韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  消えた来韓中国人観光客…済州の「春節特需」に赤信号

消えた来韓中国人観光客…済州の「春節特需」に赤信号

大型バス30台以上を収容できる済州市内の観光地、竜頭岩の公営駐車場。19日午後に訪れてみると、駐車場は閑散としていた。中国人観光客用の貸し切りバス数台が停車しているだけで、バスは十数分に1台、出たり入ったりする程度だった。近くで土産物店を営むムンさん(45)は「昨年の今ごろは中国人観光客でいっぱいで、駐車場が満車で入れないほどだった。それが昨年の後半から中国人観光客が減り始め、売り上げは3割ほど落ちた」と嘆いた。

中国最大の連休となる「春節(旧正月)」を前に、済州島の観光業界に暗雲が立ち込めている。ここ数年、済州の観光業は中国人観光客の増加で好況に沸いていたが、その中国人観光客が今年は激減することが予想されているからだ。済州道観光協会によると、春節連休(1月27日-2月2日)の1週間に済州を訪問することになっている中国人観光客は4万2880人。前年同期の5万1385人より8500人ほど少ない。このうち航空機(直行便、経由便含む)で済州を訪れる予定の中国人は2万5920人で、残りはクルーズ船で立ち寄る観光客だ。航空機利用の観光客数だけで比較すると、昨年(4万1490人)より37.5%も減少することになる。

済州道観光協会は、中国政府が訪韓観光客の規模を縮小し、韓国行きのチャーター便の運航を認めなくなったことが、観光客減少につながったと分析している。韓国が、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備を決定したことに対し、中国が「報復性の締め付け」を強めているのだ。済州道観光協会の関係者は「中国政府は、韓国の航空会社が1-2月に申請した桂林-済州便など6路線を認可しなかった。春節連休中の定期便と不定期便はそれぞれ前年比10%減、同50%減となる見込みだ」として「今年に入り、18日までに航空機で済州島と訪れた中国人観光客は5万3891人で、前年比で6.8%減少した」と説明した。


中国人観光客の減少は売り上げの不振に直結し、観光業界は悲鳴を上げている。済州島の貸し切りバス運送事業組合の関係者は「中国人の団体観光客がぱたりと途絶えたせいで、貸し切りバスの稼働率はわずか10-15%にとどまっている」と話した。中国人観光客が化粧品や医薬品を購入するスポットとして有名になった済州中央地下商店街は、売り上げが約70%も減少し、土産品として人気だったチョコレートの注文量も30%ほど落ち込んだという。さらに、この1年はクルーズ船が730回(計28隻)済州に寄港する予定だったが、2社が済州への寄港を減らしたため、寄港回数が704回に減少し、関係者は不安を募らせている。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/01/19/2017011903057.html

【管理人 補足記事&コメント】
日本人客激減のダメージは、韓国の観光業界を直撃した。済州島と大阪を結ぶ大韓航空の直行便路線は近い将来、廃止を余儀なくされると観測されている。2015年、この便で済州島を訪れた日本人は約5万1900人だった(1~10月)。前年同期(約7万2000人)と比較して3割減り、完全な赤字路線となった。それ以上に影響が深刻なのは、高級ホテルで、日本人客が激減する一方、中国人客は増えてはいる。そのため、免税店などの売り上げは彼らによってカバーされる。

しかし、中国人と日本人ではツアー目的がまったく違う。韓国を訪れる中国人は、買い出しが目的で韓国を旅行している。訪韓中国人の多くはゲストハウスやビジネスホテルなどに泊まって出費を抑え、その分を買い物に回す。従って宿泊費の高いホテルなど、ほとんど利用しない。韓国メディアも高級ホテルの惨状を盛んに報じている。ほとんどの高級ホテルで日本人観光客が30%以上減少し、以前と比べて半分になった高級ホテルもあり、客室ががら空き状態だという。当然のごとく業績も悪化。韓国の「新羅ホテル」は2014年、206億ウォンの赤字となり、「ロッテホテル」も2012年には447億ウォンだった営業利益が、2014年は243億ウォンに激減した。

訪韓中国人をアテンドする中国の旅行業者は、ツアーバスなど何から何まで儲けが自分たちの懐に入る仕組みを作り上げている事で、訪韓中国人が増えても韓国の旅行業者にカネが落ちない現実を考慮すれば、中国経済低迷の加速で今後さらに赤字増大となるだろう。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年01月20日 11:49 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
中国政府の規制強化、経済失速、コト消費への意識の変化、ぼったくりなどによるリピートの減少など複数の要因で、韓国の韓国業界は青色吐息でしょうね。
日本からの観光客数減少も長期化するでしょうし、崩壊寸前でしょう。
平昌オリンピックで、観光客数が盛り返すのか見ものですね。
[ 2017/01/21 15:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp