韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  ポケモンGO、一歩遅れて韓国上陸…グーグル地図のせいではなかった

ポケモンGO、一歩遅れて韓国上陸…グーグル地図のせいではなかった

昨年、世界的なブームを巻き起こした拡張現実(AR)ゲーム「Pokemon GO(ポケモンGO)」が24日、韓国でのサービスを正式に開始した。AR技術と位置情報を基に、ポケモンキャラクターを捕まえるというこのゲームは、サービス開始から半年で累積ダウンロード数6億回、9億5000万ドル(約1080億円)の売り上げを記録して世界最高の人気ゲームとなった。

韓国の場合、位置情報確認に使われる地図問題のために発売が遅れたと伝えられていた。だが、ポケモンGOを開発した米国Niantic(ナイアンティック)は、この日の記者会見を通じて「発売の遅延と地図は何の関係もない」と明らかにした。ポケモンGOの韓国発売をめぐる各種イシューについてファクトチェックしてみた。

◆発売遅延は地図のせい?
そうではないというのがナイアンティックの説明だ。韓国系米国人でナイアンティックのアート総括理事のデニス・ファン(Dennis Hwang)氏はこの日、「韓国語サービスと地域の環境に合わせて準備していてサービス開始が遅れただけで、韓国の地図搬出規制とポケモンGOの発売は関係がない」と説明した。ファン氏は「ナイアンティックはグーグルから分社して1年しか経たないスタートアップで、スタッフ数が非常に少ない」とし「ポケモンGOの爆発的な人気を予想できず、韓国語サービスを準備するのに時間がかかった」と説明した。

スマートフォンの中に現れた地図を見て歩き回りながらモンスターを捕獲するポケモンGOは、他の国々ではグーグルマップをベースにサービスを提供してきた。グーグルも昨年8月、韓国政府に「ポケモンGOのように多様な分野の新技術の普及に絶対必要」として地図搬出を要請した。グーグルのこのような立場表明のために、韓国でポケモンGOの正式サービスが遅れたのはまるで地図が元凶かのように言われてきた。この日の懇談会で、「ゲームに使われる地図データはどのように確保したか」という質問に、ファン氏は「公開的に接近できるデータ(publicly accessible data)を利用して地図問題を解決した」と述べたが、具体的にどのようなデータを活用したのかについては言及を避けた。

専門家はポケモンGO韓国版がオープンストリートマップ(OSM)データを使ったと見ている。オープンストリートマップは、オープンストリートマップ財団が管理する無料地図で、誰でも自由に使える。ファン氏は「韓国内の保安施設は表示されないようにしているが、もし問題が生じたら措置を取る」として保安問題に対して格別な注意を払っている点を強調した。
http://japanese.joins.com/article/044/225044.html?servcode=300§code=330

【管理人 補足記事&コメント】
海外メディアおよびリサーチ企業の報告では、iOS/Android向けARタイトル『ポケモンGO』のアクティブユーザー数が減少傾向にあり、昨年8月度において1,200万人以上がプレイを止めていたと伝えている。Ars Technicaによると、一時は4,500万人ほどのデイリープレイヤー数を達成していた『ポケモンGO』のアクティブユーザー数は現在3,000万人超ほどに落ち着いているという。BloombergはTwitterやFacebook、Snapchatといった各SNSも「これで安堵の溜息を漏らせる」と述べながら、ユーザー数の現象を報じている。

一方で、海外市場調査企業NewZooの調査によると、現在も世界では一日に70万ダウンロード、そして200万ドルの売り上げを記録しているというデータがある。ここから、リリース直後の、一日2700万ダウンロード、1600万ドル超の売上という爆発的な普及の後も、新規のダウンロードが完全にストップしてしまったわけではないということが分かる。アクティブにしていないユーザーの割合で見ると、21.5%(7月)⇒15.4%(8月)⇒19.0%(9月)となっている。つまりここまでの3カ月は、80%以上のユーザーが月に一度以上ポケモンGOをプレイしていることが分かり、急激な落ち込みは確認できない。

ポケモンGOの10月20日のDAUは、1カ月前の9月20日の80%を超えているわけで、人気が継続している理由はお気に入りのポケモンを一体相棒ポケモンとして選ぶことのできる「相棒機能」のアップデートや、スマートフォンの画面を見続けることなくポケモンを探せる「Pokémon GO PLUS」の発売など、ユーザーを飽きさせないための新機能が続々とリリースされ、ユーザーの関心を離さない工夫がされていることにあるのだろう。韓国では今頃という遅いサービスでスマホ破裂騒ぎの中、人気が加熱するのかは不明だが…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年01月25日 10:51 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
人間なら寒いが…
ARゲームを真冬に開始するということは、韓国人を人間扱いしてないということです。
間違いありませんw

謝罪と賠償を請求されるぞー(^^)

[ 2017/01/25 18:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL