韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  「米国第一」主義を宣言 TPP離脱を正式表明 「米国を再び誇り高く、安全で偉大な国にする」

「米国第一」主義を宣言 TPP離脱を正式表明 「米国を再び誇り高く、安全で偉大な国にする」

昨年11月の米大統領選を制した共和党のドナルド・トランプ氏(70)が20日(日本時間21日未明)、首都ワシントンの連邦議会議事堂で宣誓し、第45代大統領に就任した。就任演説で「米国第一」主義を宣言。新政権はホワイトハウスのウェブサイト上で、戦略的経済連携協定(TPP)からの離脱方針を正式表明した。

実業家出身で、公職経験や軍歴のない初めての大統領。1期目としては最高齢となる。共和党政権は8年ぶり。トランプ氏は演説で雇用創出や国境管理強化などを通じて「米国を再び誇り高く、安全で偉大な国にする」と強調。既成政治との決別を訴えるとともに国民に融和と結束を促し、米国の再建を誓った。

TPP離脱のほかメキシコ国境への壁建設を伴う不法移民対策に乗り出す構え。世界の秩序が大きく変動する可能性がある。

トランプ氏は演説で「権力をワシントンからあなたたちに移行する」と表明。「イスラム過激派によるテロを地球上から根絶させる」と約束し「私たちは国境を守らなければならない」と呼び掛けた。(共同)
http://www.sankei.com/world/news/170121/wor1701210038-n1.html

【管理人 補足記事&コメント】
ロイター通信は、ドナルド・トランプ氏は20日、米連邦議事堂で開かれた式典で宣誓し、正式に第45代米大統領に就任したとし、就任演説では、国内外で「米国第一主義」の政策を推進すると表明したと報じた。トランプ大統領は、米国民に対し「今この時はあなたがたのものだ」とし、「ワシントンからあなたがたに権力を取り戻す」と述べた。その上で「きょうから新たなビジョンがこの地を統治する。これからは米国第一主義だけだ」とし、雇用の国外流出で苦しい立場に追い込まれた中間層の底上げを目指すとした。

米国はこれまで国内企業を犠牲にして外国企業を豊かにし、他国軍に資金援助する一方で米軍を疲弊させ、海外での巨額支出で米国内のインフラ老朽化を招いたとも指摘している。

さらには、「中間層の富は奪われ、全世界へと再分配された」とし、こうした状況に終止符を打ち、「通商、税制、移民、外交に関するすべての決定は、米国の労働者と家庭に恩恵を与えるものにする」と言明した。(スナップ活用)米国製品を買い、米国民を雇うという2つのルールが政策の原則となるとした。トランプ新政権は就任式直後、環太平洋連携協定(TPP)からの離脱を表明。北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉へのコミットメントも明らかにし、カナダとメキシコが米労働者への公正な取り決めを拒むようであれば、NAFTAからの離脱も辞さない構えを示した。

実業家らしいと言えばそれまでだが、アメリカ大国だから世界のための貢献度を維持しつつ云々という言葉には聞こえないわけで、まずは自国経済における失業率を回復させることに専念しそうだ。同時にアメリカが不利な問題は即対応し、アメリカに有利となるべく行動をとる動きに感じる。オバマは史上最悪な大統領だったが、トランプ大統領は雇用に目を向けすぎると、日本企業のトップとてバカではない。むしろ投資という言葉でアメリカ企業買収或いは提携による利益拡大に舵を切る可能性もあるだろうし、今のアメリカ失業率は改善できても数値上ではわずかとなる。問題はそのために、アメリカという国の世界の位置付けを低下させれば、世界の軍事安定という部分で、俺も俺もが多発する可能性がある。

第二第三の中国が出てこないことを祈りたいが、その仲介的役割が日本となりそうだ…。また日本経済とっては良い悪いは、ある意味では考えやすいともいえる。損得計算で動く大統領であれば、互いに有益な話は蹴飛ばさないだろう。一方、日本政府は在日米軍の莫大な費用は、まだ必要不可欠であるが、急速に自立へ向けて動ける状態となる可能性は高くなったわけで、ある意味では日本政府の動きは活性化するだろう。その一方で日本国内では戦争世代ではない反対派の論議が勃発しそうだが…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年01月21日 10:45 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(4)
一人よがりのアンポンタンにしか見えません
まだ閣僚の決定承認されたのはたったの2人、それもトランプ大統領と意見が違う、すでに閣内不一致である
大丈夫かいな ? 半年も経たないうちに俺とは意見が違うから、お前はクビだじゃ困るんですけど。
既存の殻を破るということはこのくらい異端児でなきゃダメなのか
今やってることはオバマ政権の否定だけ、中止、見直しにサインしているだけで、自分の考えも、その進め方もまだ全然伝わってこない、この年をして性スキャンダルが出てくるのも異常である、3人変えても物足りないようだ、
昔田中角栄という政治家がいたが、自分のことをぼろくそ書く記者を優遇したらしい、まず飯食ったかで、声をかけ、近寄り一緒に飯を食い飲ます,何度か繰り返し、たまにはいい事書いてくれよ、で味方に付ける
田中氏の第一秘書の早坂氏はバリバリの共産党員、何で自民党総理の田中氏の秘書をやっているのか不思議、男が男に惚れたと彼は言っていたが。

新大統領はまるで子供、最初の記者会見なのに異常な雰囲気、割と気が短いようだ、いずれ海戦、山戦のベテラン記者達のおもちゃにされるだろうね、ひっかけ質問いっぱい用意してるよ
さあ、良くても、悪くてもスタートしたんだから、お手並み拝見ですよ、日本国総理も大変だ、
ただ、米国にも弾劾された大統領もいるので、無能と判断したら早い方が傷口が浅くて済む、2度と変わり者は選ばないようになる、米国民の有権者も勉強代と思えばいい、何の職業でもプロになるには20年以上は転ばないと人間が丸くならないでしょ。経験無しではね、素人ちゅうことやね。
[ 2017/01/21 16:50 ] [ 編集 ]
方針転換は1年後?
TPPから離脱すると言って当選したのだから、とりあえず離脱宣言はするだろうが…
アメリカの貿易赤字の半分が中国との貿易によるものだ。
その中国との貿易戦争に勝つための最大の武器がTPPなのだが…
トランプは本当に輸入品に好き勝手に関税をかけることが出来ると思っているのだろうか?

[ 2017/01/21 20:56 ] [ 編集 ]
逆ストリップ
裸の王様トランプが、だんだん服を着ていくことになるのでは?

アメリカ抜きのTPP、やるかどうかは別にして準備だけはしておく価値がありそうだ。

[ 2017/01/21 21:02 ] [ 編集 ]
まずFRBとやってくれ
誰も注目しないが、これが現実。

トランプ就任演説 1/20
「私たちは雇用を取り戻します」

ロイター12/3
「米雇用者数、11月は17.8万人増 失業率は約9年ぶり低水準」

FRBイエレン議長(1/18)
米FRB議長 ことし前半の利上げ可能性を示唆
雇用情勢と物価上昇率が目標に近づいている
・・トランプ就任直前に言ったというのが意味深だ。

どうも、トランプとFRBは調和していないようです。
トランプのいう「雇用」は、国民にもっと給料が高い
職を用意する、という意味なのだろうか。
それはどういう職業だろう?
それができたら、下層の仕事は誰がやるのだろうか。
[ 2017/01/21 23:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL