韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  世界で「サムスンたたき」リスク浮上

世界で「サムスンたたき」リスク浮上

崔順実(チェ・スンシル)事件を捜査している特別検事が李在鎔(イ・ジェヨン)副会長について、贈賄の疑いで逮捕状を請求したことで、今回の問題は韓国国内の政治・経済にとどまらず、国境を越えた問題に発展するとみられる。

特別検事は2015年のサムスン物産と第一毛織の合併過程で国民年金の賛成を取り付ける見返りとして、サムスンが約430億ウォン(約41億8000万円)の賄賂を支払ったとみている。今回の捜査を根拠として、米国など主要国が汚職防止関連の法律に基づき制裁に動く可能性を否定できなくなった。世界的に景気が依然回復せず、主要国による保護貿易主義の傾向が強まる中、韓国を代表する企業であるサムスン電子をけん制する機会を逃すことはないとみられるからだ。特に20日に就任するトランプ米次期大統領は昨年の大統領選の過程で韓米自由貿易協定(FTA)の改定まで主張しており、サムスン電子が韓米通商交渉の「人質」にされる状況も考えられる。

■海外で一斉にサムスンたたきも
李副会長が司法処理された場合、米政府は海外腐敗行為防止法(FCPA)による制裁を検討する可能性がある。1977年に制定された同法は米国企業だけでなく、外国企業であっても米国の株式市場に上場している場合、外国の公務員に賄賂を贈るなど不正な方法で公正な競争を害したと判断されれば、処罰を行うことができる。制裁権限は米司法省と証券取引委員会(SEC)が握っている。

サムスン電子は米国上場企業ではない上、米国で株式同様に売買が可能な米国預託証券(ADR)を発行したこともない。しかし、2008年の改正でFCPAの適用範囲が拡大されたため、制裁対象になり得ると指摘されている。

法務法人多来の崔昇宰(チェ・スンジェ)弁護士は「韓国本社から米子会社に商品を輸出しており、(賄賂で得た利益が)米国事業を支援する役割を果たしたと見なし、FCPAの適用を受ける余地がある」と述べた。トランプ政権が韓国の貿易黒字を理由に「韓国を為替操作国に指定する」と圧力を加えてくるとの見方もある中、米国を代表する企業アップルのライバルであるサムスン電子に米国が友好的な態度を示すことはないとみられている。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/01/18/2017011800694.html

【管理人 補足記事&コメント】
朝鮮日報は、賄賂の額を基準に過去の事例と比較すると、サムスン電子も数千億ウォンの罰金を科される可能性があり、米連邦政府との事業が禁止されたり、企業の合併・買収(M&A)を拒否されたりとさまざまなペナルティーが課されると伝えている。サムスン電子は15年の売上高200兆6500億ウォンのうち25%(約50兆ウォン)を米国市場で稼ぎ出しており、米国への依存度が高い。仮にさまざまな罰則や制裁が現実となれば、衝撃は非常に大きなものになると報じた。

政府・財界は15年のサムスン物産・第一毛織合併に反対した米系ヘッジファンド、エリオット・マネジメントが特別検事による李副会長の逮捕状請求を根拠に投資家対国家の紛争解決(ISD)制度で提訴する可能性も指摘されている。サムスン物産の合併は既に完了しているため、それ自体が無効になることはないが、合併比率などをめぐり、法廷での攻防に持ち込むことが可能だという。いずれにしてもサムスンにとって有利な話は一つもない。利益減少している中でアメリカでの利益も減少すれば、他国における影響も出始めるだろうし、韓国経済にとっては踏んだり蹴ったりとなる。当然アメリカにおけるサムスンペイ戦略も失敗となる。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年01月18日 10:06 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(3)
血迷ったなw
サムスンは韓国にとって心臓だろうにw
心臓が苦しいからといって、心臓摘出したら生きていけないよ。
こりゃ面白くなりそうだ。

[ 2017/01/18 21:14 ] [ 編集 ]
え~と..
今夜あたり、 逮捕に踏み切るかどうか決まるんじゃなかったですかね? 愚生は、 多分逮捕しないと予想してます。

一義的には南鮮経済に取って致命的だからだけど、 それ以外に、 サムスンだって黙ってないと思うから、 そうなると、 叩けば埃が出る連中が、 政府内や役所内にも大勢いそう。

サムスンだけじゃないです、 南鮮の財閥っちゅうのは、ロッテにしても、 LGにしても、 現代自も似たり寄ったりのはず、 そうなると南鮮経済は二進も三進も行かなくなるし、 財閥側だって“安全装置”くらいは用意してそうに思えます。

「背に腹は“代えない”」 連中ですし、 清濁併せ呑むんじゃなくて、 好んで 「濁」 ばっか呑んでるような連中です。

南鮮検察の言う“正義”なんてちゃんちゃら可笑しいし、 もし逮捕されたとしても、 北鮮工作など、 別のフォースが働いたんだと考えるまでです。

この度は、 たまたま大統領のスキャンダルが出たワケですが、 南鮮人の“特性”を考えたら普通の事です。

不正や癒着が網の目のように、 縦・横・斜めに張り巡らされてるのが南鮮だと考えます。
[ 2017/01/18 22:16 ] [ 編集 ]
次世代主力候補としてバイオ関連へ投資してますから、買収できなくなったら不味いでしょうね
[ 2017/01/18 23:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL