韓国経済.com

韓国経済ニュースを詳しく説明するサイトです。韓国経済崩壊ニュースや、TVでは報じていない韓国経済ニュースもご覧いただけます。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスンの「核心の実力者」チェ副会長・チャン社長が辞意表明…今後のサムスンは?

サムスンの「核心の実力者」チェ副会長・チャン社長が辞意表明…今後のサムスンは?


お勧め記事


ハンギョレ新聞は、サムスングループのコントロールタワーである未来戦略室のチェ・ジソン室長(副会長)とチャン・チュンギ次長(社長)が、来月で経営一線から退くと報じた。 サムスンはパク・ヨンス特別検察官チームの捜査結果が出る3月初め頃、未来戦略室の解体とグループの運営策、経営の透明性強化策などを含めた刷新案を発表する計画だ。サムスンの関係者は「未来戦略室がなくなり、チェ室長とチャン次長は役職から退く。経営の一線からは退くが、常勤顧問や顧問などの役割は務める可能性もある」と話している。

チェ副会長とチャン社長は、サムスン電子のイ・ジェヨン副会長が賄賂供与の容疑などで拘束されたことに責任を取って、役職から退く意思を明らかにしたという。サムスンの“ナンバーツー”と呼ばれるチェ副会長は、サムスン電子代表取締役社長と副会長を経て、2012年から未来戦略室を率いており、チャン社長はグループの対外業務を総括してきた。

未来戦略室は、グループの人事・企画・系列会社別調整業務だけでなく、イ・ジェヨン副会長のグループ経営権継承作業を主導してきた。この過程で国民年金と公正取引委員会などのロビー疑惑が持ち上がると、イ副会長は昨年12月、チェ・スンシル国政壟断聴聞会で、未来戦略室の解体を約束している。サムスンは2008年のサムスン特検の際も、当時の戦略企画室を解体しイ・ハクス副会長やキム・インジュ社長が経営の一線から退いたことがある。

詳細はこちら
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/26624.html


スポンサードリンク


【管理人コメント】
昨年12月、朴槿恵・崔順実ゲート(民間人の崔氏が国政に介入した容疑)関連国政調査聴聞会に出席したサムスン電子の李副会長が「問題があれば未来戦略室を解体する」と発言している。 サムスン未来戦略室は時価総額373兆ウォン(16年11月基準、約36兆7000億円)のサムスングループを動かす中核組織だ。歴史的にはサムスン創業者の李秉チョル元会長から始まり、半世紀以上にわたりサムスン総帥の「シンクタンク」の役割を果たしてきた。

京郷新聞は「未来戦略室をなくすという問題は、サムスンだけでなく国や民間経済部門にも大きな影響を与える問題」と分析している。当時、国会聴聞会でチェ・スンシル母娘支援およびサムスン物産合併ロビーを主導した疑惑を受ける未来戦略室に対する叱責が相次ぐと「解体する」とサムスン副会長がや即したわけで、未来戦略室のチャン・チュンギ社長は、対外担当責任者として、チェ氏に対するサムスンの300億ウォン台の支援を主導した疑いで検察の調査を受けているた。

また、キム・チョンジュン社長戦略1チーム長は、不公正合併比率論議が荒々しいサムスン物産と第一毛織との合併の実務責任者として、国民年金の合併賛成関連ロビー疑惑を受け、サムスングループの関係者は「3世継承と関連して、未来戦略室縮小はすでに予想されていたとした。サムスンのコントロールタワーは、故イ・ビョンチョル創業者の時期の1959年に設立された会長秘書室が原型だが、サムスンがグローバル企業として跳躍し始めた1990年代後半から3回も名前が変わるほどに栄誉と恥辱が交差したとハンギョレ新聞は、伝えている。

これまでグループのコントロールタワーの企画力を、イ・ゴンヒ会長のリーダーシップで補ってきたわけで、会長が倒れてからは、法的実体のない組織で便法・不法行為を主導しているという指摘もある。サムスン3世時代の主役であるイ・ジェヨン副会長に要求される変化と革新を主導する限界とも言える…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年02月25日 08:54 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
悪役の罪状
サムスンはトップが逮捕で、番頭さんはトンズラ、戦略司令塔不在に。
東京都議会は知事が都議会自民党解体に挑戦。
悪役の罪状は、韓国はほぼ解明された。東京都はこれから。
似たような、似ていないような話ですが、違うのはアイコニックな
リーダーがいるか、いないか。
[ 2017/02/25 13:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp