韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  日本は大使館まで医療観光を広報しているのに…

日本は大使館まで医療観光を広報しているのに…

「医療水準は日本とほぼ同じだが、治療費が安くて驚きました」。2005年、東京・錦糸町で会った日本民主党のある当局者は、内科手術を受けようと訪韓した経験談を紹介しながら、韓国を医療強国だと賞賛した。

実際、韓国の医療水準は世界一流だ。基礎医学は米国・日本・ドイツなどにやや遅れを取っているが、一般手術や検診・美容医療は世界のどこに出しても遜色ない。費用も相対的に手頃だ。2013年、韓国保健産業振興院の医療観光客アンケート調査によると、回答者1319人のうち87.8%が韓国医療を知人などに勧める意向があると答えた。

優れた医療技術は立派な観光資源だ。グランドコリアレジャーなど観光・レジャー企業は、カジノ・リゾート・医療をひとつにしたパッケージ商品を2010年前後から次々と発売した。韓国政府も2009年に観光振興法と施行令を改定し、外国人医療観光客の誘致支援に乗り出した。政府は2020年までに医療観光客を100万人に増やすという野心に満ちた計画も打ち出した。

しかし、2014年の医療観光客は25万人にとどまるなど、まだ期待に沿えないでいる。広報不足や違法ブローカーの横行など、多くの問題点が提起されている。根本的な問題には、所管部署である文化体育観光部と保健福祉部の力比べも挙げられる。


予算と権限・責任をめぐって、退屈な拮抗戦が続き、事業推進動力が少なからず失われた。二部署は昨年9月になんとか「医療観光協議体」を共同で発足させたものの、崔順実(チェ・スンシル)事態で文化部のトップや次官が次々と辞任に追い込まれ、早期大統領選挙で新政府が樹立した場合、この事業が継続されるかどうかは不透明になった。

日本は政府が設立した社団法人「メディカル・エクセレンス・ジャパン」を中心に医療観光を積極的に推進している。この社団法人は先月31日、全国28カ所の病院を「日本国際病院」に指定して各国政府と医療機関に紹介すると明らかにした。各国大使館や在外公館が広報大使の役割を果たす。病院の医療技術と診療・費用情報が提供され、海外の患者は自分に合った病院を選ぶという仕組みだ。大金や労力をかけずに日本の医療観光を海外に広報しているようなものだ。
http://japanese.joins.com/article/322/225322.html?servcode=100§code=140

【管理人 補足記事&コメント】
違法整形がひろまったのも韓国である。院内感染でMERSコロナウイルスをひろげたのも韓国内の病院である。医療水準は日本と同じというが、記事でいうほどではないだろう。日本と比較するほどでもない。医療観光で中国人が訪れるが、韓国人も日本を訪れているのではないか…。韓国が優れた医療技術で、立派な観光資源を持つならば、中国人は近い韓国に行くだろう。そもそも韓国人は信用がないわけで、信用がない中国人の言われるようでは困りごとだろう。

日本は、新成長戦略として、「ライフ・イノベーションによる健康大国戦略」というスローガンを掲げている。ライフ・イノベーション(医療・介護分野革新)を力強く推進することにより新たなサービス成長産業と新・ものづくり産業を育てるチャンスとなっている。高い成長と雇用創出が見込める医療・介護・健康関連産業を日本の成長牽引産業として位置付けている。 アジアの富裕層等を対象とした健診、治療等の医療及び関連サービスを観光とも連携して促進している。医療観光の振興は「国策」となったといっても良いだろう。いまでは中国観光客の中間富裕層まで日本の医療を頼って訪日している。

韓国はことごとくチャンスを逃し、逆に日本はチャンスを生かしている。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年02月02日 11:33 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp