韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓銀「今年の経済成長率2.5%」

韓銀「今年の経済成長率2.5%」

今年の経済見通しがさらに暗くなった。 韓国銀行(韓銀)は13日、今年の経済成長率予測値を2.8%から2.5%に下方修正した。企画財政部の予測(2.6%)より低い。

李柱烈(イ・ジュヨル)韓銀総裁はこの日の記者懇談会で、「国内の民間消費が予想以上に鈍化しそうだというのが今回の修正のポイント」と話した。

金利への言及もあった。李総裁は「米国の利上げ回数に基づいて機械的に国内の政策金利を調整することはないだろう」と述べた。また「住宅・建設景気が鈍るだろうが、住宅価格の急速な調整はないはず」とし「今がバブルの状況とは考えにくい」と話した。

一方、韓銀はこの日、政策金利を7カ月連続で年1.25%に据え置いた。
http://japanese.joins.com/article/692/224692.html?servcode=300§code=300


【管理人 補足記事&コメント】
1979年10月の朴大統領の暗殺、それに続く全斗煥主導の軍事クーデターなどにより、韓国経済は初のマイナス成長となる。一方、1980年代初め頃から、経済の自由化政策が採用され始めた。特に、自由化が著しかったのは金融部門だった。1981年から銀行の民営化や新規参入の自由化が行なわれると共に金利の自由化が段階的に実施された。

1987~1991年第6次計画では、労働コストの増加は韓国商品の国際競争力を大幅に低下させ、労働集約的組み立て産業は次第に競争力を失うことになるが、プラザ合意による日本の円高が韓国商品の輸出競争力を相対的に高めたこと、相次ぐ賃金上昇は国民の所得増加をもたらし、これが国内需要を刺激し、これまでの輸出依存度の高い経済を内需に誘導したこと等により問題の顕在化が遅れ、その後の韓国は経済開発計画の初期段階から、政府主導による経済発展戦略を追求し、外資や低賃金政策により輸出を促進した。また政府は限られた財閥に各種の保護及び優遇措置や制度上の特権を与え支援したため、財閥は過度に拡大し、一方では政府と財閥との癒着と歪んだコーポレート・ガバナンス制度により、財閥経営上の透明性が欠如するに至った。

1985年プラザ合意以降の円高で、日本企業は海外に輸出用生産拠点を移し、日本に次いで台湾が東南アジアや中国に投資を急増させたことから、韓国企業も対抗上、海外に生産拠点を持たざるを得なくなり、周辺東アジア諸国への対外投資を活発に行った。また、金融の自由化を背景に、各財閥は海外から低利の融資を受け、積極的な設備投資や海外投資を行った。海外での資金調達について韓国政府はほとんど干渉しなかった。韓国企業は、また海外支店で外貨を借入れ、それを東南アジアやロシアで運用し、利ざやを稼ぐということを盛んに実施した。借り入れ資本を利用した財閥の拡大と多角化、過剰投資・重複投資・過剰雇用などにより、韓国企業の収益率は低下し、結果1997年アジア経済危機の影響を強く受け、大企業は破綻に至り、また財閥に過剰な融資を行った銀行は大きな打撃を受け、朝鮮戦争以来の最悪の経済状況を経験した。

その後、また財閥に代わって今後の韓国経済を担う新しい企業の発生や知識集約的産業への転換が強く認識されるようになり、特に知識基盤経済への移行の牽引役としてベンチャー企業への政策的支援が強化された。その後韓国は輸出の増加と引締め政策によって通貨危機と1998年の深刻な経済危機を乗り切り、2000年には外貨準備高は史上最高の800億米ドルを超えるなど、深刻な危機から完全に脱し、2001年になると、IMF からの借入金の返済を終えた。また2000年代に入って、企業の海外事業の拡大に伴い、韓国経済のグローバル化が急速に進んだ。韓国企業が海外、とくに新興国での事業(輸出と海外生産)を積極化させた根底には、狭い国内市場(GDP 規模は日本の約5分の1)があるが、2000年代前半のクレジットカード債務問題、消費不足、少子高齢化の進展などがその動きを加速化させた。

2017-01-14-k001.jpg

韓国の経済成長率には上記内容から、一つの周期性があるわけで、今度は経済低迷の原因が技術限界点であるから、加速的に低下すると考えれば、本来低迷期間が圧縮され昨年から危険状態に入っている。従って通貨危機などでは10年周期などが言われるのだが、それに付随して韓国経済には成長率周期があるわけで、今年から5年間の間でマイナス成長となることが伺える。もちろんその前に国があるのかどうかも問題なのだが…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年01月14日 11:04 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
2.5%も成長するなら、十分好景気で、少なくとも不景気とは言わない。
今の韓国の状況を見ていると、マイナス成長であると疑わざるを得ないけどね。
[ 2017/01/14 17:59 ] [ 編集 ]
ボーナスステージ終了
とうとう終わっちゃいましたね。
去年がピークでしたか…
これからは日本と差が開くばっかりになるでしょう。
好調な時は嫌われててもなんとかなるけど、これからは謙虚にならないと生き残れませんよ。

ムリだろうけどw
[ 2017/01/14 23:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp