韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国観光、「まさか」では日本に追いつけない

韓国観光、「まさか」では日本に追いつけない

「まさか、中国人観光客が一瞬で皆いなくなるはずはないでしょう」

11日、中国人観光客誘致旅行会社関係者のAさんの言葉だ。中国の高高度ミサイル防衛(THAAD)体系配備に対する報復の動きがますます露骨になっている間も彼は「まさか」と言って淡い期待を抱いていた。中国政府は遊客(団体観光客)の韓国行きにブレーキをかけたことに続き、最近ではチャーター機の運航に許可を出さなかった。実際、各地で中国人観光客離れの動きが見え始めている。10日に訪れた東大門(トンデムン)市場は、「これが年頭の雰囲気か」と思うほど寒々しかった。

20年間にわたり衣類を販売しているパクさん(60)は「昨年に比べて売上が40%は減った」と愚痴をぶつけた。ホテル・流通業界も境遇は似たようなものだ。主に中国人が宿泊するビジネスホテルでは予約が20~50%減少したものと業界は把握している。このような雰囲気は数値にも表れている。韓国観光公社によると、先月訪韓した中国人観光客は52万人で、前年同期比1.8%の増加にとどまった。9月22.8%、10月4.7%と伸び率が徐々に落ち、マイナス成長も視野に入ろうかというところだ。全体外国人観光客のうち、中国人が占める割合も3年ぶりに4割を切った(39.5%)。

その一方で日本の観光客誘致は勢いを増している。昨年日本を訪れた外国人観光客は2403万9000人で4年連続過去最高を記録した。訪韓外国人観光客(約1700万人)を大幅に上回っている。2011年には訪日人数が622万人にとどまり韓国(979万人)に大きく離されていたが、2015年に逆転した後、その差を徐々に広げている。


スポンサードリンク


THAAD報復イシューにともなう反射利益という側面もあるが、本当の理由は別にある。安倍晋三政権は2020年東京オリンピック(五輪)を控えて「観光先進国」を作るという野心に満ちた計画を着々と進めている。中国人だけでなく東南アジア・欧州・米国などあらゆる地域の国から観光客を呼び込むためにビザの規制を緩和するなど全方向的な努力を傾けている。地方観光活性化のための投資にも積極的だ。
http://japanese.joins.com/article/590/224590.html?servcode=100§code=140

【管理人 補足記事&コメント】
日本に多くの中国人旅行客が訪れているのは記事の通りである 一方韓国も中国人にとって人気の渡航先だが、韓国では中国人旅行客をターゲットとした「ぼったくり」などが横行しており、中国人旅行客の間で不満が高まっていると中国メディアは伝えている。韓国を訪れた中国人旅行客が路上販売の業者に「ぼったくられた」とし、中国人旅行客に対する悪質な行為は韓国を再訪するリピーター率の低下につながっていると報じた。

一方韓国メディアも、自国では中国人旅行客のみならず外国人旅行客をターゲットとした犯罪が増えていると伝えている。特に粗悪品を高値で売りつけるケースが目立っているとし、偽物の化粧品やブランド品などを売りつけた業者が摘発されるケースも相次いでいるとした。こんな状況下で日本と比較すること自体が問題だろう。そもそも観光地が少ない韓国であるから、中国人観光客が減少すれば、観光産業は成り立たないわけで、中国から規制を受けている韓国である。今年はますます厳しくなるだろう。

ロイターは、中国政府が汚職や浪費に対する取り締まりを強化するなか、中国人観光客の価値を重視する傾向は、同国での売り上げ減速とすでに格闘している世界的な高級ブランドに一段とプレッシャーを与えることになると指摘している。HSBCのデータによると、世界的ブランドの人気商品における韓国の平均価格は中国本土のそれよりも安いが、欧州やシンガポール、ドバイよりは高いという。

ロッテ・ショッピングが経営するロッテ百貨店の担当者によると、中国人観光客の急増がその差を埋めてはいるものの、1人当たりの平均的な消費額は、2013年の90万ウォン(約8万7000円)から、昨年は50万ウォンに減少したという。一方日本における2015年度の中国人観光客の1人当たり消費額は約30万円。外国人観光客全体の平均の約18万円を大きく上回っている。中国人観光客はまさに日本のインバウンド需要を牽引する存在となっている。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2017年01月12日 10:35 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp