韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  内需・輸出不振にあえぐ韓国、部品・素材メーカーは業績絶好調

内需・輸出不振にあえぐ韓国、部品・素材メーカーは業績絶好調

業績発表シーズンを迎え、半導体やディスプレー、スパンデックスなどの部品・素材メーカーが相次いで過去最高水準の業績を発表している。韓国経済が内需や輸出の不振にあえぐなか、部品・素材分野が新たな希望の星となっているのだ。韓国が競争力を持つ同分野を中心に、「第2の経済飛躍」を目指すべきだとの指摘が出ている。

本紙が26日までに、ディスプレー、半導体、石油化学など部品・素材分野の企業の2016年10-12月期業績をまとめたところ、LGディスプレー、LGイノテック、サムスン電子半導体部門、SKハイニックスなどは予想をはるかに上回る過去最高水準の業績を収めたことが分かった。LGディスプレーは本業のもうけを示す営業利益が9043億ウォン(約880億円)と前年同期比1392%の大幅増となり、サムスンディスプレーの営業利益も4倍以上に増え1兆3400億ウォン(約1310億円)を記録した。

LGグループの系列部品メーカー、LGイノテックは昨年10-12月期の営業利益が1178億ウォン(約115億円)と四半期ベースで過去最高となった。産業資材や石油化学製品を手掛ける暁星は昨年、1966年の創業以来で初めて営業利益1兆ウォン(約980億円)を達成した。 また、石油化学企業のSKイノベーションは昨年の営業利益が好況期だった11年を上回ったとされ、鉄鋼企業のポスコの昨年営業利益は15年比で18%増加した。

韓国を代表する産業である半導体も同様に、昨年後半から好況期に入ったことで高水準の利益を確保した。昨年10-12月期の営業利益はサムスン電子の半導体部門が過去最高の4兆9500億ウォン(約4830億円)、SKハイニックスも過去3番目に高い1兆5361億ウォン(約1500億円)となった。

韓国企業はこれまで、テレビやスマートフォン(スマホ)、自動車など完成品の分野で高い競争力を持つと評価されてきた。だが、ここ数年は巨額の投資により部品分野でも技術的優位に立つ産業が登場し、市況の好転も追い風となって業績が急上昇したと分析される。 ソウル大の李正東(イ・ジョンドン)教授(産業工学)は「部品・素材分野の好業績をどれだけ持続可能なモデルとして構築できるかが鍵になる」と話している。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/01/27/2017012700765.html

【管理人 補足記事&コメント】
朝鮮日報は、韓国の部品・素材業界の好況が一過性のものに終わることを懸念していると報じている。中国が完成品産業の育成に続き、韓国が強みを持つ部品・素材分野に毎年巨額を投じているためだ。すでにスマートフォン(スマホ)や造船、自動車などの完成品市場で韓国に追いついた中国は、投資を半導体やディスプレーなどの部品に振り向けているとした。

一方で中国は昨年以降、政府系の半導体大手・紫光集団を通じて半導体産業への540億ドル(約6兆2000億円)の投資を進めている。2018年からは半導体メモリーを生産し、中国の現地企業に供給するという。 中国政府も14年6月に発表した半導体産業の発展計画に基づき、すでに1200億人民元(約2兆円)のファンドを組成し、北京や上海などの地方政府も数兆ウォン(数千億円)規模のファンドを運用している。半導体産業の育成を通じ、韓国のサムスン電子やSKハイニックスが独占している半導体メモリー市場の掌握を狙う。

韓国経済の造船や海運が倒産に追い込まれて、代わりに半導体が後押しし、素材メーカーとで経済低迷の補てんをしているというが、それは違うだろう。一見補てんに見えるが日系企業の後押しがあるわけで、同時に主力企業が倒産或いは低迷となり、今では自動車産業も技術限界点で今後は厳しくなる。半導体事業だけで韓国経済がけん引できるわけではない。その事業さえも中国が部品分野に巨額を投じているわけで、世界で最も多く半導体やディスプレーを輸入しているのが中国である。

中国は昨年1年間に1430億ドル(約16兆4200億円)相当の半導体を消費したが、このうち9割以上を輸入に頼っている。だが、向こう2-3年の間に中国が技術力を備え、部品を自給するようになれば、韓国としては最大の市場を失うことになり、主力産業が消滅すれば、韓国企業の強みはすべて失われることになるが…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年01月30日 09:12 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL