韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  安倍晋三首相、「日本の高い技術力で大統領の成長戦略に貢献できる。」

安倍晋三首相、「日本の高い技術力で大統領の成長戦略に貢献できる。」

「米国は世界で最もチャンスにあふれた国である。それは今までも現在もこれからも変わることはないと思います。だからこそ、自動車産業を始め、多くの日本企業が全米各地に工場をつくり、現地生産をしてきました。昨年も日本から米国へ新たに1500億ドルをこえる投資が行われました。これらは米国内に大きな雇用を生み出しています。まさに互いに利益をもたらす経済関係を、日米は構築してきました」

「トランプ大統領のリーダーシップによって、今後高速鉄道など大規模なインフラ投資が進められるでしょう。日本の新幹線を一度でも体験した方がいれば、そのスピード、快適性、安全性はご理解いただけると思います。最新のリニア技術なら、ここDCからトランプタワーのあるニューヨークにたった1時間で結ばれます。日本はこうした高い技術力で、大統領の成長戦略に貢献できる。そして米国に新しい雇用を生み出すことができます」

「こうした日米の経済関係を一層深化させる方策について、今後、麻生太郎副総理とペンス副大統領との間で、分野横断的な対話を行うことで合意いたしました。さらに急速に成長を遂げる、アジア太平洋地域において、自由な貿易や投資を拡大する、これは日米双方にとって大きなチャンスです」

「しかし、もちろんそれはピュアな形で行われなければなりません。国有企業による国家資本を背景とした経済介入はあってはならない。知的財産へのフリーライドは許されてはなりません。アジア太平洋地域に自由かつルールに基づいた公正なマーケットを日米両国のリーダーシップのもとで、作り上げていく、その強い意志を今回私と大統領は確認しました」

「アジア太平洋地域の平和と繁栄の礎、それは強固な日米同盟であります。その絆は揺るぎない物であり、私とトランプ大統領の手でさらなる強化を進めていく、その強い決意を私たちは共有しました」

「安全保障環境が厳しさを増す中にあって、尖閣諸島が安保条約5条の対象であることを確認しました。米国は地域におけるプレゼンスを強化し、日本も積極的平和主義の旗の下より大きな役割を果たしていく考えです。同時に抑止力を維持し、負担軽減を進めるため、在日米軍の再編をこれまで通り進めてまいります。普天間飛行場の全面返還を実現すべく、唯一の解決策である辺野古移設に向け、引き続き日米で協力して取り組んでいきます」
http://www.sankei.com/politics/news/170211/plt1702110019-n2.html

【管理人 補足記事&コメント】
安倍総理の競争記者会見の抜粋であるが、日本のアメリカにおける投資と雇用促進の実施を語り、さらに北朝鮮対応を語り、日米同盟の強固をアピールした形となった。安倍総理はかなり語りを練習したのではないか…。一方では、日本の鉄道事業のチャンスを生かすしたたかさも持ち合わせている。新幹線やリニア技術戦略はトランプ大統領には効果的だろう。

トランプ大統領の日本批判の裏には更なる雇用促進と投資を増やす狙いがあるわけで、その狙いとしては成功したと言えるわけで、安倍総理からすればもともと中国との鉄道受注競争もあり、優位に展開できる部分を強調した形となったともいえる。問題は大手企業がメキシコをはじめとして工場建設を実施してきた背景はメキシコの今後の発展を期待しての事でもあるわけで、アメリカにおける対応は企業側も戦略を練っているだろう。

ただアメリカに何でも有利と言うのでは、日本にとっては困りごとなわけで、日本政府としてどう補填外交を実施するかによるわけで、今後は実務を実施する大臣級に任せることになるのではと思うが…。この日米首脳会談はアメリカにとって損となる話はないわけで、日本の補てん方法にすべてかかっていると言っても過言ではないだろう。安倍総理もアメリカ傘下のイメージではなく、アメリカとともにを強調した形であるから、当面は意気投合するのではないか…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年02月11日 10:56 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(6)
インディアナ、オハイオ、、、
ペンス副大統領はインディアナ州知事でしたよね?
インディアナやオハイオなどの州には日本企業の工場がいっぱいある。また、日本人は感謝されてもいる。韓国人とちがって日本人とアメリカ人はそれらの州では良好な関係を築いている。私も過去にホンダジェットの工場やトヨタの工場を訪れたことがあるが、NYやカリフォルニアとは同じアメリカ人でも質が違うと感じたくらい勤勉なアメリカ人だった。
だからペンス副大統領と麻生さんに実務的な面を任せたのは大正解でしょう。
トランプ大統領との交渉はあまりしない方がよいからね。
まあ、日本としては大成功と言えるのではないか?
あと、ゴルフは安部ートランプ組とアキエ婦人ーイバンカ組に分かれるとのこと。これも最高の組み合わせ。アキエさんは日本の左との付き合いがうまいから、イバンカにアメリカの左との付き合いをアドバイスできる。
あとは、アメリカの石油を日本に輸入できるようにすること。それで原油価格は下がり、韓国をつぶせる。
[ 2017/02/11 11:45 ] [ 編集 ]
トランプ大統領は..
信頼するスタッフなら任せる傾向があるとか言われてますね、 だからこちらとしては、 相手毎に担当者を据えて、 マンツーマン・ディフェンスで行くのだとか、オフェンスが気にならないでもないですが、 現状はまずまずと言ったところでしょうか。

でも、 安倍総理や麻生副総理だから何とか上手くこなしてますが、 これが民珍党の面々だったら、 薄っぺらな正義感とか振りかざして敬遠されたでしょうね。

ハナタレというか、 なんか薄っぺらいんですよね、 左翼の諸君は。

[ 2017/02/11 11:58 ] [ 編集 ]
日本製リニア初走行はアメリカ?
日本では既にリニア工事が始まっているが、今からアメリカで計画スタートし用地買収が順調にいくなら、地理的条件を考えれば日本より早くリニア工事が完成する可能性がありますね。
[ 2017/02/11 16:05 ] [ 編集 ]
米大陸でリニアやるなら。
南米・中米・北米をブチ抜いて走るくらいが面白いと思うんすがね。 メキシコ-アメリカ-カナダとか、 今は無理ですね。

それと、 リニアじゃなくても、 高速貨物なんかも、 大陸は広いから重宝しそうに思います。 日本では、 構想は在っても仲々実現できない、 貨物新幹線のようなヤツ。

[ 2017/02/11 16:26 ] [ 編集 ]
会談は大成功
安倍トランプ会談は大成功だったと思う。外国のメディアは「ぎこちない抱擁」とけなしていたが、日本人にハグの習慣がないからスマートな抱擁はしょせん無理。
安倍首相はこれまでに日本がアメリカの雇用を創造している事実をのべた。
更には、これからも日本の高度技術を活用して雇用の創造に貢献できる事も強調した。
かつて日本の首相がこれほどはっきりと口にした事はなかったと思う。
もちろん日本も十分ペイできる事が肝要。あとは麻生閣下とペンス副大統領の交渉次第。
麻生閣下ならうまくいくと思う。
また安倍さんの支持率が上昇する(笑)
[ 2017/02/11 23:01 ] [ 編集 ]
風物詩
中国のスパイのレンホーが、またファビョル。
[ 2017/02/12 08:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL