韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  10台から22万台に…韓国輸入車の歴史30年

10台から22万台に…韓国輸入車の歴史30年

わずか30年で年間新規登録台数が10台から22万5279台に増加した。輸入車の話だ。輸入車の歴史は韓国経済の成長と開放化を映す鏡だ。かつて外車に乗って正月に帰省する姿は、代表的な“成功”のイメージだったが、今や“輸入車=富裕層専有物”という認識は相当に薄くなった。

輸入車の歴史には韓国経済の成長と市場開放の歴史が反映されている。1987年が輸入車市場元年に当たる。その年の7月、政府は排気量2000cc以上の輸入車の輸入と販売を自由化した。これに伴い、漢城(ハンソン)自動車が初めて輸入したベンツ10台が輸入車の公式統計の始まりだ。その時の輸入車は、大衆の非難と嫉妬を受ける対象だった。

もちろん以前にも路上に輸入車は走っていた。1984年の報道によれば、その年の輸入車は2900台あまりとされている。ただし当時の輸入車は法令上は通関禁止品目なので、正式に輸入された製品ではなかった。外交官や在韓米軍など韓国に居住する外国人が購入し、内国人に転売した物量がほとんどだった。当時政府には、対米貿易が黒字の状況で米国車を買えば通商圧力が緩和されるだろうとの期待もあった。

1988年には排気量を制限することなく全車種の輸入規制が解除された。販売は1988年263台、89年1293台、90年2325台に増加した。このうちの半分は韓国メーカーが発注者のブランドによる生産方式(OEM)で国内で完成品にしたものだ。

1990年代に入り市場開放が一層スピードを上げた。米国は日本との通商摩擦を体験する過程で、韓国に対しても自動車市場の開放拡大を要求した。結局、輸入車特別消費税、登録税、関税引き下げ措置がとられた。当時、税金引き下げ以後米国フォード社の(マーキュリー)セーブルの価格は226万ウォン(約22万円)だった。1994年3865台、95年6921台、96年には1万315台が販売された。1995年にはBMWを始め外国の自動車メーカーが韓国法人を設立するなど直接進出を開始した。しかし、救済金融事態の直撃弾を受けた輸入車市場は1997年8136台、98年2075台へと販売が減少に転じた。

輸入車市場は2001年から回復傾向に入った。2002年に内需市場の1%を占め、2011年に年間登録台数が初めて10万台を突破した。翌年には市場占有率が10%を超えた。韓国輸入自動車協会は、一時は誇示消費と見なされた輸入車が自動車文化を広め引き上げる順機能を果したと説明する。輸入自動車協会は「輸入車は性能はもちろん安全性と便宜装備などで高い水準を見せ、韓国メーカーの技術開発の刺激剤になった」と明らかにした。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/26421.html

【管理人コメント】
2010年頃から急激に輸入車が上昇し、今では年間販売台数20万台を超えている。景気も後押ししたが、自国車の品質やら様々な問題があるとはいえ、世界技術の輸入車も頭打ち状態である。自国企業の販売台数も当然頭打ちである。そこに家計負債の問題を抱える韓国であるから、家計負債が120兆円に迫る勢いで、車のローンさえ払えない状態が増加するほどに様相は変化するだろう。

世界で売れなくなりつつある韓国車が、輸入車に押される前に、自国経済・社会と雇用促進とは裏腹に、低迷する韓国経済であるから、関心はむしろ家計負債がいつまで持ちこたえられるかのほうが次第に重要となってきている。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年02月04日 10:43 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
ぼられても買うから
BMW Koreaの社長が言うには、(2015)
「The demand for cars smaller than 2-liter engines is increasing,」
小排気量が売れるという、で、ラインナップは
BMW 1,3,4,5,6,7,X1,X3,X4,X5,X6,M2,M3.M4,M5.M6
というフルラインナップ。
1シリーズというのは3気筒 1500CCからある。
プチ富裕層でも買える品揃えをして構えている。
メルセデスも同じで、1800CCからある。

韓国は同じ型が米国より2倍の値段で売れるらしい。
ぼられても買ってくれるからドイツ車にとって
韓国は大事な市場でしょう。
[ 2017/02/05 23:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL