韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスン「4回の言い変え」と遅い「後悔」

サムスン「4回の言い変え」と遅い「後悔」

「特検が流した(サムスンに不利な)内容をメディアがちゃんと確認もせず連日特筆大書している」
サムスンはこれまでメディアが特検側の話ばかり大きく報道し、自分たちの主張はまともに取り上げないとして強い不満を表わした。特検がサムスン電子のイ・ジェヨン副会長に賄賂罪を適用しようとするのに対抗し、サムスンは朴槿恵(パク・クネ)大統領の強要による支援だったと「被害者論」を展開する。

また、イ副会長の経営権引継ぎと関連して重要な山場であった2015年7月、サムスン物産と第一毛織との合併の過程で、国民年金が合併に賛成したこととサムスンがチェ・スンシル氏親子を支援したことは直接関係がないと主張する。特検がこのようなサムスンの主張を覆す証拠を明示的にまだ掲げてはいないため、このようなサムスン側主張が間違っていると速断するにはまだ早い。

しかし、サムスンがこれまで数回の嘘と言い変えで信頼を失ったことによる「ブーメラン効果」だという指摘も少なくない。サムスンは昨年9月末、ハンギョレが初めてチェ・スンシル氏国政壟断疑惑を本格的に提起してから、少なくとも4回は嘘と言い変えを繰り返した。初めてサムスン電子がチェ氏の娘チョン・ユラ氏に馬を買い与えたという報道が出ると、「全く事実無根」だと記者らに釈明した。その後、サムスン電子のパク・サンジン社長(乗馬協会長)が2015年8月、自らドイツに行ってチェ氏所有のビデックスポーツと220億ウォン(約22億4千万円)規模のコンサルティング契約を結び、80億ウォン(約7億8千万円)を支援した事実が明らかになると、「乗馬協会レベルで行われた支援」と言葉を変えた。

しかし、サムスンがチェ氏支援を直接主導し、肝心の協会はこのような事実を知らなかったという事実が続々と明らかになると、「チェ氏の側近である乗馬協会のP専務の脅迫があり、協会の内紛と腐敗のために協会を通じた正式な支援は不可能だった」と再び説明を変えた。しかしこれも長くは続かなかった。特検がイ副会長に賄賂供与の疑いを適用する兆しが明らかになると、「朴大統領が(7月25日のイ副会長との単独面談で)怒鳴りつけたため応じないわけにいかなかった」とし、“大統領による直接強要論”に再び変えた。サムスン関係者はこうした相次ぐ嘘と言葉変えについて「内部でも(サムスン電子広報側の)対応に問題があったという指摘がある」とし、今になって後悔している内部の雰囲気を伝えた。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/26252.html

【管理人コメント】
今回の問題では、明らかにサムスンの経営権継承での話であるから、サムスン会長への経営権継承とその資金の流れを形成したいがための合併である。国民年金という大株主の力を借りなければ、合併は難しい。サムスン副会長からすれば苦肉の策だろう。

経営権継承で世代を超えて、形成する財閥企業は、2世代或いは3世代になるにしたがって、企業も老朽化し、技術力も底をつき、企業経営自体が厄介な状態と化すことが多い。サムスンの場合は前会長が半導体事業を拡大し工場を増やしておいたことから、とりあえずはスマホ低迷となる先読みは当たってはいたが、本来は同時にバッテリー事業と材料開発に力を入れるとしたところで病気で倒れたわけである。サムスン副会長はそれを継承しなかった。

様々な憶測はあるが、まずは経営権継承と同時に持ち株制への移行が狙いなわけであるから、政府と連携した不正という見方が正しいだろう。むしろサムスンは政府と連携しない限りは、合併は難しかったわけで、国民年金を活用する見返りは当然の行為と言える。従って、この問題からサムスン副会長は逃げられない。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年01月16日 08:48 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL