韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  トランプ米大統領、TPP離脱の大統領令に署名

トランプ米大統領、TPP離脱の大統領令に署名

トランプ米大統領は23日、選挙公約通り、環太平洋連携協定(TPP)からの正式離脱に関する大統領令に署名した。中国の影響が増す中、米国はアジア諸国と距離を置くことになる。

トランプ氏は、大統領令が「米労働者にとって素晴らしいことだ」と指摘。この日行われた労働組合幹部との会談では「すべての人や企業を国外移転させるばかげた貿易協定を停止させる」と述べた。

オバマ前大統領は中国の台頭に対抗するため、経済の軸としてアジア・太平洋重視の戦略へと転換。その一環としてTPP協定の合意を実現させたが、米議会の承認は得られていなかった。

トランプ氏の貿易政策を巡るスタンスは、国際通商協定により国内の仕事が奪われているという米国民の意識を映している。共和党は長らく自由貿易を掲げているが、環境は変わりつつあり、2012年の大統領選で共和党のロムニー候補の顧問を務めたフーバー研究所のランヒー・チェン氏は、「トランプ氏は長年はっきりしていたトレンドを反映している」と語った。


一方、シンクタンク「Center for the National Interest」のハリー・カジアニス氏は、トランプ氏がアジアの同盟国の不安をなくす別の方策を用意する必要があるとし、新たなアジア戦略の主軸として日本や台湾、ベトナムとまず接触すべきだと指摘した。
http://jp.reuters.com/article/usa-trump-executiveorders-idJPKBN1572MU

【管理人 補足記事&コメント】
日本では就任間もないトランプ政権の動向が憂慮されているが、ワシントンの関心は“その先”に移っている。「トランプ大統領は1年で消えるから、今からトランプ後を見据えるべきだ」という意見が、真顔で交わされているとし、大統領選中から、そして当選後にも暗殺計画が取り沙汰され、CNNやニューヨーク.タイムズなど「反トランプメディア」によるスキャンダル報道で辞任に追い込まれる可能性も指摘されてきたが、「最有力シナリオ」は別にある。米在住ジャーナリストの高濱賛氏は言う。

「ワシントンの政界関係者や政治記者たちはもっぱら『大統領になることだけが目的だったから、あとはすぐに放り出すのではないか』と噂しています。元国務省高官のドワイト・レイク氏が『トランプとトランプが選んだ閣僚、補佐官では外交安全保障政策は空中分解してしまう。もって1年だ』と言い切ったのに対し、そうなればトランプはあっさり辞めると言い出すはずだという声が共和党内からも上がっているという。

何とも大統領になったばかりでこれでは先が思いやられる。もっとも大統領になった時の反対デモの規模を考慮すれば、アメリカもまた韓国と変わりがない。自己都合な国となるわけで、ワシントンの政界関係者や政治記者は、『大統領になることだけが目的だったから、あとはすぐに放り出すのではないか』と噂しているというからあきれる。トランプ政権はいまだしっかりしていないわけで、トランプ大統領は外交経験もない。アメリカ国民が自国の恥だと叫び始めれば、今の韓国の様になりかねない。

大国アメリカがふらつくほどに世界経済はアメリカに踊らされることになる。もっともトランプの場合は、良いか悪いかのどちらかしかない。ただ語っていることは間違いではないが…。雇用促進の見返りが問題となるのは見え見えである。日本企業とて投資はするが、工場建設とは限らない。 様々な民族の集まりであるアメリカにとって、雇用以上に重要なことを除外しすれば、アメリカとて暴走しないとは言い難い…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年01月24日 11:32 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(7)
トランプ政権が長続きするとは思えない。
「米日首脳会談は後回し、
 日本に焦りと不安」
のトコに書いたのと関連しますが、 田中様が指摘されたように、 未だに体制が確定できないトランプ政権、 安倍総理が焦って会談する必要は必ずしも無いと考えます。

トランプは大統領を2期やりたいようですが、下手すりゃあ1期も保たない、 それはウスラバカの勘に過ぎませんが、 とにかくそう思えるのです。

愚生には、 トランプは、言うてる事とやってる事が矛盾してるように思える。

米国がTPP離脱と言うなら、名前なんかどうでも良いから、 内容はほぼ同じの、 別の経済連携協定を創ればいい。

大体、 米国人の約6割もトランプ不支持なワケで、 大統領選挙の仕組みがおかしいから大統領になっちゃっただけ、 ポピュリズムを背景にして当選したワケですし、 ならば結果を出せなければ見捨てられるのも早い気がします。 弾劾も有るカモ?

一例を挙げれば、 米国ほどの国で皆保険すらないのが不思議なくらいなのに、 オバマケアを廃止するという。 自らの支持者の首を絞めてるようなモンに思える。

トランプは 果実を成さないまま、 「徒花」 で終わるんじゃないでしょうか?

最後に、 野党は、 「トランプ大統領は信頼できる」 とした安倍総理の発言が問題と言うが、 じゃあ、 あの時点で他に何と言えばよいのか? 「ダメだこりゃあ」 と言うのか、 実際そう思ったって、 あの時点で言いはしないと思うが? 揚げ足取りはみっともないですよね。
[ 2017/01/24 12:11 ] [ 編集 ]
いつも楽しく拝見させて頂いております。

私は、トランプ大統領は古い知識しかなく、最近の経済の事を何もわかっていないのかもしれない。と、この頃思うようになりました。選挙中の発言は戦略ではなく真面目な意見だったかもしれないと。今回の日本車批判も既に関税は無いですし、自動車税の事を言っているのでしたら昔の米政府がよく言っていたので懐かしい感じですが、米車がなぜ日本で売れないのか全くわかっていない典型的な昔のアメリカ人という印象です。


共和党など議会とかでこれから色々諭すのかもしれませんが、日本政府は安保面以外はトランプ政権と一緒に何かをするような事は暫く避けた方が良いように思います。
安倍総理は色々理解してもらうように頑張るのでしょうが。

今回の米大統領選挙でわかりましたが、大統領によっては米政府に無理難題を言われた場合、日本が断れば米軍は撤退する事も有り得る。とわかったので、徐々にしか進めないかもしれませんが、ある意味チャンスですし自国防衛の拡大を急ぐ必要があるように思うこの頃です。
[ 2017/01/24 17:25 ] [ 編集 ]
署名は当然です
 選挙中に約束したことですから署名は当然です。
 署名しなければ、日本の民進党(民主党)と同じで口先だけの人間になります。
 ただ、トランプ大統領は切り替えの速い人のようですから、何らかの方策が出てくるのではないですか。
[ 2017/01/24 17:52 ] [ 編集 ]
ただね
ただね、新薬の有効期間が8年は短すぎですね。政治外交的に決まってしまいましたが、新薬の有効期間は最低でも10年ないと新薬開発をする会社が限られる。。。というか薬開発の発展が阻害されてしまうでしょう。ということは市場原理に沿わない会社、つまり、国のバックアップを受けた国の会社しか新薬開発はしなくなる。どこ?たとえば韓国とか。。。怖い!それは避けたい!
次に、乳製品ですが、TPPでは、日本の乳製品は太刀打ちできない。品質は良いかもしれないが、大量生産、良質低価格の乳製品に特化したニュージーランドなどに勝てません。つまり、製品の質が高く、バラエティに富んだ日本の乳製品が壊滅的な打撃をうける可能性があるということです。TPP加盟国は高価な日本製より安価な良質なニュージーランド製品を購入するでしょう。そして、日本の乳製品が消える。。。考えたくもないですね。
まあ、理系、文系の知識双方の判断が必要なんですねTPPは!


[ 2017/01/24 18:40 ] [ 編集 ]
ところで..
南鮮の、柳一鎬(ユ・イルホ)経済副総理が先々週、トランプと接触する為にNYを訪れたようですが、トランプ側は面会を断ったとか。

マーク・リッパート元駐南鮮大使の後釜も決まってないみたいだし、トランプ陣営のゴタゴタもあると思いますが、 完全に眼中にないのカモ知れませんね。

次の駐南鮮大使は..

トニー・マラーノ氏(テキサス親父)なんてのは如何なモンでしょう?
[ 2017/01/24 19:27 ] [ 編集 ]
インフレ
記事の話題はTPPですが、
米国の輸入先は、中国、カナダ、メキシコ、日本、ドイツ。
すべての貿易協定廃棄に向かうつもりだ。

米中FTA 頓挫~放置
NAFTA(対カナダ、メキシコ) 見直し着手
TPP 離脱(批准取り消し)

これは物事の手順が逆で、まずサプライチェーンを切って、
その次に国内製造を興すという戦略に見える。本気でやれば
品不足~物価高。インフレとの戦いになるでしょう。

FRBはどうするのか。インフレが目標線を越えたら、さらに
金利を上げるのか。ドル高なら買うほうはいいが、輸出には不利。
[ 2017/01/24 20:24 ] [ 編集 ]
ただのジャイアンに思えてきたわ。
[ 2017/01/25 05:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp