韓国経済.com

韓国経済ニュースを詳しく説明するサイトです。韓国経済崩壊ニュースや、TVでは報じていない韓国経済ニュースもご覧いただけます。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  現代自動車が900キロ走る“アイオニック・プラグイン”発売

現代自動車が900キロ走る“アイオニック・プラグイン”発売


お勧め記事


ハンギョレ新聞は、現代自動車が韓国初のエコ専用モデルであるアイオニックのフルラインアップを構築したと報じた。
現代自動車は27日、京畿道高陽市(コヤンシ)の現代モータースタジオで「アイオニック・カンファレンス」を開き、アイオニックのプラグイン・ハイブリッド(PHEV)モデルを披露した。これで昨年のハイブリッド自動車(HEV)と電気自動車(EV)に続き、プラグイン・バージョンの登場でアイオニックブランドのエコ3種セットが取りそろった。

プラグイン・ハイブリッドは電気自動車とハイブリッド自動車の長所を共に備えた車だ。出退勤程度の距離は外部電源からバッテリーに充電しておいた電気だけで走ることができ、長距離は内燃機関であるエンジンを回して走行する。一般の電気自動車とは異なり、家庭用コンセントにプラグをさして必要な電気を充電できる。SKイノベーションが供給するリチウムイオンポリマー・バッテリーを装着した“アイオニック・プラグイン”は、一回の充電で最大46キロメートルを走行できる。ガソリンエンジンも回せば900キロメートル以上走る。燃費はガソリン基準で20.5キロメートル/l、電気基準で5.5キロメートル/kWhで、韓国のプラグイン・ハイブリッドの中で最高水準だと現代自動車は説明した。

新型のKappa1.6リットル・ガソリン直噴射エンジン(GDi)と永久磁石型電気モーターを装着し、最高合算出力141馬力(ps)、最大合算トルク27キロf・mの性能をたたき出す。安全機能は走行操向補助システム(LKAS)と自動緊急ブレーキシステム(AEB)、スマートクルーズコントロール(SCC)からなる「現代スマートセンス」技術を適用した。 詳細はこちら


スポンサードリンク


【管理人コメント】
プラグインハイブリッドカー (plug-in hybrid car) は、コンセントから差込プラグを用いて直接バッテリーに充電できるハイブリッドカーで、PHV (Plug-in Hybrid Vehicle) またはPHEV (Plug-in Hybrid Electric Vehicle) と略されるプラグインハイブリッド式輸送機器の一種。

PHVはハイブリッド車寄りで、PHEVは電気自動車(EV)寄りとなる。PHVは電力が有る間はEV走行を行い、電力を使い切るとハイブリッド走行に切り替わります。つまり、搭載しているガソリンエンジンは走行する為の動力を生み出す役割を担っている。一方、PHEVは電力を使い切った後は、搭載されているエンジンが発電しモーターに電力を供給してEV走行を維持する。この点がPHVと異なり、電気自動車寄りのコンセプトとなる。

再生可能エネルギーに注力しているドイツでは、その制度設計から外部充電によるゼロ・エミッション走行(化石燃料を使わずに走ること)を可能としたプラグインハイブリッドカーが優勢になっているという指摘もある。一方で日本の軽自動車などは、出だしは電気モーターによる発進をうたい文句にワゴンRなどが発売され、いずれ軽自動車にさえも搭載されるのではという気もする。

自分で発電しながら走る電気自動車が主流となるのだろうか…。
日本では軽自動車だけで170万台近い台数が毎年売れているわけで…、
軽自動車の進歩にも注視したいが…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年02月28日 09:29 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
だんだん電動化の割合が増えて..
 最後は完全に電動化するんでしょうね、 二次電池の進歩しだいでしょう。

 PHEVはいいのだけれど、 一軒家なら良いのですが、 集合住宅だと充電インフラが問題になりそう。 イニシャル・コストを燃費で稼ぐのは無理がありますし、 内燃機関と電気モーターを両方積んでる間は、 原理的には安くも軽くもならないと思いますし、 金銭の収支で言ったら、 経済的には選択肢には入りません。

エネルギー事情が現在よりもっと逼迫して、 エネルギー収支で物事を考えざるを得なくなれば選択せざるを得なくなるんだろうと思いますが。 その頃には、 100%電動になる気がします。

 二次電池の容量が飛躍的にUPしたら、 電気自動車になるのが必然と考えます。 今だって、 熱効率の面から言うと、 コンバインド発電(GTCCガスタービン複合発電/IGCC石炭ガス化化複合発電など)した電気でEVを走らせた方が熱効率は良いと聞きますし。

 乾電池みたいに、 充電済みのバッテリーを、 「入れポン出しポン片手でポン」 てな具合にならないカナ?

 愚生は天の邪鬼だから、 世間がEVだPHEVだって騒げば騒ぐほど、 内燃機関にこだわりたくなったりしますが。

 ところで、 JR西日本が寝台列車 「トワイライト瑞風」 をデビューさせましたが、 あれもHVを謳ってますね、 動力分散式の気動車になるようです(非電化区間が有るからだろうと思います)。 ただ電気を減速回生出来る分だけ燃費がよいのカナ。 将来、新たな動力源が開発されれば、 その部分だけディーゼルと置換はできるようです。

TWILIGHT EXPRESS MIZUKAZE
87系寝台気動車(4M6T編成)

編成 形 式   4M6T タイブ
1号 キイテ87-2  (M) 展望
2号 キサイネ86-101(T) ツイン
3号 キサイネ86-301(T) ツイン
4号 キサイネ86-401(T) ツイン/シングル
5号 キラ86-1  (M) ラウンジ 
6号 キラ86-1  (M) ダイニング
7号 キサイネ86-501(T) スイート
8号 キサイネ86-201(T) ツイン
9号 キサイネ86-1 (T) ツイン
10号 キイテ87-1  (M) 展望

MONさんも奥様孝行で、
フルムーンにいかが?

[ 2017/02/28 11:01 ] [ 編集 ]
坂道逆走はどうなった
小容量電池、小排気量エンジンでPHVを企画してきた。
車両重量1400Kgに 1.6リットルエンジンではかったるそうだ。
これが向くのは街中のデリバリといった用途でしょうか。
[ 2017/02/28 11:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp