韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国の肺癌女性患者10人に9人は“非喫煙者”…「調理の煙が原因」

韓国の肺癌女性患者10人に9人は“非喫煙者”…「調理の煙が原因」

たばこを吸っていないのに肺癌に罹る女性が増えていることが明らかになった。

22日、健康保険審査評価院の医療統計資料によれば、女性肺癌患者は2016年基準で2万7884人で、2010年の1万6806人に比べて1.66倍に増えた。また、2016年の肺癌患者全体7万9729人のうち約35%が女性で、肺癌患者の3人に1人以上が女性であると集計された。だが、2014年国立癌センターの統計で、女性肺癌患者10人のうち9人(87.8%)が喫煙経歴がないことが調査されたことがある。女性の場合、たばこを吸っていないのに肺癌に罹るケースが多いということだ。

世界保健機構(WHO)の説明によれば、たばこを吸わない女性の肺癌発病原因は、調理する時に発生する煙、微細粉塵または大気汚染物質であると推定される。また、喫煙者がたばこを吸う際の間接喫煙でたばこの煙を吸い込んだためという説明もある。実際に中国のある研究結果では、非喫煙者のうち調理をよくする女性が、そうではない女性に比べて肺癌発病リスクが最大で8倍高かった。デンマークのある研究では、超微細粉塵濃度が5μg/立方メートル上がる毎に肺癌発病リスクが18%増加して、微細粉塵が10μg/立方メートル上昇する毎に肺癌発病リスクが22%増加したことが分かった。


中央大学病院胸部外科のパク・ビョンジュン教授は「喫煙男性が主に扁平上皮細胞癌に罹る一方で、非喫煙女性は腺癌に多く罹っている」と説明した。非喫煙女性の場合、肺癌を予防するにはまず間接喫煙にさらされないようにすべきで、家庭で調理をする際には必ず窓を開けて換気をし、換気扇を使った方が良い。また、魚や肉を焼いたり炒めたりする時には、蓋をして調理した方が良い。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/26598.html

【管理人 補足記事&コメント】
イギリスの研究では、風通しの悪く、燃焼の効率の悪い環境で一時間を調理すれば、人体の健康に与える損害は、二箱の煙草を吸うと同じであるとした。 同研究の調査で、喫煙せず女性の肺がん患者の中に、60%以上は長期で厨房の煙と接することであるとしている。女性の肺ガンを誘発する原因は、喫煙以外、厨房の中の空気汚染と密接な関係がある。51%の肺扁平上皮ガンと61%の肺腺がんの発生は、厨房で調理時に発生する煙の汚染と関係があるという。

厨房の油の煙に対して、多くの人は油断し、その危害性に対するまったく注視せず、最終的に肺ガンを誘発する結果に至る。油の煙はなぜ発ガンするのか。専門家は、それは調理油は高温で異変をすることが原因であると指摘している。菜種油はリノール酸、リノレン酸など不飽和脂肪酸が多く含まれ、温度は60度に上がると、酸化し始まる。130度になると、酸化物質が分解し始め、多種の化合物に形成する。こういった化合物の中の一部は発ガン物質である。 150度になると、その中のグリセリンが油の煙の主成分アクロレインを生成する。この物質は強烈な臭みがあり、鼻、目、喉などに強い刺激を与える。更に調理油を200度以上にあげると、毒性強い窒素酸化物などの化合物を発生する。

微細粉塵または大気汚染物質であると推定されるというが、微細粉塵が問題ではない。例えばコピー機のトナーを製造している企業を調査すると、トナーは円形ではなく、吸い込むと肺に刺さると言われるが、肺がん患者が多いかというとそうではない。トナーの開発を一年実施したが、特殊なマスクをつけていても、鼻の中は真っ黒となる…。重要なのは添付記事に掲載したような発がん性物質の存在となるわけで、微細粉塵付着した物質などまで分析して記事にしてほしいものであるが…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年02月23日 09:48 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(2)
愚生の祖父は..
愚生の祖父は西武の機関士で、 仕事が終わると鼻腔は真っ黒だったって言ってましたね、 中には喘息になっちゃう人もいたとか。

    ところで..

南鮮は、 受動喫煙なんか心配するより。

 そりゃあ、 受動喫煙も問題でしょうが、 伝染病の方がよっぽど深刻だと思いますがねぇ。 南鮮の場合は。

例えば、 口蹄疫とか、 高病原性鳥インフルエンザとか。 今年も鶏を盛大に殺処分してましたよね。 (何千万羽とか)

 南鮮では、 家畜を埋却処分する場合、穴にシートを敷かないことがママあり、 石灰を撒かなかったり、 覆土がテキトー&ヤッツケだったりするといいます。 雨など降ると、 家畜・家禽の死骸が地面から露出しちゃうことも割とあるみたいです。

 こういった殺処分家畜の死骸処理に関しては、 農林水産食品部の 「口蹄疫緊急行動指針」 と、 環境部の 「家畜埋葬地の環境管理指針」 という、二つのマニュアルが一応あるんだそうですが。 両マニュアルに共通するのは、 埋却後に死骸から染み出てくる病原性細菌を防ぐのが目的のはずなのに、 その具体的方法や指標が明確に示されていないことなんだそうです。

 ある調査では、処分地の88.9%でバチルス菌汚染が確認され。 これは炭疽菌汚染の可能性を示唆するというのです。 口蹄疫や鳥インフルの時、 当時の南鮮政府は安全宣言を出しましたが、 それでも定期的に炭疽菌が原因の死亡者が出てるといいます。

 つうことは、 今後、 南鮮全域が炭疽菌に汚染される可能性があるっつうこと?

 そんな 「バッチイ」 奴らが、フェリーに乗ってビッシビシ来日してくる恐怖!

  (((( ;゜Д゜))) ヒィ~
  ガクガク ブルブル

 口蹄疫と、 高病原性鳥インフル鶏の埋却地を含めると、 南鮮全体が“汚染地だらけ”になっちまいそうなほどです。 ほぼ全ての水源が死骸の体液で汚染されちゃうんじゃないかな?

 そういえば、 とある保育園が飲料水に井戸水を使っていて、 その地下水は水銀や砒素で汚染されているというニュースもありましたよね。 その井戸水に更に、 死骸から染み出た体液やら病原菌やらが加わるということ。

 南鮮の飲食店は井戸水を使用してるところが割と多いらしいのですが、それだけで愚生は南鮮に行く気になれません。 もちろん、 日本に来て欲しくもありません。
[ 2017/02/23 18:33 ] [ 編集 ]
本当におぞましい国ですね。
[ 2017/02/25 07:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp