韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  輸出大国韓国、世界8位に順位後退

輸出大国韓国、世界8位に順位後退

19日、世界貿易機構(WTO)が71カ国を対象に作成する輸出入統計によれば、韓国の昨年輸出額(商品輸出基準)は4955億ドル(約57兆円)で前年より5.9%減った。2015年に8%減ったのに続き2年連続で後退した。輸出が2年連続で減少したのは1956年の統計作成以来1957~58年(-9.7%・-25.9%)以来58年ぶりだ。また、輸出額順位は主要71カ国中の8位に後退した。

2015年(世界6位)に比べて2階段下がった順位だ。輸出額順位は2008年の12位から2009年に9位、2010年7位、2015年6位まで跳躍したが、2009年以後最低順位に再び押し戻されたわけだ。

韓国の輸出減少は世界経済の回復遅延と保護貿易主義の浮上にともなう交易後退と関連がある。昨年主要71カ国の輸出入額を合わせた世界貿易額は、前年より2.7%減少した29兆7410億ドルで、2010年(28兆2480億ドル)以後最低水準に縮小した。2014年(34兆6450億ドル)で頂点に達した後、2015年に11.8%減ったのに続き2年連続で萎縮を免れなかった。

世界貿易額が2年連続で減少したのは第2次オイルショック以後の1981~83年当時に3年連続で減って以来33年ぶりだ。

10大輸出大国のうち6カ国は昨年輸出が減少した反面、4カ国は増加した。韓国の減少幅は、英国と中国に続き3番目に大きい。1位輸出国は2兆982億ドル(前年対比7.7%減少)を輸出した中国だ。2位は米国(1兆4546億ドル・3.2%減少)、3位はドイツ(1兆3396億ドル・1.0%増加)、4位は日本(6449億ドル・3.2%増加)、5位はオランダ(5692億ドル・0.1%減少)、6位は香港(5167億ドル・1.2%増加)、7位はフランス(5009億ドル・0.9%減少)だ。イタリア(4614億ドル・1.0%増加)と英国(4089億ドル・11.0%減少)がそれぞれ9位と10位を占めた。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/26566.html

【管理人 補足記事&コメント】
輸出に大きく依存しているドイツの製造業界は、リーマン・ショック以降の世界同時不況に直撃されたのである。ドイツ経済の特徴は、314万社の企業の98%を占める中規模企業(ミッテルシュタント)が、高い技術力を生かして特殊な市場で大きなシェアを持っている。

ダイムラーやシーメンスとは違って、消費者にほとんど名前を知られていないが、工作機械や特殊なネジ、部品などのニッチ市場で世界最大のシェアを占めている企業が、ドイツには沢山ある。これらの企業が製品を売る相手は、消費者ではなく企業である。ビジネス・トゥー・ビジネスの頭文字を取ってB to B取引と言われる。ドイツの多くの中規模企業は、ほかの企業には真似できない特殊な技術を持っているので、顧客と長期的で安定した取引を行うことができる。「余人をもって代え難い」メーカーなのである。これがドイツ経済の強さの秘密と言える。

EUでは、ドイツが他国に比べて大幅な貿易黒字を抱えているのに対し、ギリシャやポルトガルのような国は輸出産業が弱く貿易赤字に苦しんでいる。この貿易不均衡が、ギリシャなどの債務危機の原因の1つになっているという意見もある。ドイツでは税金と社会保険料が高く、可処分所得が低いので国内需要が弱い。このため企業が輸出に依存せざるを得ないという事情もある。中G小企業で成り立つ構造は日本に似ている。ISO監査員のドイツ人に聞くと、システムは日本と比較しても実にシンプルである。日本はそういう部分を見習う必要があるのも事実。韓国は論外と言える。何かと日本やドイツと比較したがるが、中小企業技術レベルが低いうえに、外資家企業統治の韓国である。自己都合の財閥経営には限界がある。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年02月20日 09:26 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL