韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  独島に少女像を設置する動きをどう見るべきか?

独島に少女像を設置する動きをどう見るべきか?

独島(日本名・竹島)について何か言及する度に、いつも参照するのは、盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領が2006年4月に発表した「韓日関係に関する特別談話文」だ。談話文が強調するのは、独島は「単なる小さな島に対する領有権問題」ではなく、「日本との関係において、誤った歴史の清算と完全な主権確立を象徴する問題」という“峻厳な事実”だ。だからこそ、京畿道議会議員たちが日本軍「慰安婦」問題に対する日本政府の正しい対応を求めて、独島に平和碑(少女像)を建てる募金に乗り出したことを、むやみに批判するのは難しい。

にもかかわらず、あえてこのような文を書くのは、戦時下の女性に対する拭えない“国家犯罪”である慰安婦問題に、韓日間の“領土問題”である独島問題を絡ませた時に発生しうる様々な困った問題について、もう少し冷静に考えてみてほしいという願いからだ。

日本政府が“法的責任”を認める形で、慰安婦問題を正しく解決しなければならないというのは、国際社会の共通した常識だ。1996年国連(UN)クマラスワミ報告書が「慰安婦は国際人権機関の基準から見て、明らかに性奴隷」であり、「日本政府が法的責任を負って被害者らに賠償すべき」という結論を下した。以来、幾多の国連人権委員会が日本政府に同様の勧告を行った。ところが、“人権問題”である慰安婦問題に“領土問題”を絡ませてしまうと、国際社会が慰安婦問題に効率的に介入することが難しくなり、この問題の解決に向けて努力している日本国内の微弱な市民社会の活動をも制約する結果をもたらす恐れがある。

「独島少女像」が日本政府の態度を変えられるわけでもない。2012年8月、李明博(イ・ミョンバク)大統領が独島を電撃訪問した後、結果的に日本国内の独島問題はさらに悪化した。李大統領の独島訪問後、日本は独島を国際司法裁判所(ICJ)に提訴するというカードを持ち出した。1965年の韓日協定以来、日本政府が韓国による独島の実効支配を変更しようとしたのは、当時が初めてだった。以来、日本政府は2014年には小学校、2015年には中学校、2016年には高校の歴史・地理教科書に「独島は日本固有の領土である。韓国が不法占拠している」という内容を盛り込んだ。2012年、尖閣諸島(中国名・釣魚島)をめぐる日中間の対立と李明博大統領の独島訪問が「韓国にも無視されている」という日本の右翼の感情を刺激し、その力が極右政治家の安倍晋三氏を再び首相に押し上げるのに大きな役割を果たした。

ソウルの日本大使館前はハルモニ(おばあさん)たちが1300回近く水曜集会を開いた“歴史的”空間だ。この少女像が語っているのは“平和”である。独島の少女像は同じ意味で日本人たちに受け止められるだろうか。
http://japan.hani.co.kr/arti/international/26289.html

【管理人コメント】
日本の敗戦を利用し、戦争ができない日本に対して、反日政策で今なお慰安婦だの竹島だのと大騒ぎしている。日本の戦争責任で莫大な金額を関連国を支払い、復権しつつある日本を恐ろしいという目で見ているのが韓国であるから、日本がアメリカと対等になり、日本が他の先進国家と世界を先導するほどに、うらやましいと感じるのが本音だろう。最近の韓国は、反日よりは日本がうらやましいという本音のほうが勝ってきている。それは日本への渡航者数を見ればわかりやすい。2015年で400万人の韓国人が訪日している。逆に日本は180万にと大きく減少している。

反日加速の裏で、日本への渡航が増えれば、厄介な韓国人の不法滞在も増え、不法滞在の一位が韓国というのも異常である。日本は韓国と関わる必要はないのだが、韓国にとっては日本に見捨てられれば、今の韓国経済・社会の情勢では生活基盤を失うに等しい。今後中小企業の倒産連鎖が始まれば、手の平を返す様に日本にすり寄るのだろう。日本政府は韓国とさらなる距離を置いたほうが良いだろう。日本企業もそろそろ撤退させたほうが良いのではないか…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年01月19日 09:48 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL