韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  政府の“トランプなだめ”?…米国産自動車・航空機の輸入拡大を検討

政府の“トランプなだめ”?…米国産自動車・航空機の輸入拡大を検討

政府が「米国優先主義」を掲げる米国のトランプ行政部の政策方向に合わせて、米国産自動車や航空機などの輸入拡大を検討することにした。対米経常収支の黒字を減らすことで、米国の為替レート操作国指定や輸入規制などを避けるための措置と見られる。THAD(高高度防衛ミサイル)配備に伴う対中通商摩擦については、中国駐在公館同士の協力強化など他の国と共同で対応することにした。

政府は26日、政府ソウル庁舎でユ・イルホ副首相兼企画財政部長官の主宰で開かれた第190回対外経済長官会議で、このような内容が盛り込まれた「2017年対外経済政策方向」を確定した。政府は韓国と貿易の比重が高く、経済的に最も密接な米国と中国を中心に対外の不確実性が高まっているだけに、これを安定的に管理することに焦点を合わせた。

政府はトランプ米政権が、「米国優先主義」政策を実行に移し始めたことにより、これから世界の交易量が萎縮し、成長が鈍化しかねないと予想した。特に、米国の景気浮揚策の影響で、金利上昇、ドル高など金融・為替市場の変動性が拡大する可能性があると見た。これに対し、政府は米国と2国間協議チャンネルをできるだけ早いうちに稼動させ、必要な場合、汎省庁の代表団を送って通商・投資協力を強化する予定だ。

米国の輸入規制、為替レート操作国指定の可能性についても対米経常収支の黒字を減らす方向で備えることにした。シェルガス(年間280万トン)など原材料に続き、米国が強みを持っている自動車、航空機、航空機部品、半導体など輸送の装備と産業用機器の輸入を拡大する案を検討する方針だ。事態が韓国に飛び火する可能性を最大限低く押させようということだ。企画財政部の関係者は「トランプ政府の政策方向に合致する新たな協力パートナーシップが必要だ」として、「対米貿易構造を改善していく計画」だと話した。通商関連主務省庁である産業通商資源部の動きも忙しくなっている。産業通商資源部のイ・インホ次官補は今週、米を訪問し、実務協議を行う一方、チュ・ヒョンファン長官もウィルバー、ロス米商務部長官内定者の承認が終わり次第、閣僚級会談を要請する予定だ。

政府はサード配置の決定後、中国が非関税障壁を高めているとしながら、両者チャンネルとともに世界貿易機関(WTO)などを積極的に活用することにした。 また、似たような困難を経験する主要国家と共同で対応するため、中国駐在公館同士の協力も強化する予定だ。 このような政府の政策の方向をめぐっては「G2(米国と中国)リスク」に対する省庁間の調整も十分に行われていなかったうえ、具体性も足りないとして、批判の声もあがっている。トランプ政権が保護貿易主義行動を本格的に始めていたが、韓国政府は、「両者協議チャンネルをできるだけ早い時期に開催する」など具体的な対策や日程を示していない。トランプ大統領が1兆ウォン(約9820億円)を投資すると明らかにしたインフラ市場進出戦略についても、もう「調査を開始した」と述べただけだ。国内自動車業界に大きな影響を与えることができる米国自動車輸入などについて産業部は「検討したことはない」と敏感に反応した。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/26368.html

【管理人 補足記事&コメント】
WoW!Koreaは、年初、韓国の輸出が大幅の増加傾向を見せている中、アメリカ新政府発足後、加速化する保護貿易主義が韓国の輸出の歩みを妨げるとの懸念が増している。韓国政府は、輸出構造革新課題を推進する一方、輸入規制については対応を強化していくこととしたと報じた。韓国政府は26日、チェ・サンモク企画財政部1次官主催で「物価関係次官会議兼汎政府非常経済対応TF会議」を開き、最近の輸出動向および対応方向を協議し、旧正月の法事用品需給および価格動向を点検した。 また、アメリカ新政府と経済協力関係のための接触を増やす一方、保護貿易主義拡散に合わせ、国際社会構造と輸入規制対応を強化することに決定したという。

トランプ大統領は韓国を相手にはしないだろう。韓米FTAで自動車産業は上向いて維持されたが、韓国にとってはアメリカでも売り上げ順位は低レベルだ。自動車輸入において切り出すだろうが、先手を打ったつもりでも在韓米軍負担は100%+アルファを要求するだろうから、尋常ではないと思うが…。現代自もサムスンも中国に工場建設し、アメリカには期待するほどの工場建設ではない。ましてアメリカ国内での販売は低迷だ。一方、サムスンの半導体事業に中国企業のみならず、インテルやアップルを抱えるアメリカにとってはサムスン叩きもありうるだろう。中国に寄り添った韓国政府であり韓国企業である。なだめる程度の検討では無理だろう…



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年01月27日 08:31 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL