韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓進海運が事実上の破産、韓国のコンテナ輸送力は半減

韓進海運が事実上の破産、韓国のコンテナ輸送力は半減

韓国最大の海運会社だった韓進海運が事実上の破産に追い込まれ、韓国海運業のコンテナ輸送能力が半減したことが分かった。

海運コンサルティング会社のアルファライナーが5日に発表したところによると、現代商船、高麗海運などを含む韓国のコンテナ輸送力は昨年末現在51万TEU(1TEUは20フィートコンテナ1個分)で、韓進海運が法定管理(会社更生法に相当)の適用を受ける前の昨年8月末(106万TEU)に比べ59%も減少した。一時は世界7位にまで上り詰めた韓進海運は、船舶141隻のほとんどを売却または返船(船を船主に返すこと)しており、現在保有しているのはわずか7隻だ。これらも近く売却・返船されることになっており、17日には韓進海運に対して正式な破産宣告が下される予定だ。

現代商船のコンテナ輸送能力は昨年8月の40万TEUから現在は46万TEUに上がったが、世界ランキングは14位から13位へと1ランク上がっただけだ。韓国政府は当初、唯一の遠洋輸送会社となった現代商船に韓進海運の資産を引き継がせる予定だったが、米州路線など韓進海運の主要な資産が入札によって中小海運会社・SM商船に落札された上、欧州路線などは消滅してしまった。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/02/05/2017020501540.html


【管理人 補足記事&コメント】
中央日報は、主要資産の売却が終わった韓進海運が、設立40年で破産手続きに入ったと報じた。 ソウル中央地裁は2日、韓進海運に対する更生手続きを廃止することに決めた。裁判所は債権者の意見照会など2週間の抗告期間を経て、今月17日に破産宣告を下す予定だというが、抗告期間は事実上形式的な手続きであるため、すでに破産宣告を受けたことと変わりはないとした。

韓進海運は業績不振や経営不良、流動性の危機で、昨年9月に法定管理(会社更生法適用に相当)に入った。現在、韓進海運は海外のターミナルなど主要資産の売却が完了し、従業員のほとんどが現代商船やサムラマイダス(SM)などの他船社に移り、“殻”だけが残された状態だ。 1977年コンテナ船社として設立された国籍船社の韓進海運は、一時は韓国1位・世界7位に入るほどの勢いを見せたが、今回の手続きでその40年の歴史に幕を引くことになったと伝えている。

大韓航空の親会社である韓進グループの韓進海運が破産決定し、釜山に大きな衝撃を与えることになる。40年の歴史がある海運会社、そして世界7位の韓進海運は全世界に1万人以上の失業者を出す事になる。船長や船員など670人が辞表を書かなければいけなり、韓進海運の破産により計3000人の労働者が職を失ったという。

2月2日、金融投資家と韓進海運によると、ソウル中央地裁破産6部は同日に、韓進海運の再生手続きを廃止。再生手続き廃止は事実上の破産を意味する。韓進海運債権団などが、今後2週間以内に異議申し立てしなければ、裁判所は2月16日に再生手続き廃止を決定し2月17日に破産が正式決定されるという。 また米国ロングビーチターミナルの保有株式1億4823万株など韓進海運の資産売却手続きをほとんどされたという点を考慮すると、債権団が異議申し立てする可能性は事実上ゼロに近い。韓進海運は韓進グループの持株会社として韓進海運、そしてナッツ姫で有名になった大韓航空などがある。今回の韓進海運の破産は韓国経済に大打撃を与える事になる。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年02月06日 08:59 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
まだまだ始まったばかり
韓進海運の破産は最初の一歩。
韓国のゾンビ企業の割合は15%(日本は2%)
つまり破産待ちで行列状態に…
あれ?行列の先頭にいるのは、大宇造船さんと現代商船さんじゃないですかw
[ 2017/02/06 20:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp