韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国製部品・素材、かつての日本のようにベースキャンプ化

韓国製部品・素材、かつての日本のようにベースキャンプ化

産業素材企業の暁星は、2015年から2年連続で過去最高の業績を上げた。このまま行けば、今年もその勢いを持続することが確実だ。世界的に景気が依然低迷する中、意外とも言える好業績だ。

暁星は11年から12年にかけ、重工業分野のダンピング受注、建設景気悪化で数千億ウォンの赤字を出した。その後、同社が強みを持つタイヤコード、スパンデックスの工場増設など部品・素材分野に集中投資を行う方向へと経営戦略を転換した。暁星はタイヤの耐久性を高めるタイヤコード、繊維素材のスパンデックス、エアバッグやシートベルトの基礎素材など世界シェア首位の品目がいくつもある。財界関係者は「最近数年で産業素材に集中投資したことが奏功した」と述べた。

暁星のような部品・素材分野の好調は、韓中日の分業構造の変化と密接に関係している。2000年代の初めから半ばは、韓国企業が自動車、テレビ、携帯電話端末などの完成品で高度成長を成し遂げた。しかし、その後中国で華為(ファーウェイ)、小米(シャオミ)、海信(ハイセンス)、海爾(ハイアール)、上海汽車などスマートフォン、テレビ、家電、自動車の完成品企業が成長し、中国企業による韓国製部品・素材に対する需要が高まった。過去に日本が担当していた部品・素材のベースキャンプの役割を韓国企業がかなりの部分で占めた格好だ。


■完成品の不振を相殺する部品・素材
部品・素材のうち、劇的な上昇曲線を描いているのが液晶パネルだ。昨年上半期まで中国メーカーが主導してきた液晶パネルの供給過剰が解消され、品薄が生じているためだ。

市場調査会社ウィッツビューによると、昨年6月に124ドルまで下落した液晶パネル価格(50インチフルハイビジョン基準)は、昨年後半から持ち直し、今年1月には171ドルまで回復した。テレビ業界関係者は「価格が高止まりする状況でも50インチ以上の大画面テレビ用パネルは代金を上積みしても確保が難しいほど不足している」と説明した。サムスンディスプレーが95%以上のシェアを占め、独占しているスマートフォン用の有機発光ダイオード(OLED)パネルは、サムスン電子だけでなく、中国の華為、VIVO、OPPO、米アップルにも供給され、市場が急速に拡大している。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/01/27/2017012700764.html

【管理人 補足記事&コメント】
朝鮮日報は、部品・素材業界の好調は韓国の輸出競争力も引き上げている。関税庁によると、今年1月1-20日の輸出は276億ドルで、前年同期を25%上回った。6年5カ月ぶりの高水準だ。品目別では半導体が52.5%、鉄鋼が19.9%伸びたと報じている。一方、スマートフォン、船舶など完成品分野は輸出が平均10%以上減少した。完成品産業の不振を部品・素材で取り戻したとした。

部品・素材の輸出は昨年第4四半期から増加した。産業通商資源部(省に相当)によると、昨年第4四半期の部品・素材輸出は663億ドルで、7四半期ぶりの増加となった。最近2-3年続いた円安にもかかわらず、部品・素材分野の対日依存度が低下を続けたことも追い風となった。部品・素材分野の対日貿易赤字は10年の243億ドルから昨年は146億ドルへと大きく縮小したと伝えている。韓国政府は2010年に選定した10種類の先端ハイテク素材を18年以降、グローバル市場で10億ドル強の利益創出とシェア30%強の達成を目指すため、さらなる成長に向けた韓国の新たな国家プロジェクトがスタートしている。

プロジェクトの中で最も目立つ項目は、ナノカーボン複合素材である。自動車向け外装材などに使うナノカーボンは、次世代先端技術として脚光を浴びている。ナノカーボンの育成には民間資金を中心として18年までに3兆8678億ウォンが投資される。韓国政府は2018年まで、ハイテク素材産業(WPM=World Premier Materials)に政府予算4625億ウォンを含む総額約10兆ウォン(約1兆円)に達する官民合同資金を投入しているが、韓国政府(産業通商資源部=日本の経済産業省)がこのような積極的な投資に踏み切ったのは、ハイテク素材・部品の国産化アップこそ、真の技術大国になれるという判断がある。また近年、日系ハイテク素材企業が韓国市場で猛威を振るっている背景もこうした政策を後押ししている。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年01月30日 09:02 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp