韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  「起業79年で最大の危機」 サムスン首脳逮捕、韓国経済へ影響必至

「起業79年で最大の危機」 サムスン首脳逮捕、韓国経済へ影響必至

韓国最大の財閥、サムスングループの経営トップ、李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長(48)の逮捕は同グループだけでなく、「サムスンが牽引(けんいん)している」と言っても過言ではない韓国経済にも悪影響を及ぼすことが不可避な情勢だ。

サムスンは李容疑者の祖父のビョンチョル氏、父の李健煕(ゴニ)氏の経営で、韓国経済の成長に貢献してきた。韓国でのサムスンの存在は絶大で、国内総生産(GDP)と輸出の約20%を占める。トップが逮捕されたのは設立以来初で、「起業79年で最大の危機」(韓国メディア)に直面した。

五輪の公式スポンサーでもあるサムスンは、世界で最も知られる韓国企業だ。韓国では全く関係のない者までがサムスンを誇る。しかし、昨年、サムスンブランドのスマートフォンが各国で発火事故を起こし、ブランドに傷がついた。

経営トップ逮捕を受けサムスンは17日、「今後の裁判で真実が明らかになるよう最善を尽くす」とコメントした。だが、国際的なイメージの一層の低下は、避けられそうにない。各国からの取引停止といった制裁を受ける可能性までも出ており、サムスンは災難に見舞われ続けている。

李容疑者の逮捕を受け、17日のソウルの株式市場ではサムスン電子の株価が一時、前日終値比で1%以上下落した。グループ傘下の他企業の株も下げた。トップの逮捕でサムスンの経営に空白が生じ事業の停滞に追い込まれれば、そのダメージが韓国経済に波及することへの懸念も財界を中心に出ている。

韓国貿易協会や韓国経営者総協会の関係者は「輸出や内需の低迷に苦悶(くもん)する韓国経済への影響は大きい」とみている。昨年12月のLG電子に続き、サムスン電子が今月、脱退した韓国最大の経済団体「全国経済人連合会」(全経連、日本の経団連のような団体)はすでに存続の危機にある。韓国では1997年の通貨危機のような経済危機の再来が懸念されている。その危機感に、サムスン経営トップの逮捕が拍車をかけている状況だ。
http://www.sankei.com/world/news/170217/wor1702170058-n1.html

【管理人 補足記事&コメント】
サムスンの設立以来、経営トップが逮捕されたのは初めてとなる。韓国メディアは17日朝から、李容疑者の逮捕を「起業79年で最大の経営危機」などとトップニュースで伝えた。産経ニュースは、韓国の最大財閥トップのの逮捕は停滞する韓国経済への打撃となりかねず、捜査段階から財界を中心に懸念が強かったとした。

サムスンの場合は経営権の問題だけで、最悪経営者の交代で対応が付く。 ただ韓国財閥でなければ、本来の外資系企業がより明確になり、現状より発展するのではないか…。2代目或いは3代目となるにしたがって、経営能力は低下し、3代目で財閥経営は大半がネタが尽きると言われる。そろそろ韓国財閥も世代交代で経営から外され、世界企業としてあるべき姿にいずれなるのだろうと考えれば、まずサムスンが先陣を切れば興味深いが…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年02月18日 09:48 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
経営者の交替だけで済むかな?
韓国GDPの20%を稼ぎだす会社のトップが逮捕されたんだから、韓国経済に影響があるのは当然。
ブランド力の低下とか政府との繋がりの低下とか…
投資家も引きぎみになるとか。

この井戸の中の争いは面白いね。

[ 2017/02/18 14:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL