韓国経済.com

韓国経済ニュースを詳しく説明するサイトです。韓国経済崩壊ニュースや、TVでは報じていない韓国経済ニュースもご覧いただけます。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国の付加価値創出能力は韓中日で最下位、その理由は

韓国の付加価値創出能力は韓中日で最下位、その理由は

朝鮮日報は、「韓国の付加価値創出能力は韓中日3か国の中で最も低い」という研究リポートが示されたと報じた。現代経済研究院は、韓中日3か国の付加価値誘発係数(2014年基準)の測定結果を26日に発表。

それによると、韓国の付加価値誘発係数は0.711で、日本(0.825)、中国(0.808)より低かった。これは韓国で需要が1単位発生した場合、創出される付加価値は0.711ということを意味する。つまり、韓中日で同じレベルの需要が発生した場合、付加価値を生み出す能力は韓国が最も低いということだ。

このような結果が出た理由は、韓国では核心部品の日本への依存度が依然として高い上に、中国に進出している韓国企業が現地で部品を調達する傾向が高まってきたからだ。韓国は機械装備・半導体・自動車部品など核心部品を日本からの輸入に頼っており、需要が増加して生産量を引き上げても付加価値を高めるのは難しい、と現代経済研究院は分析している。

昨年、日本から輸入した物品のうち、素材や部品の割合は17.8%に上った。また、中国に進出した韓国企業が部品を現地で調達する割合は、2004年の38.6%から15年には56.4%まで高まり、韓国の付加価値創出活動をけん引する効果が薄れてきている。詳細はこちら
 
スポンサードリンク


【管理人コメント】
付加価値とは、以下の式で定義される企業が生み出した価値のをいう。
付加価値 = 売上高 — 外部購入費(材料費、外部加工費、等)

一例で示せば、ある川の水を原価10円で仕入れて瓶詰めして売価100円で売ろうとしても顧客は買ってくれない。その川の水質が良く昔からその川の水を争って求めていた等のストーリーがあり、それにふさわしいパッケージングがされて初めて、顧客はお金を払うわけで、そのお金が、企業の存続・成長のもとになる。しかし、顧客が評価するのは売価と瓶代などを含む原価の差を正当化する水質とストーリーだけであり、それが付加価値の源となる。

水質検査、ストーリー作りやパッケージ・デザインの費用は含まれ無い。それらの費用は売価の正当化のために企業が自分の都合で費やしたものであり、顧客の関知するところではない。という事を考えると、企業経営者が最初にすべきことは、売上や利益の向上ではなく付加価値創出法の設計と言える。

単純に、会社がスループットを向上させるためにすべきことは、「ひたすら”売れるもの”を作る」という事である。ところが売れるもの作っても届けるのが遅ければ、その分スループットは下がる。また、売れないものに製造資源を振り向ければ、その分売れるものへの対応が遅くなる。さらに、売れるものを作っても、その品質が悪ければ、需要を満たすことができずスループットは上がらない。

まず。製造の品質を向上させ、さらに、需要に合うものだけを作り、自社の都合で生産計画を立てる方式(Push)ではなく、顧客の注文に基づいて生産する方式(Pull)に転換する事が重要となる。同時に生産スピードそのものを上げる必要があるわけで、スループットを上げるためにも重要だが、それ以上に顧客満足度向上のために不可欠となる。

経営の根幹は、顧客に付加価値を認めてもらって、自社の商品・サービスに多くのお金を払ってもらうことである。
自己都合或いは自社都合または自国都合の韓国は、理解できるかどうかが問題だが…。



お勧め記事

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年02月27日 11:05 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(3)
ニーズとシーズって有りますよね。
 市場調査して、 その結果に基づいて必要ならば技術開発するっつうのが、 ニーズに沿った事業となるでしょうか?

 一方、 企業側から、 ある技術や、サービスに関する提案が先ずはあって、 今は必ずしも必要性のあるものではなくても、企業側がライフスタイルを変える提案をしたり、 目新しい驚きや感動を与えて、 消費者に必要と感じさせるようにしてゆく。 そんなパターンもあるんじゃないでしょうか。

 企業の提案を契機に、 消費者はその商品・サービスに対して、 顕在化していない消費欲求を持つようになる、 そんな遣り方も在ろうかと考えます。

 例えば、 携帯電話はニーズとしても在ったけれども、スマートフォンとなると想像以上の提案だった(違うカモだけど)。

 そのてん、 南鮮企業は流行りものを嗅ぎ付けて素早く乗っかるのは上手いと思いますが、 流行りの契機となるシーズは創り出してはいないカナ? なんて思ったりしますね。

 だからパテント等の旨味を享受できず、ロイヤルティを払わされたりしている。

 やっぱり、 ニーズを踏まえて、 その先にある消費者の 「潜在欲求」 をまで見通し、 それを掘り起こす創造を先行して行う。

そうした“力”のようなもの、 “センス”てか“天分”のようなモノが、 南鮮企業には不足しているのでしょうか?

 やべ、 飛ばし過ぎてペテン(頭)がオーバーレブして焼き付きそうなんで、 Nanashi2さんや田中さん、 フーガさんなど、 賢い人にバトンタッチします。
[ 2017/02/27 12:34 ] [ 編集 ]
経営の根幹は、自社の商品・サービスに多くのお金
<経営の根幹は、顧客に付加価値を認めてもらって、自社の商品・サービスに多くのお金を<払ってもらうことである。

 一般的には、正しい。しかし、韓国国内では顧客に付加価値を認めてもらって高値で売る。

 それは、寡占利益です。自動車は現代、起亜で70%、電気製品はLG、サムソンで90%の寡占で付加価値が少なくても高値で売る。

 付加価値で競争するより寡占で利益を上げる方が楽でいいです。
[ 2017/02/27 20:29 ] [ 編集 ]
競争力低下
>韓国の付加価値創出能力は韓中日3か国の中で最も低い

これは商売の結果を言っていて、韓国製品の競争力が
下がったという話でしょう。

"アイミツ"(相見積もり)取って、お宅は高いよと
押して、価格を下げさせる。普通にある話です。
[ 2017/02/27 23:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp