韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  「2017年危機説」の韓国経済

「2017年危機説」の韓国経済

韓国経済は危機に瀕している。巷では、2017年に韓国経済は危機に陥る可能性が高いという「2017年危機説」が囁かれている。それでは、なぜそのような噂が立っているかを取り上げてみよう。

08年の世界金融危機を的中させ、一躍有名になったニューヨーク大学のルービニ教授が使い始めて有名になった「パーフェクトストーム」という用語がある。この単語はもともと気象用語で、台風発生時に悪い気象条件が重なり合い、台風がものすごい破壊力を持つようになることを指す。そして経済でいう「パーフェクトストーム」とは、悪い材料が同時に発生して、経済に大混乱をもたらすことを意味する。

まさにそのような現象が、韓国経済に発生しようとしている。2017年の韓国経済の悪材料を挙げるとするならば、次のようになる。「トランプ次期大統領の保護貿易主義」「米国の金利上げによる低金利時代の終息」「中国経済の失速」「韓国主力産業の競争力喪失」「家計負債の問題」「朴大統領スキャンダルによる政局運営の空白」などだ。

韓国経済の根本的な問題点は、人口は5,000万人と少なく、国土は狭く、天然資源に恵まれていなくて、韓国経済は外需に頼らざるを得ないという点だ。輸出と輸入の合計で算出する貿易依存度では、韓国は90%を超えている。すなわち韓国経済は、否が応でも世界の景気変動に晒されている。ところが、世界経済は不安定要因が多く、韓国経済の不透明感は増している。


韓国国内では、輸出だけでなく、内需の不振も数値として顕著に現れている。輸出が伸びなくても、消費が増えれば経済は成長するが、消費心理も冷え込んでいる。 その理由としては、今まで韓国の成長を牽引してきた主力産業が、すべて揺らいでいることが挙げられるだろう。自動車や鉄鋼、造船、海運など韓国を代表する産業は、販売不振と競争激化で苦心している。今まで韓国経済を牽引してきた重厚長大産業は、中国の低価格攻勢で、市場で急激にシェアを落としている。技術力では日本に、労働力などのコストでは中国に負けて、この分野で以前のような活気を取り戻すことは、ほぼ難しい。

アメリカは昨年の12月に金利上げに踏み込んだ。今後、時間をかけて徐々に金利を上げていくことによって、市場の衝撃を最小限に抑えるとしているものの、金利が上がることによって1,300兆ウォンを超える韓国の家計負債は大きな問題として浮上している。ただでさえ景気が悪化しているのに、金利が上がると、深刻な事態になりかねない。 韓国経済は景気の低迷にもかかわらず、個人レベルでは低金利時代をいいことに、借金することで踏ん張ってきた。それから政府は、建設投資と不動産で景気を支えてきた。昨年、韓国経済は2.6%成長しているが、建設と不動産を除いたら、厳密にいうとほとんど成長していないかもしれない。
http://www.data-max.co.jp/290110_ry01/

【管理人 補足記事&コメント】
韓国経済新聞は、韓国経済が厳しくなるという予想が強まると、外国資本が韓国に投資した資産を売って離れていくとし、一部の資本だけがこういう行動をすれば大きな問題はないが、多くの外国資本が同時多発的に韓国の資産を売って出ていけば、韓国の株式市場と貨幣は暴落し、外貨不足とともに経済危機が発生する可能性があると報じている。2017年の韓国経済の将来はそれほど明るくない。政府の成長率予測値は2.5%としている。

為替の動きは、企業技術の動きでもあるわけで、高齢化社会やその他の理由で、とにかく売れない状態と化せば、株は売られ、当然株価は下がり、企業は倒産へ追い込まれる。韓国経済低迷ではあるが、不正会計は別次元として、すべてのデーターを信用したと仮定すれば、経済成長率2.5%を予測している韓国は通貨危機となるのか…。という事である。家計負債は限界点とはいえ、中小企業は維持されている。

普通で考えれば焦る必要はないのだが、韓国メディアにしても、反日記事が消えて、必死な様相に変化しているわけで、すべて正しい記事を報じるとどうなるのだろうか…。反日記事で利益を得てきた韓国メディアとはいえ、あまりに自国の事を知らない自国民が多すぎる気がするが…。日本のODAについても自国民が内容を知り始めたのはつい最近でしかない。年寄り連中と自国政府に自国メディアが、自国経済・社会を悪くしていることに気が付かないようでは、世界で本当に必要がない国が韓国という事になりかねないが…。。。




関連記事

ブログパーツ
[ 2017年01月12日 11:04 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(4)
劉って人のこの記事は非常に的確ですね。しかし残念ながら劉氏は在日。
本来なら、こういった内容の記事を韓国紙が掲載すべきだが、本質が見えていない。
この事実を、どれだけの韓国人が認識しているのだろうか?
[ 2017/01/12 21:20 ] [ 編集 ]
危機が先送りされただけ
本来なら韓国経済の危機は去年訪れていた。
それがアメリカの景気停滞で、12月にやっと利上げが行われた。
弾けるはずだった不動産バブルも一年延長された。
そこへもってきて、中国の経済制裁、政治空白、日本人の嫌韓爆発。
倫理的に生まれ変わるヒマもないw
[ 2017/01/12 21:41 ] [ 編集 ]
GDPの粉飾決済を清算すれば既にマイナス成長?
<今まで韓国の成長を牽引してきた主力産業が、すべて揺らいでいることが挙げられるだろう。自動車や鉄鋼、造船、海運など韓国を代表する産業は、販売不振と競争激化で苦心している。今まで韓国経済を牽引してきた重厚長大産業は、中国の低価格攻勢で、市場で急激にシェアを落としている。技術力では日本に、労働力などのコストでは中国に負けて、この分野で以前のような活気を取り戻すことは、ほぼ難しい。>・・・つまりすでに衰退しているだろう。
さらに、ゾンビ企業と言われる、企業の利益で借り入れ金の金利だけを払う事で延命している膨大な数の企業の存在、金融緩和によって購入が厳しい住民が無理なローンを組んで住宅を購入。
この結果、身も掛け上のGDPはきプラスであっても、実は国も、企業も、個人も借金がどんどん膨らんでいる。
つまり、見かけ上のGDPを上げる為に借金を増やして粉飾決算しているといっても過言では無い。



[ 2017/01/12 22:20 ] [ 編集 ]
電子デバイスだそうで
この記事は韓国メディアではなくて、福岡市にある
データマックスという日本メディアの評論です。
ライターは在日20年の韓国人「日韓ビジネスコンサルタント」。

後編、中ほどに突然出てくるこの一文
「韓国社会は階級社会であることは筆者も知っていたが、これほどまでに
階級間の格差と葛藤があることは初めて知らされた。」

この一文が浮いている。何を言わんとするのか分からない。
経済悪化となれば下層にしわ寄せがきて、格差拡大だと
観測しているのでしょうか。
それとも、自分は韓国在住でなくて良かったと安堵しているのか。

仕事は、日韓のビジネス仲介だからネタが要る。
韓国の悪材料を並べるだけで仕事のネタがなくて苦しそうだ。
メモリなど電子デバイスが有望だと。
だがその分野はこのライターの生存エリアではないから気の毒だ。
[ 2017/01/13 00:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp