韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国自動車生産、インドに抜かれ「世界6位」にランクダウン

韓国自動車生産、インドに抜かれ「世界6位」にランクダウン

昨年の韓国国内での自動車生産量が前年に比べ7%以上減ったことが分かった。自動車生産が後退し、世界5位を維持してきた自動車生産国の地位もインドに抜かれ6位に下がった。
 9日、韓国自動車産業協会の集計によると、昨年の韓国国内での自動車生産台数は423万台で、2015年(456万台)に比べて7.2%減少した。

韓国の自動車生産は2011年の466万台をピークに、450万台水準を維持してきた。世界の自動車生産で5%のシェアを占めてきた韓国の自動車生産量は、内需・輸出両方の減少によって引き続き減っていたが、昨年現代(ヒュンダイ)・起亜(キア)自動車の長期ストによる操業支障などの影響により生産量が30万台以上減少した。

現代自動車の昨年の生産量(168万台)は前年より9.6%減り、起亜(156万台)も9.4%の減少率を示した。韓国GMの生産量(58万台)も5.7%減少した。一方、今年の賃金団体交渉を大きな衝突なしに妥結したルノーサムスンと双龍(サンヨン)自動車は、新車効果を追い風に生産量をそれぞれ19.0%、6.9%増やした。

国内自動車生産量の減少で、韓国は世界の自動車生産国の順位でインドに抜かれ6位と一段階下がった。昨年10月までに376万台の自動車を生産したインドは、年末までに史上最多の450万台を生産したと推算される。これまで韓国は中国、米国、日本、ドイツに続き、自動車生産5位を維持してきたが、年間基準でインドに抜かれたのは今回が初めてだ。


メキシコやブラジルなど新興国との格差もますます縮まっている。毎年10%前後成長し、中南米最大の自動車生産基地として浮上したメキシコは、韓国自動車産業の後をぴたりと追いかけている。2015年に350万台の完成車を生産して世界7位の生産国になったメキシコは、昨年400万台を超えたものと推計される。メキシコは2020年までに生産量を500万台まで増やす計画であり、このままでは近い将来、韓国の自動車生産量を追い越す可能性が高い。

今年の自動車生産の展望もよくない。韓国自動車産業協会は「2017自動車産業の展望」報告書で「国産車の内需販売はさまざまな車格の新車発売にもかかわらず、個別消費税引き下げ効果の消滅、経済成長率の鈍化などにより前年に比べ4.0%減少すると予想される」とし、「これにより今年の自動車生産は1.2%減少した417万台に止まるだろう」と見通した。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/26192.html

【管理人コメント】
2014年 日系メーカー世界生産台数をみると、トヨタが900万台で国内生産は320万台、日産は500万台で国内は88万台、ホンダは450万台で国内は96万台、スズキは300万台で、国内100万台、マツダが130万台で、国内が93万台…等々…。

日本の自動車メーカー8社で、国内で980万台生産している。海外と合わせると2600万台となる。韓国は現代自と起亜自でほとんどを占めるわけで、トータル800万台程度、国内で400万台と考えれば、ほぼ半分が海外となる。日本と比較すれば、日本の自動車企業の海外生産台数は莫大となる。自動車技術はどんどん高度化し、IT技術と組み合わさり、検査や仕組みも難しくなってきている。

電子回路が多くなるほどに、回路暴走対応は不可欠となる。自動運転技術に進めば、CPUだけで数百個搭載するわけで、ノイズだらけの車にとって、その暴走をどのように対応するのかは高度な技術となる。一方で電気モーター主流となるほどに、エンジンノイズによるCPU暴走確率は減少する。今後の自動車品質管理という面で、遅れた企業は追いつけないだろう。それだけITを含めた検査技術は難しい。




関連記事

ブログパーツ
[ 2017年01月10日 09:34 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp