韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  三星半導体をアウディに搭載、電装事業に本格参入へ

三星半導体をアウディに搭載、電装事業に本格参入へ

三星(三星)電子が、ドイツのアウディにアプリケーションプロセッサ(AP)「エクシノス」を供給する。三星電子が自動車メーカーに自社ブランドのシステム半導体を納入するのは初めて。エクシノスの販路をモバイルから車両用半導体市場に拡大したことを受け、三星電子が電裝事業に本格的に参入するシグナルだという声が出ている。

●プレミアムAPの「性能証明」を意味
18日、自動車や電子業界によると、エクシノスは、早ければ2019年からアウディ車両に搭載される。APは、コンピュータ中央処理装置(CPU)のように、電子製品の頭脳の役割を果たすシステム半導体だ。エクシノスとは、三星電子が従来のギャラクシーシリーズなどのフラッグシップスマートフォンのラインナップに納入してきたモバイルAPブランドだ。三星電子は、アウディに対して、20ナノDラムなどのメモリー半導体を供給してきた。今回、システム半導体まで納入することになり、自動車用半導体市場進出の確実な足場を持つことになったという評価だ。

アウディに使われるエクシノスモデルは、昨年、「ギャラクシーS7」に適用されたプレミアム級AP「エクシノスオクタ(8890)」だという。アウディは、この半導体をインフォテイメントシステムに採用する予定だ。インフォテインメントとは、車両内カーナビなどのディスプレイを利用して、情報やエンターテイメントを提供するシステムを言う。エクシノスは、早い処理速度や多重支援により、同時に4つのディスプレイを駆動させることができる。


車両用半導体は、モバイル半導体より高い信頼性が求められる。故障のために車両システムが麻痺すると、搭乗者の命が危険にさらされかねないからだ。三星電子のAPがアウディに供給されることは、耐久性や駆動安定性などの性能について、十分に証明されたことを意味する。アウディ・インフォテインメント開発責任者のアルフォンス・パーラー氏は、「三星電子のエクシノスプロセッサは、優れた性能や革新的パッケージ技術のリーダーシップを示した」と明らかにした。

半導体業界で部品供給契約を公開するのは大変異例のことと言える。顧客との秘密遵守条項のため、顧客が希望しなければ、契約成立そのものも秘密に付す場合が多い。業界関係者は、「三星電子は独自のAPの車両用半導体市場参入を明らかにしたことで、製品の優秀性を潜在顧客に知らせるなど、マーケティング効果を狙ったものとみられる」と話した。
http://japanese.donga.com/List/3/02/27/829084/1

【管理人 補足記事&コメント】
マイコン業界の世界市場でトップシェアはルネサスエレクトロニクスである。車載用半導体業界の市場シェアによれば車載用半導体業界の世界シェアランキング1位はNXPセミコンダクターズが位置している。一方で携帯電話用の半導体で最大手の米クアルコムは、オランダのNXPセミコンダクターズを買収するとした。買収額は470億ドル(約4兆9000億円)相当。新産業への参入加速とスマートフォン市場への依存軽減が狙いだ。

ルネサスエレクトロニクスは、三菱電機、日立、NECの半導体事業が統合して誕生したマイコン業界世界最大手。政府系ファンドの産業革新機構が筆頭株主。2016年に省電力半導体に強みを持つインターシルを買収している。Freescaleを買収したことでNXPはトップに立ったが、ルネサスは、2020年には車載半導体シェアの首位奪回を狙う。ルネサスの自動車向け事業を統括する執行役員常務の大村隆司氏は、2016年1月に開催された「国際カーエレクトロニクス技術展」でEE Times Japanのインタビューに対し、「2020年には、(世界車載半導体シェア首位が)再び、ひっくり返るはずだ」と述べ、4年後には再び首位に立つことを強調している。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年01月19日 10:13 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
これ笑うとこ?
この新聞記事はおかしいな~。専門家だったら笑い転げるレベル。まず、このカーナビなどを動かすSoCは普通の会社であれば6つのディスプレイを動かせる。サムスンは4つか。。。これ無料で納入なんじゃないか?ちなみにルネサスは同時に30個のパネルを動かせる。。。10年以上の技術差があるね。あと、車載マイコンは運転に使うCPUのことでこれは今のところルネサスにかなわない。昔のドイツ車はコンポが後ろにあり、そこでCDなどを動かしていた。対して日本車はフロントでカーエアコンやナビと一緒に動かしていた。。。これがルネサスなんです。世界中の高級車はルネサスマイコンないと仕事にならないんです。じゃ、なぜシェア―が50%あるかないか?そりゃー、インテルなどがCPUを4つも6つも搭載しているECUを売っているから。でもこれは一括コントロールでないので消費電力や性能に劣る。
あと、この一つのマイコンで。。。という技術は元NECの技術で、日本以外の会社はとうの昔にあきらめています。
それと、サムスンのチップはクアルコムとの契約があるから自分たちから勝手に商売できない。もし、ちょっとでも儲けたらクアルコムとの訴訟が待っている。なぜ?クアルコムが技術供与したから(自社製品のみ使用許可というしばりで)。というか、ボタン押せば今のスカラー型CPUは作れますからね。
だから、みんな大笑いしてやってください!私はこの記事みて吹き出しました!!!
あと、DRAMも今はボタン一つで作れます。たとえば、10兆円あれば、ベネズエラでも旧エルピーダを抜かせます。なぜ?日本人はプライドがあり、日本では98%の歩留。
日本以外のアメリカ、韓国、台湾などは80%で大量生産して良品を稼いでいる。。。
日本は20年前の施設を今でも大切に使っている。だから、儲けが出る。本当はインテルもサムスンも数年毎に設備投資しているから儲けはない。だからインテル、AMDは赤字。サムスンは赤字でない?それは会計で飛ばしが許されているからです。そんな会計決算できる国と決算で勝負できません。無視すればいいんです。が、くさった日本のマスゴミがあおるからあほな一般市民はだまされる。。。
[ 2017/01/19 19:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp