韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国にないもの、政治的選択の自由

韓国にないもの、政治的選択の自由

「韓国が多くのアジア大陸の国家に比べてより民主的」と主張するには2つの問題がある。まず、表面的に一党政治を標ぼうする国家の実質的な政治的多様性や躍動性を過小評価するという問題だ。二番目は、韓国の形式的民主主義が実際に有権者に提供する政治的選択の“幅”の問題だ。

私たち韓国人は民主化に誇りを持つが、民主化された韓国で現実的な政治的選択の幅は超強硬保守からせいぜい穏健保守までだ。もっぱらごく少数の大企業の私益だけを準備する財閥共和国の基本構造を本質的に変えようとする政治家は、主流政治の舞台に進出できないように設定されているこのシステムは、果たして民主主義と言えるのか?

韓国国内の人々と話す時、しばしば聞く主張が一つある。民主化を成し遂げた大韓民国は、多くのアジア大陸の国々とは違うということだ。中国、ベトナム、北朝鮮などが事実上の一党独裁を維持している反面、韓国では多党制議会政治と平和的政権交替、公正選挙などが可能だということが韓国人にとって大きな自負心の根拠になっているようだ。

もちろん根拠のない自負心ではない。中国やベトナムの以党治国、すなわち実力主義的方式で選抜、配置された指導政党の官僚らが制度的に統治する“大衆独裁”に比べて、はるかにマフィア支配に近い軍部政治を清算したことは、当然に韓国現代史の誇りだ。ただ、この誇りを出発点として「韓国が多数のアジア大陸国家に比べてより民主的」と主張するには2つの問題がある。


まず、表面的に一党政治を標ぼうする国家の実質的な政治的多様性や躍動性を過小評価するという問題だ。事実、一党体制の唯一指導政党内で表出される派閥間政治的見解の相違は、場合によっては韓国における与野党間の差異以上でありうる。ただ、この派閥間の軋轢は、財閥の政治資金を基盤とする遊説期間の“票集結戦争”ではなく、官僚社会内部での勢力拡大方式などで進行されるという点が違う。同じ党でも、政派間の攻防がどれくらい激しいかは、中国の薄煕来(ポー・シーライ)や北朝鮮の張成沢(チャン・ソンテク)の運命を見れば簡単にうなずけるはずだ。もちろん粛清に帰結される政治競争方式は全く理想的なものではない。しかし、それでも金持ちからの政治資金支援を離れては存在できない韓国の金権政治も、民主主義の理想に近接するものと見ることはできない。

もう一つは、韓国の形式的民主主義が実際に有権者に提供する政治的選択の“幅”の問題だ。表面的には非民主的な“大陸国家”でも、内部では官僚政派間の意見の相違が非常に大きいこともある。例えば一部の専門家の推測によれば、張成沢は首領主義的唯一指導体制より集団指導体制を好んだ人物だ。1人指導が数十年間続いてきた社会において、これは十分に革命的発想と言える。数十年間にわたり財閥本位の経済体制を維持してきた韓国でいえば、財閥解体程度になる。ところで、果たして韓国で選挙制民主主義の枠組みの中で政治競争の権利を保証された野党がどこまで革命的発想を持ち出すことができるだろうか?
http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/26586.html

【管理人コメント】
日本敗戦後に、朝鮮半島は日本統治下から自由を得たはずが、北と南で政策を含め折り合いが合わずに結局、北の支配はロシアであるから朝鮮半島におけるロシア支配を嫌って、アメリカが押し上げて、軍事境界線で折り合いをつけた形である。日本統治下から解放されてもなおかつ、自己都合である。それは今の状態も変わらない。統一妄想だけが先走り、単に日本との競争でGDPで日本を抜くことだけを夢見ているのだろう。北はアメリカからの攻撃を避けるために核兵器にかじ取りをした。

結局北も南も戦後70年以上経過しても折り合いが合う事はない。朝鮮人の特徴と言える。とはいえ南は日本の企業統治であり、金融は日米統治下にある国である。日本の敗戦とともに日本統治下から逃れたとはいえ、日本の莫大なODAで今の韓国経済・社会があるわけで、純粋な自国企業は中小企業のみの国である。従って自国雇用もその中小企業となる。それ以外の大手企業は外資系企業となる。自由を与えても、自由と自ら放棄する北と南であるから、何ともばかげた国である。

世界経済の通り道となる朝鮮半島だけに厄介と言える。いまだロシアの北朝鮮であり、アメリカの韓国である。そこに中国が加わっているわけで、なお厄介な状態と化している。というより日本政府もまた腹黒い自民党である。朝鮮半島の行く末は、日本には関係がないと言いつつ、実はそうではない。予想以上に日本政府の動きは日米と日露そして日中外交で朝鮮半島問題を課題としているのではないか…。表だってニュースにしていないだけである。日本国民としては日米同盟やロシアに友好的な安倍総理と言いつつも朝鮮半島には関心をもって、日本政府の動きに注視していただきたいと思う。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年02月22日 10:18 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp