韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  結局“外部”に押しつけたギャラクシーノート7燃焼原因

結局“外部”に押しつけたギャラクシーノート7燃焼原因

サムスン電子がギャラクシーノート7問題の原因は、バッテリー自体の欠陥だという調査結果を出した。しかし、それぞれ別の業者が納品したバッテリーが同時に問題を起こした過程に対し“検証責任”だけを認める結果で責任回避ではないかという指摘も出ている。

サムスン電子のコ・ドンジン無線事業部長(社長)は23日、ソウル瑞草洞(ソチョドン)社屋でマスコミ説明会を開き、「ギャラクシーノート7の焼損はバッテリー自体の欠陥によるものとの最終結論を下した」と明らかにした。サムスン電子は研究陣700人あまりが20万台のギャラクシーノート7とバッテリー3万個を動員した大規模充放電実験で焼損現象を再現したと説明した。米国の安全検証機関ULとエキスポーネント、ドイツのテュフラインランドなどの外部機関も調査に参加した。

サムスン電子は初期製品に登載したサムスンSDIのバッテリーとリコール後に装着した中国のATLバッテリーの両方に問題があったと明らかにした。サムスンSDIのバッテリーは右隈を押される現象と薄い分離膜が問題であり、ATLのものは正常でない融着突起と絶縁テープ未付着などがショートを誘発し焼損したと調査された。コ社長は防水機能の強化により熱が逃げられなかったり、バッテリー保護回路のアルゴリズムが誤った可能性など推定された他の欠陥原因は事実ではないことが明らかになったと説明した。

サムスン電子は、調査結果に基づいて実際の使用環境を考慮した加速試験を強化するなど「8ポイント・バッテリー安全性検査」を導入した。バッテリーの安全設計基準も強化すると明らかにした。


サムスン電子は、ギャラクシーノート7の完成品で実験した時と、バッテリーのみで実験した時の発火率が同等であると出てきたので、バッテリーのみの問題であると確定できると説明した。しかし、どうして二つの納品企業のバッテリーがそれぞれ別の理由で発火したのかについては、疑問が完全に晴れることは難しいと見られる。ATLはアップルにも納品するなど、バッテリー技術力に優れたメーカーで、サムソンSDIもバッテリーが押される現象は以前にはなかったと述べた。

不良バッテリーそれ自体は各メーカーに責任を転嫁できても、高仕様製品を急いで出すというサムスン電子の計画やバッテリー納品業者との協力過程で無理があったという観測も依然根強い。これと関連してコ社長は「ギャラクシーノート7は企画段階で大容量バッテリーが最重要仕様の一つであった。バッテリー仕様目標は私どもが提示したし、発売前にこれをしっかり検証できなかったことに対する責任を痛感する」と述べた。だが、調査に参加したULの関係者は、大きさは小さく容量は大きくすることに対して「エネルギー密度が高いこと自体が焼損の根本原因ではない」と話した。また、コ社長はサムスンの「パルリパルリ(速く速く)」文化が今回の事態を招いたという指摘に対し「例年に比べ一週間から10日程度発売が早かったが、競争会社を意識して急いだことはない」と述べた。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/26329.html

【管理人 補足記事&コメント】
中央日報は、サムスン電子は23日、記者会見を開き、製品20万台とバッテリー3万個を使った大規模な実験を実施して原因を分析した結果、バッテリー自体の欠陥による発火であることが確認されたと明らかにしたとし、 この実験に参加した世界安全認証分野の先導企業であるグローバル科学会社「UL」など外部専門機関は、バッテリーのコーナープッシュ現象と薄い分離膜、非正常な融着突起と絶縁テープの未付着など、サムスンSDIおよび中国ATL社のバッテリーからそれぞれ欠陥が見つかったという意見を出したと報じた。

期待はしていなかったが、あまりにも情けない結果と言える。ギャラクシーノート7の内部はバッテリーがかなりの面積を占める。10%の余裕をつけるのが一般的といているが、バッテリの熱膨張は風船のような膨らみ方をする。バッテリーの熱を外部に逃がすのは死活問題で、ヒートシンクを利用してケースに逃がすのが一般的とはいえ、仮にバッテリーの問題とした場合、異常を検知し電源をシャットダウンする機能はないわけで、それ事態問題と言える。 また、防水が難しいというのは、バッテリーが大きくなるほどに防水対策に失敗すれば熱がこもり、放熱すらできなくなる。設計上の問題は、製造時の問題につながり、原因は複数あるのが一般的なのがクレームだ。それすら解析できないような企業では論外だが…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年01月24日 08:42 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
こんな事があっても..
南鮮国内のサムスン製スマホのシェアは落ちてないんでしょう?

なら、 南鮮人だけが使えばエエじゃん。

とにかく、 南鮮(特亜)製品なんて買わなきゃいいだけ。
[ 2017/01/24 09:15 ] [ 編集 ]
次は自動車用
これは再発防止になりませんね。
電池の受入れ検査は不可能。測って判断がつくことではない。

>サムソンSDIとATLに法的責任を問わないと明らかにした。

電池メーカーとはケンカ分かれしたくない。サムスンの台所事情。
次のビッグビジネスは自動車用電池。BMWなど、どうするのだろう。
BMWはサムスンからどういう教訓を得るのか。
[ 2017/01/24 12:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp