韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  中国の電気自動車鎖国…現代車、現地化で突破選んだ

中国の電気自動車鎖国…現代車、現地化で突破選んだ

中国の「電気自動車(EV)鎖国」政策が現代自動車の電気自動車発売戦略を思いのままにしている。中国の政策に合わせて「中国現地で作り、中国製バッテリーを搭載した、中国だけで販売する」電気自動車を生産することにしたのだ。

現代車の中国現地法人の北京現代車が中国現地戦略車種である「悦動(韓国名アバンテ)」電気自動車を今年の下半期から北京第3工場で生産することにしたもので、9日に確認された。来年上半期に発売予定だ。現代車が中国市場に電気自動車を発売するのは悦動が初めてだ。

現代車は中国・インド・ロシアなど内需が大きい新興国では現地の需要に合わせて開発・生産した現地戦略車を作ってきた。悦動はアバンテHDをベースに大きく派手なデザインが好きな中国人の好みに合わせて改善して作った現地戦略車だ。2008年に第1世代の悦動を発売した後、現在まで130万台以上売れている。

昨年11月に広州モーターショーで初めて公開した第2世代のフルチェンジ・ガソリンモデルは今年前半期に発売する予定だ。悦動電気自動車は2世代新車の電気自動車バージョンだ。

悦動電気自動車の生産は「意味ある第一歩」というよりは中国の「電気自動車鎖国」の余波だ。ひとまず悦動電気自動車にはLG化学・サムスンSDI・SKイノベーションのような韓国製バッテリーの代わりに中国製バッテリーを搭載する。品質面で世界最高水準である韓国製の代わりに中国製バッテリーを選んだ。また、現代車はアバンテの発売からしばらくして現地戦略車に改造して中国市場に発売する戦略を駆使してきたが、今度はアバンテでも試みていない電気自動車を悦動で初めて作る。そうしなければならなかった「変数」があるということだ。

変数とは連日攻勢の程度が高まる中国政府の電気自動車鎖国政策だ。中国政府は昨年6月に自国の政府認証を通過したバッテリーを装着した電気自動車にのみ補助金を支給すると発表した。当時LG化学・サムスンSDIが認証を申請したが却下された。中国政府は「現地生産履歴1年以上」や「年間生産能力80億ワット時(Wh)以上」のような認証基準を押し出した。しかし、当時韓国企業は生産履歴が1年に満たなかっただけでなく年間生産能力もそれぞれ年間20億~30億ワット時水準だった。改正案のとおりだと基準を満たす会社は中国1位業者である比亜迪(BYD)くらいだった。中国では補助金が電気自動車値の半分に及ぶ。補助金を受けることができなければ、事実上販売が難しい。悦動に中国製バッテリーを搭載する理由だ。
http://japanese.joins.com/article/614/225614.html?servcode=300§code=320

【管理人 補足記事&コメント】
日本ではハイブリッド車の人気に隠れてあまり目立たない電気自動車(EV)だが、欧米、中国ではハイブリッドよりもEVとプラグインハイブリッド(PHV)に人気がある。その背景はEVとPHV購入の政府支援政策があるというのが理由だ。米国で大きな受注数が話題になったテスラ・モーターズの新型EV「モデル3」だが、政策による補助金支給も人気の理由の一つだ。カリフォルニア州では3万5000ドル(約380万円)のモデル3に、国と州を合わせて1万ドル(107万円)もの助成が受けられる。欧米諸国の政策支援の目的は気候変動を引き起こす二酸化炭素(CO2)排出量の抑制で、中国政府の目的はPM2.5による大気汚染対策となる。

米国だけではなく、他国でも同様の政策がある。ドイツでは購入支援のため大きな補助金が導入された。オランダは2025年からガソリン、ディーゼル車の販売を禁止する法案を検討中だ。中国では中央政府と地方政府の補助金に加え、都市部では高倍率の抽選に当たらなければ取得できないナンバープレートが、EVとPHVには優先的に与えられる。従って、欧米や中国ではEV販売は伸びている。中国は2015年には世界最大EV市場になり、世界のEV生産の3分の1を担う世界最大の生産国になった。

中国メーカーは技術力を付けるため技術者の引き抜きも行っている。BMW社にて、iシリーズのEV開発に携わっていた複数のエンジニアが辞職し、中国最大のインターネット関連企業テンセントが後押しするベンチャーEV企業、フユーチャ・モビリティーに移籍すると報道されている。また、テスラの製造担当副社長と生産担当副社長の辞任も報道されている。去就は未定とのことだが、中国メーカーに移籍する可能性もある。一方、「新エネルギー車」と呼ぶEVやPHVの購入者に対し、1台当たり最大100万円程度の補助金を支給しており、中国汽車工業協会によると、新エネルギー車の販売台数は2016年に70万台まで増える見通しだ。中国政府は20年まで同じ支援策を続ける方針であり、累計販売台数を500万台まで増やす計画だという。

中国依存の韓国企業である。現代自+起亜自の昨年販売台数は、一昨年より6%増となったわけで、中国に新工場も建設しており、現代自としては逃げ道がないのも事実。今年中国で販売実績が上向くのかは疑問だが…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年02月10日 10:15 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
どっち?
20170211
2030年までに97%の確率で氷河期が到来することが判明!
研究者「夏は消滅し、川は凍る」
英ノーザンブリア大学バレンティーナ・ザーコバ教授らが厳密な数学モデルを用いて太陽活動のデータを分析した結果
[ 2017/02/11 14:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL