韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中米の協力・ウィンウィンが正しい道

中米の協力・ウィンウィンが正しい道

先週金曜日、ドナルド・トランプ氏が米国の第45代大統領に就任した。トランプ大統領は同日の就任演説と「米国第一」の政策声明で、米国第一、米国振興を再三強調し、長い願望のリストを示した。今や米新政権の国家統治方策は中米関係に影響を与える最大の変数となっている。中米関係はどの道を選ぶのか、その確定性と不確定性はどこにあるのか?

米国式「つっこみ」によってトランプ政権の幕は開いた。トランプ大統領は演説で夕暮れに沈む米国を描いた。工業は衰退し、軍事力は弱まり、国境はコントロールできず、インフラは荒廃し、他国を富ませて自国は貧しくなり、米国の富、力、自信が地平線の彼方に消えていったとした。このため、トランプ大統領は「米国人に対するこの殺戮は、今ここで終る」と呼びかけ、「今日から米国第一のみだ」と強調し、「保護主義こそが繁栄と富強をもたらす」とした。また「米国のものを買い、米国人を雇う」よう呼びかけた。トランプ大統領が「米国第一」によって「再び米国を偉大に」しようとしていることは明らかだ。

その後発表した政策声明で、トランプ大統領は外交、経済、貿易、国防、エネルギー問題に関する政策と立場を明らかにした。トランプ大統領は「力による平和を目指す」外交政策を遂行し、イスラム国など過激なテロ組織を打ち破ることを強調。環太平洋パートナーシップ協定(TPP)から離脱し、北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉をし、貿易協定に違反する国には「ノー」を突きつけるとした。軍を立て直し、海空軍事力を拡充し、軍事的優勢を維持し、サイバー司令部の防御・進攻能力を優先的に強化し、先進的ミサイル防衛システムを開発するとした。エネルギー開発を強化するとした。

不法移民を取締り、国境での取締りを強化するとした。8年前の同日、オバマ前大統領が金融危機の最中に行った就任宣誓が想起される。オバマ前大統領も同様に米国の落日を描いた:米国は危機の中にある――経済の傷痕は深く、人々はふるさとを失い、仕事を失い、景気は悪く、医療保険は高く、教育は失望させられるものであり、自信は損なわれている……これに対してオバマ前大統領は「変革」を誓った。

実はオバマ前大統領であれトランプ大統領であれ、こうした危急存亡の悲壮な雰囲気を公然と誇張する意図は、新政権の政策方針を支持するよう民衆を後押しすることにある。だが、もしこれが身勝手な保護主義に変わり、自らの問題を他国のせいにし、または矛盾を転嫁し、他国に言いがかりをつけ、力を誇示するのなら、国際関係にとって深刻な打撃となるのは必至だ。
http://j.people.com.cn/n3/2017/0124/c94474-9170727.html

【管理人 補足記事&コメント】
人民日報は、中米の協力・ウィンウィンは米国が再び偉大になる助けとなる。異なる点は多くても、中米両スーパーエコノミーには似ている点があるとしている。米国は再び偉大になろうとし、中国は中華民族の偉大な復興を実現しようとしている。両国は発展理念において実務的なうえ、共に発展が絶対優先事項であり、着実な行動が国を興すと考えていると報じた。

習近平国家主席は中国の発展の成果に言及した際、これは中国国民が数十年間にわたり苦労を堪え忍び、血と汗を流した結果であり、発展を望むのなら自らが懸命に、着実に働かなければならず、他国の施しに頼ってはならないと特に指摘した。トランプ大統領も演説で、言葉だけであってはならず、「行動を起こす時が来た」と強調したと伝えている。

私はある意味でトランプの動きは中国政府に似ている様に見える。そういう意味では、米中会談が実現すれば、案外意見はともに合うのではないか…。人民日報は冷静に見ているようにも感じる。題名の中米の協力・ウィンウィンが正しい道というのは実に的を得た題名と言える。もっともウィンウィンとなるかのほうが重要だが…。

記事ではアメリカが再び偉大になるという言葉を掲載しているが、アメリカな自国内の問題で賢明な今後となるだろう。力や権力で雇用を促進しても、アメリカの本来の姿ではない。アメリカが世界を先導し世界のリーダーを維持するには、アメリカを市場としてとらえるための戦略を考えれば、今後の中国が実施するべき戦略となるわけで、実に似ている部分が多分にある。そんな中でTPPにしても日中首脳会談で、アメリカではなく中国が加入し、日中でTPPを先導すると、アメリカは置き去りとなる。

これまた実に面白い環境と化す可能性もある。日本としては大胆な戦略も可能というわけだ。
アメリカそして中国という世界市場に、日本はどう向き合うのかは、安倍総理の大きな課題と言える。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年01月27日 10:23 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(2)
中国が発展したのは、日本のODAと技術支援のおかげなんだけどね。
でもWINWINが正しい道ってのは合ってる。
中国が発展したから、アメリカと並ぶ日本製品の輸出先となった。

アメリカもメキシコを叩くんじゃなくて育てなきゃ、アメリカ製品買ってもらえないんだけどな。
トランプはそういう認識が欠けてる。
[ 2017/01/28 23:10 ] [ 編集 ]
商売で WIN-WIN
中国は本音でくるから分かりよい。
習近平は太平洋を半分ずつ分けようと米国に
もちかけた、あれから一貫して言うことは同じ。

米国は政経分離が分かり難い。対中貿易が大赤字、
といっても生産地移転は米国の資本家と企業家が
やったこと。米中の賃金差が縮まったから戻す、
というなら分かる。それより、対中輸出を
増やすことを考えた方がいいのではないか。
もっとも、旅客機は売れるが戦闘機とか兵器は売れないだろう。
[ 2017/01/28 23:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL