韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国、為替操作国指定の可能性低い

韓国、為替操作国指定の可能性低い

柳一鎬(ユ・イルホ)副首相兼企画財政部長官は9日、「(米国の韓国に対する)為替操作国指定の可能性は現在のところ低い」とし「韓米自由貿易協定(FTA)再交渉問題についても米国側からいかなる話もない」と述べた。

柳副首相はこの日、国会で開かれた経済分野の対政府質問で、トランプ政権で対外要因の不確実性が高まる問題についてこのように明らかにした。米財務省は4月に為替報告書を発表する予定だ。

柳副首相は「(為替操作国指定の可能性が低いとはいえ)他の国を(指定)して問題があれば韓国を指定したり(為替操作国選定)基準を変更すればどうなるのかなどの問題がある」とし「対米経常黒字幅を減らすなど先制の努力がなければいけない」と述べた。続いて「政府は為替レートを操作しない」と強調した。

韓半島(朝鮮半島)THAAD(高高度ミサイル防衛体系)配備決定後の中国の経済報復措置については、「THAADと直接関係があれば国際機関を通して対処するべきだが、早合点にすぎず、今まで中国がそうだと話したことはない」とし、対応の困難を吐露した。

今年の景気については「2.6%成長を達成できるとみる」と述べた。近く発表する民生安定対策は「消費心理の改善を通じて現実的に消費を増加させる方法を模索する」とし「投資インセンティブ拡大レベルで雇用創出投資税額控除率の一時的な上方修正も検討する」と話した。

柳副首相は「国税収入予算は昨年の補正予算比9兆8000億ウォン(約9700億円)超過した確定値が出た」とし「今年は税収が昨年のように増えるとは考えにくく(超過税収は)2兆ウォン程度になるのではと慎重に予想している」と語った。今年の米国の利上げ見通しに関しては「投資銀行(IB)を含む国際経済専門家らは3月より6月の利上げの可能性が高いとみている」と伝えた。
http://japanese.joins.com/article/629/225629.html?servcode=300§code=300

【管理人 補足記事&コメント】
自己都合な国である。単に中国の陰に隠れて、韓国など気にする状況下ではないともいえる。為替依存が高く、貿易依存の高い国である。経済低迷の挙句に、為替介入で通貨危機となる国を為替介入指定したところで、嘘しかつかない国を相手にしている暇は今のアメリカにはない。監視程度で良いのではないか…。

アメリカにとって重要なのは中国である。韓国はアメリカの利上げで低迷する経済に自国民はとどめ打ちとなりそうだ。早く家計負債の対応を実施しないと、踏み倒しで終わりそうだが…。なにせ120兆円近い金額となる。国家予算の3倍近い値であるから、通貨危機でも発生したら手の施しようが無い。対外輸出の環境が芳しくない状況で、借金に押されている家計や企業が、消費や投資を減らすことになれば、今後の経済は相当減速するが…。

それにしてもサムスン依存度が高いとはいえ、韓国経済崩壊という言葉が出始めてから今日まで財閥連中はしぶとい。実際韓国経済崩壊とはいっても財閥企業は外資系企業であるから上位財閥企業は、他国企業の傘下になっても生き残る可能性が高いが…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年02月11日 10:33 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
変だな?
こってこての為替操作国だと思うんだけどなぁ~!
[ 2017/02/11 11:45 ] [ 編集 ]
それほどの相手ではない
「為替操作国」指定ってのは伝家宝刀だから、それ相応の相手にしか使わない。
たとえば中国とか日本とかドイツとかね。
韓国ごときには、必要なし。
じわじわ締め付けるだけで息の根止まるでしょ。
[ 2017/02/11 15:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL