韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  アフリカの隅々まで、韓国の5倍輸出した日本

アフリカの隅々まで、韓国の5倍輸出した日本

韓国が中古車輸出市場でもがいている間に日本は疾走している。日本は昨年韓国より5倍多い118万台の中古車を海外に売った。2012年と比較すると韓国は15万台減り、日本は18万台増えた。単に日本の中古車が韓国より多いからではない。昨年市場に出された日本の中古車は675万台で、韓国の370万台の2倍に満たない。日本はオンラインを基盤とした利便性と安い価格、速い配送などを武器にアフリカ市場を掌握した。最近では左ハンドル市場であるロシア、モンゴル、中東、東南にアジアまで食い込んでいる。

日本は10社ほどの業者が中古車輸出を主導する。その中でも創業12年で業界1位に上ったビィ・フォアードが最も頭角を現わす。ビィ・フォアードは125カ国を相手に年間14万台を輸出しており、タンザニアやザンビアなど7カ国ではシェアが30%を超える。アフリカではトヨタよりも多く知られた会社だ。 ビィ・フォアードが急成長した秘訣は企業・消費者間取り引きのB2Cにある。日本の中古車業者のうち初めてオープンマーケットを開き地球の反対側の消費者を呼び込んだ。アフリカではフェイスブック、グーグル、ヤフー、ユーチューブなどと肩を並べるほど検索量が多い。

中古車輸出は仲介企業間のB2B取り引きが一般的だ。そのため流通マージンが高く、消費者は流通業者が出す物だけ買える供給者中心の市場だ。特に東アフリカ諸国は右ハンドル車を使うため世界的に左ハンドルが一般的な中古車市場で希望の車両を求めるのが難しかった。しかしビィ・フォアードのオンラインサービスを利用して簡単に希望の車を購入できるようになった。現在ビィ・フォアードの顧客のうち70%が個人だ。また、ビィ・フォアードの173人の社員のうち54人が外国人で、30カ国語で海外顧客に対応している。

規模の経済を通じ独自の物流網を備えることになった点も輸出拡大に寄与した。以前はアフリカに輸出する際にはアラブ首長国連邦のドバイを経由しなければならず、少なくない運送費が発生した。輸送期間も3カ月ほど必要とされた。しかし日本から東アフリカ・南アフリカに直行便を開拓することでコストを節減し、輸送期間も1カ月ほどに減らした。現在は大型運送トラックなどを通じて内陸運送網まで備えた。ビィ・フォアードはこの物流網を活用して今後自動車以外の商品も取り扱いできると期待している。中長期的に開発途上国にとっての「アマゾン」のような企業になるという野心に満ちた計画も立てた。

現地化作業も奏効した。ブランドイメージを高めるため会社名のビィ・フォアードが印刷されたTシャツやノートなどの販促品を通じてブランド認知度を高めた。また、ビジネス協力を希望する現地バイヤーに業務システムなどを教育したことも自然と営業網拡張につながった。ビィ・フォアードはこうした方式で現在モンゴル、ロシア、パナマなどカリブ海沿岸国に販路を開拓している。左ハンドル車など顧客の多様な需要に対応するため6000~7000台の在庫車両のうち1000台余りは現代、起亜、双竜など韓国製車両だ。
http://japanese.joins.com/article/037/225037.html?servcode=A00§code=A00

【管理人 補足記事&コメント】
インドの自動車市場が急成長している。毎年10%の成長が続き、2020年を迎える前に、自動車の新車販売台数は600万台規模になることが確実だ。このまま行けば、同国は2018年~2019年には日本を抜き、世界第3位の自動車大国になる。当然ながら中古車市場も拡大中。2012年以降は中古車販売台数が新車販売台数を上回り、中古マーケットにもグンと厚みが増してきた。

またインドネシアでは、以前より話が上がっていた「車齢10年超の中古車乗り入れ規制」を、インドネシアの首都ジャカルタで2017年より本格導入する計画が浮上している。2015年1月15日付で地元新聞のビスニス・インドネシアなどが伝えた。これは渋滞を解消するため施策の一つだ。インドネシアにおける中古車市場規模の統計データがないため、正確な数字は分かっていないが、現地の銀行アナリストは、中古車の年間販売台数は新車販売台数(約120万台)の約4倍(=500万台弱)と見積もっている。

60の国と地域で実施されたニールセン・グローバル調査では、全回答者の65%が今後2年以内に新車または中古車を購入するつもりであると答えている。最も大きな需要が見込まれるのは大方の予想通り、中南米(75%)、中東・アフリカ(75%)、アジア太平洋(72%)で、ほぼ4人中3人が購入意向を示している。北米では56%、欧州でも50%が今後2年以内に新車または中古車を購入する予定であると答えている。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年01月26日 10:52 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL