韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  安倍首相、3年連続で韓国を「基本的価値共有」国から除外

安倍首相、3年連続で韓国を「基本的価値共有」国から除外

安倍晋三首相が20日、通常国会の演説で韓国について「戦略的利益を共有する」と明らかにした。一次元さらに高い関係を意味する「基本的価値を共有する」という表現は3年連続で使わなかった。一方、豪州とインドに対しては「基本的価値を共有する。連帯を強化する」と述べた。ソウルと釜山(プサン)の慰安婦少女像をめぐる葛藤に続き、京畿道(キョンギド)議会の独島(ドクト、日本名・竹島)少女像設置の動きに不満を表し、韓国に圧力を加えたものだと、日本メディアは伝えた。

安倍首相は施政方針演説で「韓国は戦略的利益を共有する最も重要な隣国」とし「これまでの両国間の国際約束、相互の信頼の積み重ねの上に、未来志向で、新しい時代の協力関係を深化させていく」と述べた。

韓日慰安婦合意直後の昨年1月は「新しい時代の協力関係を築く」と述べたが、今回は「両国間の国際約束」を新たに言及した。最終的・不可逆的な慰安婦合意を前面に出し、少女像撤去を要求する意図とみられる。李鍾元(イ・ジョンウォン)早稲田大大学院アジア太平洋研究科教授は「安倍首相は日米同盟を中心に自由・民主主義・市場経済を重視する価値観外交を強調している」とし「価値共有を抜いた発言は韓日関係を一段階低く位置づけるものだ」と解釈した。続いて「両国の関係を豪州・インドとも差別化する背景には、韓国政府の中国側への傾斜を防ぎ、韓日米体制の完ぺきな帰属を促す意味が大きい」と話した。

安倍首相は憲法改正に強い意志を表した。「憲法施行から70年の節目を迎えた」とし、国会憲法審査会の具体的な改憲議論を要求した。「未来を生きる世代のため、次なる70年に向かって、日本をどのような国にしていくのか、その案を国民に提示するため、憲法審査会で具体的な議論を深めよう。未来を開くことはすべての国会議員の責任だ」と語った。

米国のトランプ政権と関係を強化する考えも明らかにした。「日米同盟こそがわが国の外交・安全保障政策の基軸」とし「できるかぎり早期に訪米し、トランプ新大統領と同盟の絆をさらに強化する考え」と話した。
http://japanese.joins.com/article/934/224934.html?servcode=A00§code=A10

【管理人コメント】
韓国大統領がいない状態で、利用価値もない韓国である。
安倍総理が韓国に向けて言葉を発信する必要もない。

というよりも外交ができない韓国と化しているわけで、言葉すらないのが事実だろう。「基本的価値共有」など論外である。反日むき出しの韓国にたいする言葉はない。経済低迷にもかかわらず、態度対応が日本に対する合意契約に違反しても、韓国政府は知らんふりでは困りごとである。日本政府としては何もしないで見ているだけしかないわけで、むしろ日本国内問題は山積みであるから、そちらを優先してほしいものである。

時事通信は「日米首脳会談を2月上旬にホワイトハウスで行う方向で検討されている」と報じた。当初27日に行う方向で調整されてきたが、日程が遅れた背景について日本政府の関係者は「先方(トランプ氏)の受け入れ態勢が整わないため」と説明している。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年01月22日 08:42 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(3)
基本的価値を逆とする国
南北朝鮮、及び中国を除く世界では国家間の政府同士が決めた取り決めは、政権が変わろうと勝手に反故出来ないと理解している。
ところが、かの国では民衆の気持ちが国家間の取り決めや法律より優先される。
これでは法治国家ではなく、そもそも国としての体すらなしていない。
[ 2017/01/22 09:03 ] [ 編集 ]
サヨナラ韓国
「基本的価値を共有」
これを外すってことは、外交的に仲良くしませんよっていう表明なんですよ。
「戦略的利益を共有」
これは限定的に協力出来る部分は協力しましょうってことです。

韓国とはだんだん離れていきます。
もちろん向こうは刷りよってくるでしょうが、横向いてればいいと思います。
[ 2017/01/22 10:47 ] [ 編集 ]
所詮! 近親相姦血統の異常なDNAは有名な話だぞー(笑)
昔に試し腹や、身内を平気で犯す朝鮮人だからな〜 ネットで調べれば有名な話だぞー(笑)

危険なDNAチョン!
[ 2017/01/23 08:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL