韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスン、シャープに563億円の損害賠償請求

サムスン、シャープに563億円の損害賠償請求

サムスン電子が日本のシャープの大型テレビ用液晶表示装置(LCD)供給停止に対して4億9200万ドル(約563億円)の損害賠償請求を起こした。

これは、電子業界関係者が20日、「サムスン電子はシャープなど日本の3社を相手取り昨年12月22日、米ニューヨーク国際商工会議所(ICC)に仲裁を申し立てた」と語って分かったものだ。サムスン電子が請求した損害賠償請求額は4億9200万ドルだという。

サムスン電子は昨年9月、シャープから2017年テレビ用LCDパネルの供給を受ける契約を結んだ。ところが、シャープ側は昨年11月、サムスン側にパネル供給を中止すると一方的に通告してきた。当初の契約台数は600万台で、サムスン電子が1年間に生産する量の10%前後に達する。サムスン電子は現在の不足量をLGディスプレーなどから供給してもらう方向で推進している。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/01/21/2017012100312.html?ent_rank_news


【管理人 補足記事&コメント】
日本経済新聞は、韓国サムスン電子が、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業傘下の堺ディスプレイプロダクト(SDP、堺市)に液晶パネルの供給を止められたことによる損害賠償を求めていることが分かったとし、請求額は4億2900万ドル(約490億円)。パネル供給停止はシャープとSDPを傘下に収める鴻海によるサムスンけん制の色合いが濃く、サムスン側が対抗措置に出たと受け止められていると報じた。

シャープ、SDPとともに黒田電気が賠償請求され、サムスンは黒田電気を介してSDPのテレビ向け液晶パネルを調達している。サムスン側への供給は2016年末に止まった様だとした。 サムスンは16年12月22日に国際商業会議所(ICC、本部パリ)の米ニューヨーク州にある事務所に供給停止に伴う損害の賠償を求めて仲裁を申し立てた。黒田電気は鴻海とサムスンとの板挟みになった格好で、申立書が17年1月5日に届いた。シャープとSDPにも届いたとみられるが、シャープは「コメントを控える」とした。

グローバル企業は紛争に備えて国際仲裁機関の利用を契約書に盛り込むことが多い。当事者と関係がない第三国の仲裁人を選ぶことで中立性を保てる利点がある。黒田電気などは今後、仲裁人を選ぶ手続きを始める。 SDPの供給停止は価格など条件が折り合わなかったことが主因だが、鴻海がグループ内で自社ブランドテレビ向けの供給を増やす狙いも透けて見える。一方、サムスン側は「突然通告を受けた」(関係者)という。足元の液晶パネルの需給は逼迫しており、鴻海側がサムスンを揺さぶる狙いがあるとすれば、ある程度は奏功したはずとしている。

仲裁とは、紛争が起こった場合に、裁判所に解決を求めるのではなく、当事者が紛争解決を公正・独立な第三者(仲裁人という)の判断に委ね、その判断(仲裁判断という)に従うという合意に基づき紛争を解決する手続をいう。仲裁判断は、裁判所の確定判決と同じ効力を持つ。国際商事紛争に関する各国裁判所の判決が国境を越えて執行できないという問題を解決するために、1958 年に国際連合によって作成され、現在156か国が加盟する『外国仲裁判断の承認及び執行に関する条約(ニューヨーク条約)』がある。

この条約を活用すれば、外国企業との商事紛争であっても仲裁判断がその外国企業がある国で執行されるので、諸外国の企業は、国際商事紛争が生じた場合、裁判ではなく仲裁制度を上手に活用することが一般的と言われる。契約書には、「紛争解決方法として仲裁」を、そして、「日本で仲裁を実施する」という自社にとって有利な仲裁条項を規定しておくことが、いざという時の貴重な備えとなる。

今回の場合は部品納入における受注契約があるのかないのか、営業及び生産管理面での契約は難しい。普通は数社購買を用いるが、供給における訴訟問題というのは、サムスンにとって有利か不利かは、状況が切羽詰まっているとも考えられる。LGが供給しなければ、サムスンはこの部品を使う製品において大損害となるだけでなく、製造企業として重要部品製造技術規模がないことを露呈したわけで逆にサムスンの首が閉まる可能性もある。



最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年01月22日 08:32 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(5)
サムスンのシャープに対する損害賠償請求は諸刃の刃
サムスンのスマホやテレビにはLCDパネル以外にもコンデンサやコイル等数多くの日本製部品が使用されているが、今回の騒動を目の当たりにした日本企業は警戒を強めて、革新的部品をサムスンと取引する事に慎重になるだろう。
[ 2017/01/22 09:26 ] [ 編集 ]
判例
ここは判例を。2000年代初頭にシャープが価格が折り合わないとのことでアップルへのパネルの供給を断った。これは、韓国新聞の書き方の違いだが、同じこと。では、アップルは裁判をおこしたか?おこさず、裏でシャープ包囲網を作り、シャープを追いやった。
サムスンは訴訟したのは、現金がないからです。中国のサムスンは従業員の三分の一を解雇予定で中国政府ともめている。解雇できなければ、どこかから金をとるしかない。それがシャープだったわけだ。だって本当ならホンハイやフォックスコンを訴えればよい。でもそれはできない。それをやればホンハイを的に回す=世界中の企業を的に回すことになるから。。。日本企業だったら何をやってもいい。。。韓国だから起こったことだ。結果はどうなるか?シャープがかちたければ訴訟を長引かせればよい。ここ3年でサムスンは?兆円ほど現金が必要なので!んんん。。。なぜか過去のシャープがサムスンに立場がにている。現金がほしいという立場でいうと!そうると先は見えている。
[ 2017/01/22 10:37 ] [ 編集 ]
 高価格で見積もりを出せばいい
 サムソンに高い見積もりを出せばいい。取引条件として、前金100%とか
[ 2017/01/22 12:02 ] [ 編集 ]
日本のシャープ?
シャープは実質中国企業になったんだから、日本関係ないけどね。
朝鮮日報は、あえて日本企業と書くことで反日要素を出したのかな。
サムスンは適当なとこで引かないと、中国に報復されるよ。
[ 2017/01/22 22:18 ] [ 編集 ]
韓国に物を売るのはそこそこに。韓進海運ー大韓航空の親会社、同様で最後に何をするか分からない韓国。
[ 2017/01/23 18:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp