韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  大宇造船にまた3200億ウォン投入…限度まで残り3800億ウォン

大宇造船にまた3200億ウォン投入…限度まで残り3800億ウォン

流動性危機を迎えた大宇造船海洋が今月初め、産業銀行と輸出入銀行から3200億ウォン(約320億円)を借りたことが確認された。船舶の建造に必要な資金が不足しているからだ。これを受け、2015年10月に政府が発表した大宇造船支援限度4兆2000億ウォンのうち3兆8200億ウォンが投入された。大宇造船支援の残りの限度は3800億ウォンにすぎない。

◆残りの限度7000億ウォンから3800億ウォンに
金融界によると、大宇造船は今月初め、産業銀行から100億ウォン、輸出入銀行から3100億ウォンの計3200億ウォンを追加で借りた。3月末までに必要な船舶建造費名目だ。この資金は政府が2015年10月の青瓦台(チョンワデ、大統領府)経済懸案点検会議で支援することにした4兆2000億ウォンに含まれる金額。当時、政府は大宇造船の経営正常化のため、産業銀行から2兆6000億ウォン、輸出入銀行から1兆6000億ウォンの限度性与信で支援することにした。限度性与信はマイナス通帳のように必要な時に引き出すことができる資金。

このうち両国策銀行は先月末までに3兆5000億ウォンを大宇造船に投入した。産業銀行が2兆4000億ウォン(貸出2兆ウォン、有償増資4000億ウォン)、輸出入銀行が1兆1000億ウォン(貸出)を支援した。 4兆2000億ウォンのうち残りの資金は先月末基準で7000億ウォンであり、金融当局はこれが最後とみている。大宇造船に対する追加の資金支援が難しい状況で、今年末までは資金不足分をこの資金で埋めるしかないからだ。しかし今回の追加貸出で大宇造船が両国策銀行から借りることができる限度は3800億ウォンに減った。


これに関し金融委員会の関係者は「昨年下半期から両国策銀行が大宇造船に7000億ウォンの限度内で随時資金を貸して償還を受けている」とし「少なくとも上半期中は大宇造船の流動性に大きな問題はないだろう」と強調した。

◆「3月以降」を心配する金融委
しかし市場では、大宇造船の流動性危機が最悪の状況に向かうのではという懸念もある。大宇造船は4月から社債の満期を迎えるが、償還の余力があるかというのが危機説の要旨だ。満期が到来する社債は4月4400億ウォン、7月3000億ウォン、11月2000億ウォン。 一部では正常企業に分類している大宇造船を債権団共同管理(自律協約)に入れて債務再調整をする必要があるという指摘が出ている。満期を迎える社債に関して社債権者集会を開き、個人投資家にも損失を分担させるべきだという主張もある。これに関し金融当局は「自律協約は検討しておらず、社債権者集会の開催も検討する段階ではない」という公式立場を出した。
http://japanese.joins.com/article/791/225791.html?servcode=300§code=320

【管理人 補足記事&コメント】
「政策を作った官僚は修理造船所に行ってみたのか疑問だ」
韓国政府が昨年11月31日に発表した造船産業競争力強化案を見た造船業関連研究委員の言葉だ。この研究委員は「わが国が1990年代に経済性がないとしてあきらめた船舶修理事業をなぜ政府が高付加価値産業として育成しようとするのか理解できない」とし「残りの政策もすでに出てきた内容を継ぎ接ぎしたものや現実性がないものがほとんど」と指摘している。2020年までに11兆ウォン(約1兆円)で船舶250隻を発注したり資機材・設備を国産化するという政策目標だけがあり、これをどう実行するのか分からないと、専門家らは口をそろえるとした。

日本の様な内需で支えられない国である。日本と同じことを実施しようとしても無理だろう。再生は決めたが、どのように進めるかという後続対策は見られない。9400億ウォンの社債満期が近づけば、大宇造船がまた流動性危機を迎えるというのが市場の見方だ。今年4月から社債4400億ウォンの満期を迎えるため「4月危機説」も出ている。今年3月までは政府が支援することにした4兆2000億ウォンのうち残りの貸出限度7000億ウォンで乗り越えることができるとしたが、残り3800億ウォンとなったわけで、そもそも世界造船企業数が過剰で、船舶も過剰なのだから無理がある。中国の造船業はかなりの数が倒産となっている。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年02月15日 10:44 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(4)
毎月必要1000億ウォン
韓経:大宇造船、毎月1000億ウォンの現金不足
中央日報日本語版 2/6(月) 10:05配信
大宇造船海洋が今年に入っても資金難を解消できずにいる。
毎月1000億ウォン以上の現金が不足していると分析されている。
長い「受注の崖」の影響で運営費として出ていく費用がより多くなったからだ。
[ 2017/02/15 11:38 ] [ 編集 ]
先伸ばししてどうする?
大宇造船の破綻は時間の問題であり、いくら資金を注ぎ込んでも助けることは出来ない。
先伸ばしして、破綻時の債務額を増やしているだけだ。
本来なら早く破綻させたほうが良いのだが、それを決断出来る人がいない。
これも無政府状態の弊害である。
だんだんギリシャに似てきた。
[ 2017/02/15 22:03 ] [ 編集 ]
潰すに潰せない
大宇自体はもうゾンビなのだが、ここを潰してしまうと、産業銀行と、輸出入銀行の貸出金に対しての引当金を積まなければならないけど、そうすると銀行自体が危なくなるし他の企業に対しての貸し剥がしが起こる可能性もある。ただでさえ、政策銀行として弱体化した韓国経済の下支えをしなければならないのに大宇造船が片付かないと動きようがないので手詰まり感が拭えません。
[ 2017/02/16 19:37 ] [ 編集 ]
貸さない
 日本の国策銀行は東芝には融資しない、企業体の不正、損失には自己責任で対処するのが基本中の基本でしょう、韓国の様に潰れかけの企業に国民の税金を投入しても再生出来ない場合は、誰が責任を取るのか?誰も取らない。
 朽ちていく木を支えても再生する事は無い、倒木の後に新芽が出るかは土壌(潜在力、解決力、協調力etc)次第ですが、韓国には全て無い!、つまり韓国はこれから発展する事は無い、信用出来ない国には誰も”貸さない(金、技術、人材など)”!!
[ 2017/02/16 21:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp