韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国株、依然として安い…新興国より低く評価

韓国株、依然として安い…新興国より低く評価

韓国経済新聞は、韓国株式市場が主要先進国だけでなく新興国と比較してもかなり低く評価されていることが分かったと報じた。

サムスン証券と金融投資業界によると、今年の韓国株式市場の12カ月先の予想株価収益率(PER)は9.6倍だった。PERは株価を1株あたりの純利益(EPS)で割った数値。低いほど株価が低く評価されていることを意味する。

主要先進国のPERを見ると、米国が18.5倍で最も高い。次いで日本15.9倍、香港15.9倍、英国14.8倍、フランス14.7倍の順。新興国もフィリピン17.8倍、インド16.8倍、インドネシア15.5倍、中国12.5倍と、ほとんどが韓国より高い。

低評価の最も大きな原因は、その間KOSPI指数がボックス圏で推移してきた影響が大きい。他国の株式市場に比べて低く評価されているだけに割安感があるという分析だ。


【管理人コメント】
中央日報は2012年に サムスン証券が1月2日にまとめた「1月の株式市場見通し」報告書の一部を紹介している。韓国株のPER(株価収益率)は約9倍で、米国など他の国より低く、また過去より低いとされている。ところが小さな文字で注釈がつけられていた。「12カ月先行PER基準」。企業が出した実際の利益ではなく、1年後の利益予想値を基準としてPERを計算したという意味だ。市場専門家らはすべて韓国株のPERは8~9倍と話す。これを根拠に「安いから投資しなさい」と薦めるとした。

つまり2012年に韓国株を安く評価し、投資を促したというわけだ。 現実に計算しなおすと2010年までの10年間の平均PERは14.5倍にもなったと伝えている。この値は今回の記事でいう日本或いは英国とほぼ同じ水準となる。中央日報によるご都合記事に感じるが…。中央日報で韓国経済新聞記事を掲載するようになったが、韓国経済新聞記事のほうがより正確ではないのか…。最近記事を見ているとそう感じる部分が多分にある。

PER(株価収益率)というのは、“会社の利益と株価の関係”を表していて割安性を測ることができる。一般的に、『PERが低ければ低いほど、会社が稼ぐ利益に対して株価が割安である』といえる。具体的な計算式は下記のようになる。
■PER(株価収益率)=時価総額※÷純利益

PERは、時価総額÷純利益で求めることができる。(1株あたりで考えると、株価が1株当たりの純利益の何倍まで買われているかを示すことになります)PERが“10倍”であれば、純利益の10倍まで買われていることになり、投資した資金の回収までに“10年”かかると言う見方にもなる。

例えば、現在の株価・・・100円
1株あたりの利益(純利益)・・・10円
PER(株価収益率)=「株価」÷「1株あたりの1年間の利益(純利益)」なので、100円÷10円=10 というわけでPERは10倍となる。来年の予想1株利益の20円ならば、現在の株価100円で割ると、PERは5倍になる。現在の利益でPERを求めると10倍だが、予想利益で求めると5倍というわけだ。

例えばこの企業が、新興国の企業であったり、高成長業種であるとすれば、今年の1株利益が10円だが、来年はさらに利益が増え、1株あたり20円の利益が出るだろうと予想されていると仮定すると、来年の予想1株利益の20円で現在の株価100円を割ると、PERは5倍になというわけで、中央日報が2012年度の掲載した記事の意味となる。だが韓国経済新聞の意味合いは、先の見通しのない状態を語っているわけで、韓国経済低迷を考慮すれば当然だろうと思うが…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年02月27日 11:48 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
株価がボックス圏にあるのは政府主導で株価操作をしてるからだ。
大体、割安だと主張する証券会社や格付け会社、機関投資家の意見に乗らない方がいい。
本当に割安なら、証券会社の自己売買部門が密かに仕込んでおいて利益を上げる。
要するに、公に割安と主張するのは、カモに高値掴みさせるため。
儲け話なんぞ、他人には教えませんから!
韓国株価は、ボックス圏で動いているんだから、どう考えても高値圏だろ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://m.finance.yahoo.co.jp/stock/chart?code=%5EKS11&candle_period=m&span=5
[ 2017/02/27 21:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp