韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国の外貨準備高 4カ月ぶり増加

韓国の外貨準備高 4カ月ぶり増加

韓国銀行(中央銀行)が3日に発表した1月末現在の外貨準備高は3740億4000万ドル(約42兆2067億円)で、前月末に比べ29億4000万ドル増加した。増加に転じたのは4カ月ぶり。 外貨準備高は昨年10月に前月比26億ドル減少し、11月には同31億8000万ドル減、12月には同8億8000万ドル減と3カ月連続減少した。

増加に転じたのはドル安により、ユーロや円などドル以外の資産のドル換算額が増加したことに加え、10億ドル規模の外国為替平衡基金債券(外平債)を発行したことや、外貨資産の運用収益が増えたことが影響した。

項目別では有価証券が3389億4000万ドルで前月比43億9000万ドル減った。預金は256億4000万ドルで72億7000万ドル増加。国際通貨基金(IMF)特別引き出し権(SDR)は29億2000万ドルで4000万ドル増えた。IMFリザーブポジションは17億ドルで5000万ドルで2000万ドル増えた。


金保有は2013年2月から変動がなく、47億9000万ドルとなっている。韓国の外貨準備高は昨年12月末時点で世界8番目の規模だ。1位は中国の3兆105億ドルで、日本(1兆2169億ドル)、スイス(6750億ドル)、サウジアラビア(5363億ドル)、台湾(4342億ドル)、香港(3862億ドル)、ロシア(3777億ドル)と続いた。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/02/03/2017020300603.html

【管理人 補足記事&コメント】
通貨危機の際に外貨準備が急減するのは、自国通貨が「売り浴びせ」を受けた時に、それを「買い戻す」ために、外貨準備資産の中から外貨を売却しなければならないわけで、「為替介入」という言葉となる。為替介入の基本的な操作は、自国通貨を買えば自国通貨が上昇し、売れば自国通貨が下落する。ただし、通貨防衛」を目的とした為替介入の場合、保有している外貨準備の範囲内でしか介入ができ無い。

自国通貨を売って外貨を購入するという為替介入をすると、市場に自国通貨が増えてしまう。自国通貨を市場に供給することを、「量的緩和」というわけで、アメリカが日本は為替捜査国としきりに語っている理由でもある。ただ日本の場合は関係国に理解を得て動いているわけで、勝手に実施しているわけではない。介入と操作という微妙な違いがある。

さて「外貨準備」に話を戻すと、定義上、「世界中で通用する通貨」でなければならないわけで、通常外貨準備に含められる資産は、「その他の外国債権債務」ではなく、「現金・SDR」や「債券」の勘定に計上される。「その他の外国債権債務」(ドル換算で約3742億ドル)のうち、本当に資産性があるのは、米国債(2016年8月末で902億ドル、6月末で821億ドル)に過ぎない。残りの2921億ドルは、おそらく、流動性が低い資産で不良資産の可能性が高い。

従って25%程度しか流動性のある資金はないわけで、大半は嘘となる。
自国通貨危機が起きれば手の施しようが無い。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年02月03日 10:55 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
大半はドル高の関係でしょう?
 外準なんか借金したって増やせるワケだし、 南鮮保有の有価証券の評価額なんて怪しいモンです、 紙屑みたいなのが多いんでは?

 どうなの、 フーガさん?

 そろそろ『貸し剥がし』しようよ。

[ 2017/02/03 11:59 ] [ 編集 ]
ドルが足りない!
韓国銀行の発表がどこまで信憑性あるかわかりませんが、ひとつだけ確かなことは、ドル建て債券を発行しなければならないほどドルがないということでは?
[ 2017/02/03 19:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp