(韓日中+ASEAN10カ国)の合意だけで使える基金の比率を現在の30%から40%に増やすと報じた。この場合、韓国は危機発生時にCMI出資金(384億ドル)の40%の154億ドルを活用できる。残りの60%は国際通貨基金(IMF)と協議して引き出して使える。


しかし悩みがないわけではない。通貨スワップの「中国傾斜」を解消する必要がある。韓国が現在締結している通貨スワップ規模は1089億ドル(マレーシア、UAE除く)だが、その半分を中国(560億ドル)と結んでいる。しかも高高度ミサイル防衛(THAAD)体系配備決定後、韓中関係は良くない。

ソン・テユン延世大経済学部教授は「直ちに通貨スワップを拡充しなければいけない状況ではないが、危機が迫れば外貨資金が引き潮のように抜け出ることも考えられる」とし「長期的には通貨スワップを多様化し、中国の影響力を牽制することが必要」と述べた。宋寅昌次官補は「今後日本が望むなら通貨スワップ協議を再開することができる」と述べた。
http://japanese.joins.com/article/424/224424.html?servcode=A00§code=A10

【管理人 補足記事&コメント】
金融当局は、対外債務の返済、輸入代金の決済のほか、自国通貨の為替レートの急変動を防ぎ貿易等の国際取引を円滑にするために外貨準備を実施する。外貨準備は「国民経済の貯金」とも呼ばれる。ただし、あくまで主目的は為替変動への準備であり、外貨準備高が対外資産高の大きさを表しているわけではない。

外貨準備高の適正水準については統一的な見解はない。実務的には、「外貨準備保有高/輸入額」は輸入の3ヶ月分以上、「外貨準備保有高/短期債務残高」は1年分相当がベンチマークとして使用されている。急激な為替変動などに際して為替介入する場合には外貨準備が変動する。例えば、急速に円高が進展する場合に、それを緩和しようとして円売りドル買い介入(円安介入)を行なうと、結果的にドルの保有額が増え外貨準備が増大する。

日本の場合は、円高が進んだときに為替市場に介入して、円を売ってドルを買った結果、徐々に積み上がった外貨が日本の外貨準備になっている。外貨準備の内訳の詳細は公表されていないが、米国債などの外国債券、ドルやユーロなどの外貨預金、金(ゴールド)、国際通貨基金(IMF)の特別引き出し権(SDR)などで構成されている。これらを財務省が外国為替特別会計(外為特会)で管理・運用しているほか、日銀も約4兆6000億円の外貨準備を保有しており、2011年4月末で合計1兆1355億ドル(約92兆円)に上る。

ただし、このうち約7割を米国債が占めると見られている。それは、ドルが世界の基軸通貨であり、「米国債が安全性と流動性に最も優れた運用資産」と考えられているのが理由だ。資産である米国債、外貨預金、貸付金などには利子がっくので、うまく運用すれば利益が出る。一方韓国の場合、外貨準備が3706億ドルあると言いながら、保有している米国債の額はわずかに902億ドルに過ぎない。韓国の外貨準備高にうそがあれば、韓国が公表する外貨準備の金額のうち、7割は「外貨準備として使えるのか不明という専門家もいるわけで、何とも困った国である…。。。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年01月08日 09:12 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(9)
そうそう..
その通り、 通貨スワップなんぞにこだわる必要なんてないっす! 外貨準備なら“借金したって増やせます”から。
[ 2017/01/08 10:16 ] [ 編集 ]
日本はウオンを必要としていない
日韓通貨スワップなんて日本には何のメリットも無い、事実上の韓国援助なのだから日本から通貨スワップを望む訳が無い。
近々暴落して紙くず同然となるウオンなんてお断りです。
[ 2017/01/08 13:45 ] [ 編集 ]
何も分かってない
かつてイギリスはチューリッヒマフィアにポンドが狙われ、必死の防衛をした挙句白旗を上げた。多少の外貨準備があっても巨大な為替マフィアに狙われたら、どこも太刀打ちできないのが実証された。それ以来先進国同士でスワップを始めたが、アメリカなどは後進国とのスワップにメリットがないことから露骨に拒否をしているのが現状だ。
今、中国が為替マフィアに狙われ元が値下がりして、慌てて貯め込んだドル(外貨)を売って防衛している。しかし、4兆ドル近くあったものがついに3兆ドルを割り込んだ。中国の外貨も相当お化粧してその数字を信用できないのだが、それでも韓国の外貨準備高と比較すればトンでもなく巨大だ。その中国が元の防衛にキュウキュウしていることも知らないで、のんきな記事を書くもんだ。
こんな記事を読んで、韓国人は安心しているのだろうか。新聞も国民も実情を知らなすぎる。誤解したまま、またIMFのお世話になるのを待つしかないでしょう。
[ 2017/01/08 14:15 ] [ 編集 ]
こりゃやられるね
韓国があると言ってる3711億ドルの外貨準備のうち、現金が370億ドル、流動性が高いと言われる米国債が902億ドル。実質使えるのは1300億ドルないってことか。
今までHFがウォンを狙わなかったのは、日本が助けるだろうとの予測があったから。
日韓通貨スワップ協議も中止となったら、ターゲットにされるかもしれないですね。
中国との通貨スワップも10月に期限を迎えるし、サード破棄しないと延長はないでしょう。
韓国詰みました。
[ 2017/01/08 14:26 ] [ 編集 ]
世界は..
南鮮に危機があっても日本が助けるだろうって、 暗黙の了解的に考えていそうですよね。

日本が、 「今後、 南鮮に何があっても、 いっさい助けない」 って宣言したら、 どうなりますかね。

エネルギー資源や鉱物や、 食料の買い付けすら、 ロクに出来なくなるんじゃないかな?

今だって、 日本の商社が相当介在してるでしょう。
[ 2017/01/08 14:39 ] [ 編集 ]
おめでとう、良かったね
>韓国、「韓日通貨スワップにこだわる理由ない」
外貨準備高がいっぱいで良かったね。
おめでとう
だからもう、こっち見るなよ。
通貨スワップも求めるな。
[ 2017/01/08 21:32 ] [ 編集 ]
(@^^)/~~~さようなら
塵紙かトイレットペーパーより価値の無いウォンになる未来しかみえないwww
[ 2017/01/08 23:44 ] [ 編集 ]
今年はようやく韓国と断交できそうです。。。
管理人様。。。明けましておめでとうございます。

さて、今年は年明けから「飯旨」情報満載ですね。。。

韓国側は「日韓スワップ協定再開の協議中断」の日本側の報復措置に対し、「外貨準備高が3711億ドルあるから通貨スワップにこだわる理由はない」と相変わらず意固地になって「命を捨てても見栄を張る」言動ですが、実際はどうなんでしょう?何故か笑いが止まりません。。。

短期外債(満期1年未満の外債)比率が昨年9月現在27.9%といいますから1035億ドルですね。。。今年の秋頃が償還期限です。

韓銀発表の昨年8月末の外貨準備高資料によると、外貨準備高は3754億ドルで、その内訳は。。。
有価証券         3448億ドル(内、米国国債 820億ドル、23.8%)
IMF(SDRとRP)   43億ドル
現預金は          215億ドル
金保有は           47億ドル

韓国国債の償還はドルで行いますが、現預金はIMF分を合わせて258億ドル、現金化しやすい米国国債が820億ドルです。。。合わせると1078億ドル。。。借金返すと手元資金は殆ど残りません。
新たな国債を発効して借り入れをする必要があるのですが、今後従北政権が誕生し破綻・赤化しようとしている国の国債を購入しようとする人が居るのでしょうかね~?

希望は米国国債を除いた2628億ドルの有価証券。。。

「外貨準備」とは、平たく言えば、「困った時に国際市場でいつでも売れる資産」のことですが、その為には「世界中で通用する通貨」でなければなりません。従って、IMFの外貨準備統計によれば、世界の外貨準備の構成通貨は米ドルが約63%、ユーロが約20%、ポンド・円がそれぞれ約5%弱ずつとなっており、この4つの通貨で全体の9割超を占めています。。。つまり、世界の諸国の外貨準備高全体の6割は米ドルで占められており、多くの国は現金をそのまま持っておくのではなく、米国債で運用しています。

しかし、韓国の場合は。。。米ドル比率は預貯金合わせても28%・・・・・異常です!!

おそらく残りの70%以上は流動性が低い資産(場合によっては不良資産)、すなわち『ジャンク債』でしょう。。。!!

1ドル=1500ウォンまで下がったらファンドのウォン売り浴びせが起こり、韓国はドルが枯渇し「ウォンの買い支え」が不能になります。。。

今後の大統領候補全員に「日韓合意について」「釜山の慰安婦像の対処について」「問題の解決方法について」聞き取り調査をしたそうです。。。全員が「釜山の慰安婦像は維持し、日韓合意は破棄または再交渉」と答えたそうです。

日本は、ようやく韓国と。。。断交できそうです!!!
[ 2017/01/10 21:26 ] [ 編集 ]
簡単な詰み将棋です。。。
韓国銀行が韓国の昨年12月末の外貨準備高を発表しました(1/4)。。。

3711億ドル(約43兆8121億円)・・・・前月比▲8億8000万ドル、3カ月連続の減少だそうです。。。

・有価証券:3433億3000万ドル・・・・前月比+64億5000万ドル
・現預金: 183億7000万ドル・・・・・前月比▲72億9000万ドル
・IMF(SDR):28億8000万ドル・・・前月比▲3000万ドル
・金保有:47億9000万ドル・・・・・・・前月比±0

現預金が約73億ドルも一気に減って、その占める割合も11月の6.90%から5.35%です。
その理由がパク・クネ弾劾により現金を取り崩していかなければ国政を維持できなくなってしまったからだそうです。。。(笑わないでネ!。。。ケンチャナヨ~!)

もし韓銀発表に嘘が無ければ。。。有価証券の何と75%が米国国債以外の流動性に乏しい資産(ジャンク債?)となりますので、こちらも既に異常ですから。。。通貨危機に陥った場合には何の役にも立ちません。

頼みのスワップの状況はどうでしょう。。。?(2016年9月末ですが。。。)
中国⇔韓国      3600億元/64兆ウォン             
インドネシア⇔韓国  115兆インドネシアルピア/10兆7000億ウォン
豪州⇔韓国      50億豪ドル/5兆ウォン              
UAE⇔韓国     200億ディルハム/5兆8000億ウォン      
マレーシア⇔韓国   150億リンギット/5兆ウォン           

これらのスワップ協定の合計金額は、90兆5000億ウォン、外貨に換算すれば約754億ドルです。。。
ただ、これらのスワップは「自国通貨同士の交換」なので、オーストラリアの通貨(50億豪ドル)を除けば、交換できる通貨はいずれも対外的には通用しにくいものばかりで流動性に乏しいのです。

ということは、通貨危機が発生した時に、韓国にとっては。。。事実上

「使えるスワップ」が「豪ドルとの5兆ウォン(約42億ドル)」。。。しかない!!

しかも。。。インドネシアとオーストラリアは2017年3月で終了です。
さらに、THAAD配備決定によって韓中関係は最悪の状況ですから、中国との協定は2017年10月が期限ですが、延長は拒否されるでしょう。。。!?

簡単な詰み将棋です。。。


[ 2017/01/13 20:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp