韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国「日本に競り勝った」 トルコでのインフラ受注に歓喜…

韓国「日本に競り勝った」 トルコでのインフラ受注に歓喜…

トルコが計画する世界最長のつり橋建設の受注合戦で、韓国の企業連合が日本勢に競り勝った。韓国では主要メディアが詳しく報じるなど盛り上がったようだ。このニュースはひと際輝いてみえたのかもしれない。というのも韓国経済の先行きは暗く、トルコでの勝利直後には中央銀行の韓国銀行が朴槿恵(パク・クネ)大統領のスキャンダルなどで景気停滞が長引くとの分析を公表。頭をもたげてきた大衆迎合主義(ポピュリズム)が「ギリシャ型不況」を招く、との悲観論も出始めた。

「海外受注の(途絶えてしまう)崖から抜け出すという期待感が高まっている」。韓国主要紙の中央日報(日本語電子版)が2月1日、韓国経済新聞の論評を掲載した。「復活に向けて動き出した『建設コリア』」としている。韓国企業による海外の大型プロジェクトは、2010年にアラブ首長国連邦(UAE)の原発工事受注以降は低迷していたが、昨年12月にイランの石油精製施設改善工事を受注。今年1月27日に、トルコのダーダネルス海峡を横断するつり橋建設プロジェクトで優先交渉権を獲得した。

ダーダネルス海峡は、エーゲ海とトルコの内海・マルマラ海をつなぐ海峡。つり橋は世界最長の3・7キロで、事業費は約3兆5千億ウォン(約3500億円)。SK建設と大林産業などの企業連合(コンソーシアム)が、設計・施工・運営を引き受ける。韓国の聯合ニュースは、「韓国企業が安値受注競争を脱却し、互いの強みを生かして協力し合い、さらに政府が積極的に支援したことで日本に競り勝つことができた」とする建設業界の見方を紹介した。

「この受注合戦は韓日間の『代理戦』の様相を呈し、注目を集めた」(聯合ニュース)という。韓国コンソーシアムの最大のライバルは「政府の支援を受けた伊藤忠商事やIHIなどの日本勢だった」からだ。インフラ輸出を成長戦略の柱に据える日本政府は、石井啓一国土交通相をトルコに派遣するなど官民でセールスを展開した。 一方の韓国政府も黄教安(ファン・ギョアン)大統領権限代行が「海外でのインフラ受注拡大」方針を打ち出し、韓国輸出入銀行や貿易保険公社が建設資金の低利融資で協力した。聯合によると「日本と大差のない条件だ」。

韓国政府のトルコへの働きかけも、日本より早かったようだ。加えて韓国メディアはSK建設や大林産業の技術力の高さ、国際ネットワークの強さを勝因として挙げている。一方で、朴大統領のスキャンダルによる混乱は、まだ収拾のめどが立たない。その上、米連邦準備制度理事会(FRB)による利上げや新興国からの資金流出、欧米で広がる保護主義などで主力の輸出産業が打撃を受ければ、低迷を脱するのに要する期間は「過去(の9カ月)より長くなる」可能性があるという。
http://www.sankei.com/west/news/170215/wst1702150004-n1.html

【管理人 補足記事&コメント】
このプロジェクトはダーダネルス海峡に架かる全長3.7キロのつり橋と前後の道路を建設し、運営するもの。民間が資金を調達して建設し、建設費を通行料収入で回収する建設・運営・譲渡(BOT)方式で、橋などをトルコ側に譲渡するまでの運営期間が最も短いグループが落札する。 大林産業とSK建設のコンソーシアムは序盤から有力候補として取り沙汰されていたが、政府の支援を受けた伊藤忠商事やIHIなどの日本勢がライバルとして立ちはだかったという。

一方の韓国政府も、トルコで昨年半ばに実施された大林産業の予備妥当性調査に4億ウォン(約4000万円)を援助し、昨年末には国土交通部の担当局長を現地に送って支援に動いたとした。 韓国勢が資金の調達で日本勢より不利にならないよう、韓国輸出入銀行や韓国貿易保険公社などはトルコ現地の市中銀行よりも低い金利で資金を貸し付けることを決めたとの事。

韓国が日本に競り勝ったと騒いでいるが、工事費は3兆1000億ウォン(約3000億円)で、まずは受注者が建設費を負担し、完工後に通行料収入で建設費を回収して橋の所有権をトルコに引き渡す「建設・運営・譲渡(BOT)方式」では受注しても利益はない。そもそもトルコで日本企業の受注合戦は数年前から実施している。韓国企業では無理だろう。さらなる次の橋もあり、日本企業も海外受注が大きく落ち込んでいるとはいえ、無理な契約では赤字が増えるだけだろう…。



最新コメント
関連記事

お勧め記事


ブログパーツ
[ 2017年02月16日 11:21 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(3)
大林産業って、大林組のパクリみたいな社名だなw
平昌オリンピックの高速道路の建設現場が崩落したのを知らないのかな?
[ 2017/02/16 21:26 ] [ 編集 ]
南鮮の海外インフラ・プロジェクト
どっかの橋は見事に崩落しまし
たよね。 今は代わりに日本の橋
が建ってる。 (パラオだったか?)

UAEに輸出した原発は60年間、関
わり続けると言うが、 これは体
のよい罰ゲーム、 利益なんか出そ
うもない。
┌────────────┐
│尤も、密かにプルトニウムを入手│
│して、 核兵器開発しようと│
│している疑いもある、 なん│
│せ、 今年いっぱいIAEA要監│
│視国なワケで。       │
└────────────┘

とにかく、 南鮮は受注段階だけ
は必死コイて来ますが、 後が続か
ないことが非常に多い。

多分ですど、これはUAEもそうで
すが、 トルコの方が一枚上手で、安
く造らせる為に朝鮮人の特性を
最大限活かした。

キチンと完成すれば、それはそれで
いいし、 出来なければ違約金そ
の他の条項が、 契約に含まれて
るんじゃないでしょうか?

ダチョウ倶楽部の 「どうぞどうぞ」
が、 フト脳裏を過ぎったりしまし
た。

フーガさん、皆様、どう思います?

[ 2017/02/16 22:04 ] [ 編集 ]
日本に勝つことが優先?
利益度外視で日本に勝つことだけが目的だったのでは?政府系銀行が金出して利益が出るかどうかもわからないプロジェクトを受注するとは…
日本は巻き込まれなくて良かったんじゃないかな。

[ 2017/02/16 22:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL